happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
モンブラン2016 No.8〜10
クリスマスも3連休も過ぎて、いよいよ今年も大詰めですね。
皆さんももうすぐ仕事納めやお正月でさらにイソイソしている頃でしょうか。
私は例年どおりこちらの実家でのクリスマス。親戚に会うのを楽しみにしている
姫と違って、炊事洗濯から開放される貴重な6daysを満喫中のワタシです^^

おさんどんを免れる分、空いた時間を使って編物をしたりしていましたが、
これならブログ更新も出来るんじゃ、、とアップしてみました。

10月に日本に一時帰国していたときのモンブラン計画で、大きな楽しみの
ひとつだったのが丹波篠山エリアを攻めること。
ケーキ屋さんで見る和栗が熊本だったり愛媛だったりするのに並んで、
有名店で使われている栗の種類に「銀寄」というのがありまして、どうやら
これの産地で有名なのが丹波地方とのこと。
丹波地方といえばほぼ地元、兵庫県じゃないですか。そういえば「丹波栗」
って、良く聞いてたのに、何で今まで思いつかなかったんだろう!
超一大ブランドがすぐ近くにあるじゃないですか!
きっと大阪や神戸の有名パティスリーじゃなくとも、丹波栗のモンブランを
出してる地元の実力店があるはず♪

検索してみると、もちろん気になるお店がどんどん出て来ましたよ!
先日百貨店で幸運にもゲットできた中島大祥堂の「かやぶき」と、やながわの
「和のモンブラン」の他にも、和・洋菓子の両方で楽しめそうです。
そこで我が盟友・naちゃんにお願いして車を出してもらっての篠山ツアー、
行ってきました!

神戸市から一気に篠山へ北上する前に、あそこにも行かねばなりません。

PA240308.jpg

そう。兵庫県の雄、エスコヤマ。
平日の朝一番でもこんなに行列が。

ロールケーキやプリンなどで有名なこのお店ですが、そりゃあ季節だから
モンブランくらいあるでしょうとチェックしましたら、2種類ありまして。
秋になると出る、愛媛の栗の渋皮煮の蒸し栗で作った「モンブラン」、
そして茹で栗で作った、季節限定&1日限定30個の「昔モンブラン」。

しかしですね。「モンブラン」は前もって予約が可能。「昔モンブラン」は
予約が不可で、10時より販売、でもお渡しは12時。なんじゃそれ。
朝イチで行っても「モンブラン」1コしか買えなくて、また12時に出直し
して「昔モンブラン」を受け取りに来るなんて。時間がもったいなすぎ。

ということで、朝イチは予約だけして篠山へ行って、帰り道に夕方に
2種類まとめてピックアップ☆ということに致しました。
とはいえ並んでいる間に美味しそうなお菓子をチェックです。

PA240320.jpg

有名な小山ロールものののののと並んでて。

PA240325.jpg

いた!いましたよー♪ 1番下の段の、こっちは「モンブラン」のほう。

PA240328.jpg

他の色んなケーキも食べ比べ出来る日が来るといいなあー。。。

PA240337.jpg

とりあえず、夕方に取りに来ますとこちらを予約して、「昔モンブラン」も同時
ピックアップということで注文だけして、モンブランを買わずに店を出ます。


ところで、このケーキのエスコヤマの周りには、「エスコヤマ村」とでもいうべき
小山系列の建物がアイテム別にたくさん建っています。

PA240358.jpg

パンの館。

PA240357.jpg

マカロンの館。

PA240356.jpg

バウムクーヘンの館。職人さん、ご苦労様です。

PA240355.jpg

すごーい。。。バウムクーヘンの筒がこんなに。


しかしなんでいちいち違う建物になってるんだ。。。
サイトに「お菓子のテーマパーク」ってあったように、それを目指してるん
だろうけど、建物の雰囲気とか、細かい細工とか造形物なんかがジブリの森
みたいなオタクテイストで、実はワタシはなんだか苦手です、、、

そしてこちらがチョコの館。

PA240354.jpg

ドアの取手部分がカカオ豆になってる、、、

PA240349.jpg

中は全体的に暗〜くて、このワインバーのような穴の中は何ぞや?と思ったら
なんと「チョコレートのテイスティング」をされていました。。。
バーカウンターの中にはパティシェの小山氏ご本人がおられて、それこそワインの
テイスティングをするようにチョコを味わっては風味を例えたり比べたり。
しかし平日の真っ昼間からこんな暗いところで、高価〜〜〜なチョコレートを
たしなむ大人って、一体ナニしてる方達なのっ

PA240350.jpg

冷蔵室がそのままチョコレートの個室になったこのガラス張りのお部屋、
訪れた方は是非入ってみてください。空気が、もう、チョコ味ですから!!
甘くて高価な空気を、もう胸いっぱい吸いました。

と、さんざん盛り上がってるけれどもまだ1コもモンブランを手に入れてない
ので、さっさと北上致しましょう。目的地は、篠山なのだからして。

PA240366.jpg

いつものnaちゃんの手書きナビに従って、国道を走ります。

PA240372.jpg

着きました。まずは篠山城跡も見たかった。

PA240381.jpg

、、、の前に、実は我慢出来ずにコヤマで買っちゃったお菓子をば。
カヌレと迷って買ったファーブルトンと、シュークリーム。
まあ、普通の美味しさでした。

PA240386.jpg

お城に入ります。

PA240412.jpg


PA240429.jpg


といっても、ジャーンと天守閣がそびえている訳ではなくて、立派な石垣が
残ってはいるものの、再建された大書院以外は「遺跡」なのですねー

と、「食べ物だけのために篠山へ来た訳ではないのよアピール」はここまで。

PA240451.jpg

有名な小西のパンは売り切れにて昼イチですでに閉店していて涙。

しょうがないので散策しながら、まずお昼ゴハンにしましょう。
1人ならモンブランが朝食にも昼食にもなるワタシですが、さすがにお連れ様
にまでそんなオソロシイ食生活を強いることは出来ません。

お蕎麦が食べたくなって、おススメのお店を訊ねてみてやって来たのがこちら。
お食事処「みたけ」さん。

PA240463.jpg

うっかりしていましたが、ここも鯖街道に入っていたのですね。ということで
大大大好きな鯖寿司がセットになった山かけ蕎麦、そしてふっくらプクプクに
膨らんだ黒豆まで付いてるとあって、もはや何を望むことがありましょう。

さあ、ランチの後は栗まっしぐらです。

PA240483.jpg

篠山で一番気になったモンブランは、雪岡市郎兵衛洋菓子舗という何やら
すごい名前のところ。

PA240452.jpg

店内はわりとこじんまりとした感じ。

PA240454.jpg

ありましたよ〜、丹波栗のモンブラン!

こちらのお店はテイクアウト専門なので、ここのケーキでお茶をしたい場合は
ケーキを購入した後にすぐ近くの姉妹店「宗玄庵」という古民家カフェへ持って
行けば良いそうですよ。

PA240488.jpg

一瞬入りかけて、ここに入ってしまったら利きモンが出来ないことに
気付いて、慌てて回れ右〜

篠山にはもちろん栗の和菓子も豊富にあるのですが、この季節だけの
新栗を使った「栗餅」というのが名物らしいので、それも買っちゃお♪

PA240470.jpg

ということで「大福堂」さんで買い。

PA240475.jpg

その後すぐに「諏訪園」さんでもそっくりな栗餅を買い。

PA240478.jpg

だって、小さいし1コ200円くらいだし、こっちも味比べ出来るかと思って。

さあまとめて実食です。
まずは雪岡のモンブラン。1コ540円。

PA240494.jpg

初めて写真を見た時、この超細かい栗クリームに惹かれて、是非食べてみたいと
思った1品です。

PA240496.jpg

栗ームではなくて、完全に目の細かい裏漉し器から出て来たばかりという風情の
ワサワサした感じの栗です。生クリームが含まれてない感じ。

PA240499.jpg

構成はシンプル。底のタルトみたいな部分、生クリーム、裏漉しの栗。
、、なのですが、、なんと「どの部分も味がしない」というのが感想です。
あれえ、、、って感じ。栗は渋皮栗だと思うのだけど、渋みが勝っちゃって
栗の味がしない。生クリームはなんとなくクリーミーなだけで風味がない。
底のタルトに至っては、味がしない。栗の風味を生かそうと思って、極力
他の物を抑えた結果か、渋皮の味だけがするモンブランになっていました。
やっぱりモンブランにするには裏漉し栗に生クリームが入ってたら良かったな
と思うし(裏漉し栗は完全に和菓子の世界の味でした)、どこかから和三盆の
風味はするものの和三盆の香りだけで甘味が足り無い。タルトもバターの香りが
しない。抑え過ぎもダメなのネと初めて知った、不思議な味でした。残念。

さて番外編・利き栗餅。
PA240500.jpg

左:諏訪園(220円)、右:大福堂(200円)
大福堂のほうが栗の渋皮や粒感があるように見えますね。

PA240501.jpg

大きさも断面図もどこまでもそっくりな2品ですが、実は味はくっきりと違いが!
味がしなさそう〜に見える、左の薄い色の栗餅の、栗が薫ること薫ること!
いや〜、20円違うくらいなら断然こっちのほうにするべきよね!とnaちゃんと
激しく意見が一致した番外編でございました(もちろんこの2点はモンブラン
カレンダーにはカウントしておりません、、)。

さあそろそろエスコヤマにモンブランを取りに行く時間です。

店内に入ると、、、

PA240511.jpg

残ってるやん、、、1日30個限定の方の「昔モンブラン」。
ま、平日でしたしね^^

PA240514.jpg

さて、naちゃんがお茶を持って来てくれていたので、エスコヤマのベンチで
即・実食☆ 左の丸いのが「昔モンブラン」、右の△形のが「モンブラン」。

PA240515.jpg

モンブラン、540円。渋皮付の蒸し栗を裏漉ししてあるので、少し茶色いです。

PA240517.jpg

みんなが絶賛しているというので、ちょっと期待が大きすぎたのかもしれません。
底がパイ生地で出来ていて、そこの塩気がちょっと効きすぎていることもあって
「ん?今なんかしょっぱいのが入ってたよ?」とnaちゃんもヒトコト目に塩気を
指摘。もちろん良い材料を使って、とても丁寧に作られているのですが、塩味が
惜しかった〜〜(あくまでワタシ達的に、ですが)

PA240518.jpg

「昔モンブラン」572円。茹で栗バージョン。底はダックワーズ、中心に栗の
コンポートが1粒。生クリームが美味しいのは言わずもがな。
おそらく普通の「モンブラン」とは栗違い&底違いというだけなのだろうけど、
実は両者、ものすごく味が違います。
こちらのモンブランのほうが後から「やっぱり茹で栗のも作ろうと思って」と
追加されたとありましたが、追加してくれて良かった!!てか、こっちじゃないと
ダメでしょう!っていうくらいこっちのほうが美味しかったです。

ちなみにこちらの「昔モンブラン」は今年はもう終了、でも渋皮付のほうの
「モンブラン」は年内いっぱい12/31までの販売だそうです。あと4日!

ということで念願のエスコヤマのモンブランも制覇し、丹波栗のお膝元・篠山にも
行けて大満足の1日でした。naちゃんドライバーありがとう♪



スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.