happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
モンブランカレンダー2015 No.2、3
さて、ようやくモンブランカレンダーに戻ります^^

日本に帰国した実に翌日、早くもワークショップ(以下WSと略)の初日、
大阪・北浜のリネンバードさんへ。ま、まだ時差ぼけが、、、

WSはほとんどの場合午前・午後と2回開催して頂いていたので、午前の回の
スタートに合わせると現地入りが10時や10時半になることから、そうそう
モンブランの買い回りは出来ません(回るつもりだったのか、、、)。
こうなると普通のケーキ屋さんや百貨店の開店時間よりも早く開いている店を
探さねば、ということで思いついたのが、駅ビル。

IMG_7688.jpg

大阪に3店舗ある「デリチュース」
ルクアイーレ内にもあるけどそちらは10時OPEN、このJR大阪駅構内のお店は
9時から開いてるんです♪ 買って行って休憩時間に食べることに〜💓

IMG_7687.jpg

ふむふむ、まあクセが無さそうで良いかも。

と、お昼休みの楽しみまで持ち込んでムフ♪
IMG_7705.jpg

ということでリネンバードさん。
今回のリネンバードさんは2daysでしたよ☆
天井の高いモダンな空間に、ナチュラルでセンスのいいものが溢れています。

IMG_7691.jpg

さあ、ちゃんとお仕事も致しますよ〜
午前・午後を通しでいらしてくださった方、そして懐かしいお顔など。
いつもほんとうに嬉しいWSをさせて頂いて、感謝です。

いよいよお昼休憩。最近これまたハマっている鯖寿司をお昼ゴハンに食べた後、
お楽しみのデリチュースのモンブラン♪

IMG_7696.jpg

和栗のモンブラン、税込み464円ナリ。
栗クリームの下から紙カップいっぱいに白いものが見えてるけど、まさか
カップいっぱい生クリームばっかりって言わないよね?

IMG_7698.jpg

あ。良かった。スポンジでした。

上に栗が乗っていないタイプのモンブランだけど、栗はどこかな、、、と
思ったら、栗はダイス状になってクリームのなかに入っていました。
底にはスポンジとカスタードクリームが交互に2回ずつ敷かれています。
やや小ぶりで高さは6cm、お昼の後にはちょうど良いヴォリューム。
でもねー。。。やっぱり私はスポンジ反対派だなあ。
スポンジと生クリームが一緒になっちゃうと、なんだか普通のケーキに
なっちゃって、「モンブラン」じゃなくなっちゃう気がするのです。
上のそば状の栗クリームも無難すぎて、あまり風味が無かったせいかも。
金箔はいいから、そば栗クリームもうちょっと頑張れ。


IMG_7702.jpg

さて、気をとり直して午後のお勤めです。
リピーターさんが会いに来てくださって嬉しい。

今回のWSでは、いつものノールビンドニングの他に、毛糸だま2015の
秋号にエピソードをご紹介してもらっていた、
「ノールビンドニング風に編むかぎ針編み」も初めて講習させて頂きました。
こちらは完全にかぎ針編みの範疇でトライして頂けるので、かぎ針編みを今までに
された方はすんなりと入って頂けるんですよ!

WSをしながら、参加者の方から「モンブラン食べました?実はこの辺にも
有名なところがあるんですよ」なんてお聞きして、俄然気になり出す私。
お店の名前を教えて頂いて、早速今度チェックすることに^^

さて、WSが終わったら楽しい自由時間♪
今回はいつもお世話になっている素敵女子先輩の方にお誘い頂いて、
大阪で晩ご飯を頂くことに。

IMG_7708.jpg

日本で社会人をしていたころは御堂筋本町で勤めていたのですが、仕事が
終わるとわりとすぐに帰っていたため、こんな光景を見て歩くのは初めて。
スウェーデンの森に住む身からすれば、都会だあー。

「何が食べたい?」と尋ねて頂いたのへ「お寿司!」とお返事をしたところ、、、


IMG_7709.jpg


こんなすごいところへ連れて行って頂きました。
北新地なんてたかじんさんが通うところだと思っていたので(笑)
足を踏み入れるのは人生で5度目くらいです。

IMG_7719.jpg

平目のお造りを、魚の肝入りのポン酢で。
もともと肝とか白子とかは大好きだったのですが、このポン酢が絶品。
この後出て来る他のお刺身も全部これに浸けて食べたいくらいでした。

IMG_7726.jpg

松茸といえば永谷園のお吸い物の味がデビューみたいなところがあるので、
正真正銘の松茸とハモの入った土瓶蒸しを、心ゆくまで堪能。
土瓶蒸しじゃなくて土鍋蒸しで出してほしいくらい美味しかったです。

IMG_7731.jpg

お願いしてあれこれと握って頂くお寿司は、シャリが小さめで口でほろっと崩れて
幾つでも食べたくなって困ります。このウニが爽やか且つクリーミーで、
これが最後、と言いながら何回もリピートしてしまいました。

すっかりご馳走になってしまってお礼を申し上げてホテルへ向かおうとすると
ケーキの差し入れまで頂いてしまいました。
わあ♪モンブランだわ♪と思って包みを見ると、なんと!今日の昼間に
WSでお客さまに教えて頂いた、オススメのケーキ屋さんのものでした!!

IMG_7742.jpg

私は知らなかったのですが、GOKANという有名なケーキ屋さんのもの。
それにしても、今日の昼に初めてその名を聞いたのに、そのケーキがもう
今まさに目の前にあるなんてーー

IMG_7744.jpg

初めての、パイ底タイプです。一度試してみたかった。

IMG_7754.jpg

底がパイ生地なので、タルトかな?と思ったのですが、パイ生地の上には
薄いスポンジが乗っているだけでした。生クリームたっぷり目。
パイ生地ってどこか塩味がするものなので、その塩味とのマッチングは
どうなんだろうと前から思っていました。
まあ、、、すごく期待するほどのマッチングでは無かったです^^;。
モンブランにはスポンジ及びタルト反対派の私ですが、このお店のモンブランなら
スポンジじゃなくてタルトのほうが合ったと思います(何様発言)。
上に乗っている栗は1/4カット。底近くに入っている栗は1/2カット。残念。

IMG_7755.jpg

今回からデビューしたのが『マイ箸』ならぬ「マイフォーク・マイナイフ」
です笑 モンブランを持ち帰りにして、お昼休憩やこうしてホテルなどで
食べる時に便利♪ 
、、、っていったいどんだけ気合い入ってんのよ?ですよね笑


ちなみに、差し入れで頂いたケーキはモンブラン1点だけではなく、、、、


IMG_7751.jpg

名前だけ聞くと和食ベースの創作料理屋みたいですが、天王寺の超有名どころ
「なかたに亭」のケーキも2点頂いたのでした。
チョコレート系がこちらのスペシャリテなのですよね。
サイトを見ると、どうやら頂いたのはCaraibeとTablette de chocolat。
完全にカロリーが2日分に達してたはず。  パタリ。




スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.