happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
モンブランカレンダー2015 No.1
とうとう師走ですね。
スウェーデンではクリスマスのことを「JUL」(ユール、と読みます)と
呼ぶのですが、昔からクリスマスに向けてカウントダウンしながら
開けて行く「ユールカレンダー」というものがあります。

DSC00987.jpg


それこそ本来は子供たちに24個の小さなプレゼントを毎日渡して行って、
24日に最後の1コを開けるとクリスマスになる、という仕組みなのですが、
次第に上の写真のように日付の書かれたリングに小さなプレゼントの包みを
くくりつけていって毎日開けるようになり、今となっては24までの数の
書かれた紙の扉を開けると1つづつチョコレートが入っているものを指す
ほどになってしまいました。
近年は我が家もそのお手軽チョコレート版にてお茶を濁しています。

しかし、ご存知のように私にとっては12月1日は別の日で(笑)
すっかりモンブランカレンダーをやる気でこの日を待ってました^^
いつもたまにしかアップしないブログを熱心に続けるわけですが、
今年もよろしく最後までお付き合いのほど、、、
そして、12/6(日)までの間に是非「今年ヒロコは一体何個モンブランを
食べたのでしょう」クイズに応募してくださいね〜☆
fbでもご案内しています♪
正解者(ピタリ賞のない場合は越えない範囲でニアピンだった方)には
毛糸を1玉プレゼントいたしま〜す☆

さて、昨年のブログにてモンブランの記事をご覧になっておられない方は
一体なんのことかおわかりにならないかもしれません。
「北欧、、ノールビンドニング、、、とかでこのブログを見に来たのに」
とガッカリされた方、すみません笑

遡ること2年。2013年に初めてノールビンドニングのワークショップ
(以下「WS」と略)を東京で開いた帰り途のときのこと。
2013年の秋は東京のみでの開催だったので成田からスウェーデンへ
帰る予定で、ふと成田空港で雑誌を買ったついでに立ち寄ったコンビニで
目に入った和栗のモンブラン。私は今まで自分から欲してモンブランを
食べたことは一度も無く、基本的には「タルト、チーズケーキ系」を
常に選ぶニンゲンだったのですが、何故かモンブランを初めて買いました。

その時は『和栗かあ〜、日本じゃないと食べれないから買ってみようか』
くらいの軽い気持ちだったのですが、食べている間にじわじわと、、、、

うっっ、、、、美味しい、、、、

とこみ上げて来まして。

和栗って、秋じゃない?
せっかく日本に今日まで居たのに、今、1コ食べただけでもう帰っちゃう
なんて!! もし来年も来られたら、絶対モンブランをちゃんと食べよう!

と、固く心に誓って機上の人となりました。(←大げさ)


そして昨年、1年間我慢したせいか爆発的にモンブランを食べましたが
またもや巡って来た和栗のシーズン。今年も頑張りましたよ〜〜〜〜

先日のWS先でも、私のモンブラン行脚のことをご存知の参加者さんが
「今年はもう食べました?」
「どこのが美味しかったですか?」
とお声をかけてくださって、嬉しいやらハズカシイやら。

ということで、いよいよ2015年、秋場所のスタートです。
まずはファイルナンバー1。

静岡県『玉華堂』

は?なぜ静岡?とお思いかもしれません。
しかし、日本に着いたその日からまずモンブランを食べることを希望して
いたので、かといってスーツケースを引いたまま&家族を引き連れたまま
洋菓子店に「モンブラン、1コ」と買いに行くことも無理かと思って、
ここはひとつ通販で一番人気だと言われているモンブランを食べてみようと
帰国日に合わせて注文しておいたのです(←もう、バカですね、はい)。

さて玉華堂。
過去の購入者のクチコミで絶賛されていたため、買おうかなと。
他にも通販でもモンブランが買えるところはありましたが、ホールケーキ
だったりしたので、普通のサイズのモンブランで買えたのもポイント。
冷凍で配達されるので、4つ一度食べなくても少しだけ日持ちがするのもグー。
それになにより、美味しいと聞いても静岡ってなかなか行けない所だし!


とかだったんですけど。



PA150067.jpg

4つで2882円。プラス、送料(756円)。合計、3638円。1コ909円です。ひえ〜

PA150068.jpg

大きさは、まあまあ。
上に乗っている栗は半身というか、半分だけで薄かったけれども
「あれ?この栗おいしい」と思う美味しさ。甘露煮でもなくあっさりした甘み。

PA150073.jpg

今回より、定規にて採寸も導入しました。笑
お皿に載っているので正確ではなくなってますが、高さ約6.5cm。


PA150070.jpg

食べる時に、まず半分に切ってみました。そのときナイフに付いた
栗クリームをぺろっとなめると「苦っ(ニガっ)!」
クリームに渋みというか苦みがすごく感じられて、このあと食べれるかしら、、
うわ失敗した、とすでに思うほどでしたが、食べてみると、、、

あら結構大丈夫。

構成は下から順に底は超薄いスポンジ(5mmほど)、次に生クリーム、
またスポンジ、栗粒入りカスタードクリーム、外側に栗クリームそば型。

でもね、やっぱり食べててもどこかがシブい。苦い。喉の奥にエグみが残るというか。
そのうえ、なんだか食べ進んでいるうちに、どこかから変わった匂いがして
くるのです。。。何だろ、、、この葉っぱかな?
飾りに付いている結構大きめの栗の葉っぱなんですけど、これの匂いが邪魔して
いたのでした。下の方に行くにつれて栗の葉の香りが余計キツくなってきて
はっきりいって辛かった〜〜〜〜

昔の栗ってこんな味だったよね、と母は擁護しておりましたが、私は
その昔の栗の味を打ち消すほど香りのきつい葉っぱに少しガッカリ。
食べる前に葉っぱを引き抜いておいたら良かったのでしょうか。
でもほわほわで、形もあるようでないようなモンブランが乗っかってるので
葉っぱを引き抜くのは至難の業でしょうねえ〜、、、うーん、
しかしそれにしても1コ909円って!


ということで、残念ながら「次は無いな」の部類に振り分けられました。
さあ、どんどん行きますよ〜〜〜
皆様、付いていらしてくださいね〜〜^^;

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
ついていきます!
2015/12/02(水) 04:01:55 | URL | farger #ax4px7aw[ 編集]
>fargerさん

わ☆ 頼もしいです! ドンドン行きますね〜〜〜Y^^Y
2015/12/02(水) 05:07:38 | URL | hiroko #FyLzLfZA[ 編集]
待ってました!
モンブランカレンダー!
実は、密かに楽しみにしていました!
2015/12/02(水) 20:59:15 | URL | イシイ #-[ 編集]
>イシイさん

あっ、隠れ「モンカレ」ファンでしたか? 嬉しいです*^^*
ていうより、みんな呆れながら苦笑しながら見て下さってるんでしょうねぇ...。
「おーおー、やってるな」と思いながら見て行ってくださいね〜〜〜


2015/12/02(水) 21:53:37 | URL | hiroko #FyLzLfZA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.