happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
夏合宿その3(後半) レクサンド、からのダーラフローダ
レクサンドで嬉し恥ずかし民族衣装体験をさせていただいて、美味しい
ケーキまで食べて身も心もシアワセオーラに包まれた私とAさん。

この後も大好きな民族調のアンティークショップを巡って目の保養をし。

IMG_4245.jpg
IMG_4247.jpg
IMG_4249.jpg
IMG_4251.jpg
IMG_4253.jpg
IMG_4254.jpg

大好きすぎます、このお店。

しかし旅の恥はかきすて、、、(いや私は住んでるんだけど)とばかりに
民族衣装を着せてもらって、ヘンな度胸だけついてしまったようで、
この勢いでついにスウェーデンの民族衣装の最高峰(だと私(達)が思って
いる)聖地・ダーラフローダへ、乗り込みました!

IMG_2426.jpg

この赤いのは、右奥に見える橋を模した子供の遊具施設です^^



実はダーラフローダ訪問は今回の旅の超・大目玉のひとつ。
毎年夏にダーラフローダで行われる、独特のウール刺繍・ポーソム(勝手に
「モリモリ刺繍」と呼んでますが)のコースが3泊で行われるのです!

IMG_4391.jpg

縫う、編むなどのテキスタイル手芸を網羅されたお客さまのAさんが
特に刺繍を熱心に(おまけにプロ級なのです)されていることから、
私が今までにフローダのモリモリ刺繍をこのブログでご紹介する度に
いつかは習いたいと、このコースへの参加を熱望されておられました。
Aさんは速攻でお申し込みされたのですが、そのお申し込みのお手伝いを
した私メが、後から通訳&ガイドとしてお伴することになったのです。
私は刺繍ニンゲンではないので、ちょっと腰が引けましたが、大好きな
ポーソムを間近で見られること、ポーソム界の重鎮アンナ・カーリンさん
の講習にもとても惹かれたので、有り難くお話をお受けしたのです。

しかーし!
フローダまで行っておいて、刺繍習うだけで帰っちゃっていいの?

いや、やるなら今でしょ!ということで、ここでもまた願望を
ぶつけちゃいました☆

なんと、、、



『憧れの、フローダの民族衣装を着る』!!  です!!


8月に入り、週末(金〜日)しか開店しないというフローダのヘムスロイドへ問い合わせしてお願いをして、水曜日だというのに衣装をご用意頂き、スタッフさんにはお店に出て頂きました。ひえ〜
まったくワタシってば、なんてひどい交渉をしてるんでしょう。オニだな。


IMG_4258.jpg

フローダのヘムスロイド(手工芸店)さん。

ノックして入れてもらうと、、、



IMG_4260.jpg

うわあああああ、、、 色の洪水です。

これを今日は身に付けることが出来るなんて!

240.jpg

早速Aさんから着付け開始。
フローダのスカーフは真四角を三角に折ったものではなくて、最初から
三角に切られているタイプ。上着を着ると少ししか見えない部分も
キッチリ着付けをしてくださいます。
スリムなAさんは、おそらく10代の少女くらいのサイズをキリッと。

292.jpgIMG_4272.jpg

で、ワタシはこの着付けをしてくださってる方の衣装をお借りすることに
なったワケですが、お借り出来るのは嬉しいのですが、私はこの方より
身長が15cmほど低いんですよね。。。。だいじょぶか?

292.jpg

じゃんっ。

向かって右、Aさんの衣装はキリッとピッタリ☆
上着は、胸のところまでだけで良くて、中のベストが見えてても正解。
左の私は、ジャケットが見るからにブッカブカです。仕方ありません。

IMG_4287.jpg

さあ、外に出て写真撮影の開始です。

IMG_4298.jpg

ん〜〜〜〜〜♪
上着が大きくたってなんのその。夢が叶いました。憧れのフローダ衣装。

IMG_4366.jpg

無理を言ってAさんと上着を替えっこしてもらいました。
(こちらはコンパクトすぎて私にはキツかったんですケド^^)


ここでもきっとヘムスロイドのスタッフさんが「いつまで写真
撮ってるんだろう、、」と呆れておられたと思いますが、とにかく
思い残すことのないくらい、写真を撮りました。
そして、たくさんたくさんお礼を言って、お店を出ました。

午前にレクサンドで衣装を着て、午後にフローダでまた衣装を着る。
なんてゼイタクな、濃い1日なんでしょう。
さあ、今から刺繍コースへ向かいます。


IMG_4406.jpg

コースは翌朝からだったのですが、前泊して備えます。
開催地はフローダきってのホテル、ダーラフローダ・ヴェーズヒュース。
この日は庭の砂利に枯山水のような模様が描かれていました。

IMG_4411.jpg

7月にもランチだけに訪れましたが、どこを切り取っても絵になります。

IMG_4429.jpg

早く着いたのをいいことに、他の人が泊まる予定のお部屋まで
見せて頂きました。

IMG_4416.jpg

この部屋は、いわばスウィート。なのだそう。

IMG_4435.jpg

私たちが泊まったのは、ダーラナらしい農家風の2段ベッドが印象的な
部屋番号①。ムンカベルテの織りのカーテンと、サイズの小さなベッドが
雰囲気を抜群に演出してくれています。

IMG_4453.jpg


ここに、後日参加のNさんに見せようと途中のロッピスで借りて来た
フローダの衣装を掛けると、、まるでタイムスリップしたよう。
ここで眠って、起きたらこの衣装を着る、なんていう人になれた気分。

さあ、翌日から正真正銘の『合宿』がスタートします。



スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
さすがひろこさん。交渉の鬼!笑
私だったら絶対出来ない〜。

似合ってるよ♪
2015/11/24(火) 04:46:56 | URL | satoko #-[ 編集]
>satokoさん

交渉、いや貴女も出来るでしょう〜?あれ?
でもほんとご無理言って出て頂いたので、感謝感激です。
衣装を着て写真撮りっこしてたら、近くのICAに来たおじいちゃんに
「写真撮って良い?」って聞かれて撮られちゃいました笑

似合ってる?「馬子にも」です。
2015/12/01(火) 22:09:50 | URL | hiroko #FyLzLfZA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.