happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
Lucia
またまたしばらく間が空きました。
昨日の12/13はスウェーデンではルシア祭の日でした。
光を待ちわびる気持ちもさもありなん、というくらい暗いこの季節。

なんたって、これで朝の8時。

PC120015.jpg

で、これが8時半。(↓)

PC120020.jpg

9時を回るとようやく明るんできます。ハア。
PC120029.jpg

で、当然日が沈むのも早く、現在では日没時間が2時半ころという、、、早っ

日曜日ごとにクリスマスまでを4つカウントダウンするアドベントもすでに
このブログをサボっている間に第3アドベントまでを過ぎていて、^^;
第3アドベントの週末には朝からコンコンと雪が降って2日で40cmほど
積もりました。我が家の周りはすっかり雪景色です。

PC120328.jpg

第1アドベントのときにはサイトのアップ作業でなーにも出来なかった私ですが
第2アドベントのときには罪滅ぼしに姫やその友達と一緒にペッパーカーカを焼き。

PC030067.jpg

更にそのすぐ翌日にもばっちりルッセカット(サフランのパン)を焼き。

PC040073.jpg

昨年と同じく、S字以外にもルッセカット(猫)も作りました。
耳が長いのは姫ご所望のルッセピカチュウ(のつもり)。


クリスマスの飾り付けもほとんど済ませたのに、我慢できずにお迎えして
しまった、今年のルシアちゃんがこちら。
PC090073.jpg

早速ルシアの行列の一番前に並んでもらってます。

他にも作ったのは、毎年恒例のペッパーカーカの家。
PC100127.jpg

市販のパーツを組み立てるだけですが、デコレーションは姫と私の楽しみに
なっています。アイシングは私がやりますが、飾り付けを考えるのは姫。
毎年少しずつ変えていて、おっ今年はそう来たか、と楽しいです。

PC120032.jpg


気分が盛り上がって来ましたよ〜〜



また別の日、首都ではノーベル賞が華やかに行われているころ、私は地元の民族
音楽のメンバーとのクリスマス会に。 昨年好評だったので、今回は仕込みから
バッチリがんばったお手製モンブランを持って行きました。

PC070038.jpg
PC070041.jpg

今回は形も綺麗に出来て、絶賛して頂きました。そりゃあんだけ甘けりゃ
美味しいでしょう。。「今まで生きて来て一番美味しいものを食べたよ」と
定年退職されてる人に言われました。(誉められて嬉しいけど、スウェーデン
もうちょっと美味しいもん無いんかい、、、)

とモンブランのお話が出て流れの良いところで、そろそろモンブランカレンダー
も始動したいと思います。「普通の記事より頑張って書いてますよねー」と
ご指摘を受けることも多いこのモンブランネタ、今年もどうぞお付き合いのほど
よろしくお願い致します。数宛てクイズ、締め切りました!


さて、今日のアキコ。






PC140080.jpg
雪玉を集めて姫が作った、スノーボール。昨夜は中にキャンドルを入れて灯して
いたのですが、朝になって雪玉だけが残っているところ。

PC140086.jpg

ん?何か美味しいもの入ってるの?
クンクン。ぺろぺろ。

ところで、プーチンさんチのゆめちゃんと私、どっちが可愛い?




スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
姫大きくなったよねぇ!すっかりお姉さんになって!今まで生きてきた中で一番美味しいもんとは素晴らしい!ヒロコのMB愛が溢れ出てたのが伝わったのねぇ!これがスウェにMB上陸のきっかけになたりして!南蛮渡来のカステイラみたいに!
2016/12/24(土) 23:57:34 | URL | na #-[ 編集]
>naちゃん

南蛮渡来のカステイラみたいにMBがなってくれたらいいのになあ。。。
でもスウェーデンには日本のように「美味しいから取り入れよう!」みたいな
空気が感じられないので(いつまでも自分たちの知ってるものばかり食べている)、
カステイラになる日は来なさそうです涙
私がヒトハダ脱いでMBを大きく売り出す予定も資金もありませんし、、、
でも「今まで生きて来て」っていうヒトコトはさすがに重みがありました。嬉しかったです。
頑張って自分で作るMBのレベルを上げて行きたいと思います。
(ワタシの職業、何だっけ)
2016/12/26(月) 01:05:50 | URL | hiroko #FyLzLfZA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.