happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
自分の時間
無事にお客さまをお送りして、お仕事が終わって、さあ一息つこうと
思ったところへ、日本の友人から郵便が届きました。
頼んでいた本を送ってくれたのでした。

P8070127.jpg

ティータイムにばっちりのお伴となって、嬉しさひときわ。
お客さまにお出ししたケーキの残りとともに楽しみました。
私の大好物、メレンゲのケーキです。

そうそう、このケーキに入っているラズベリー。
先日、「野生のラズベリーは小さくて、、」と書きましたが、いわゆる
栽培出来る(タネや苗を売っている)品種から採れるラズベリーとの違いは
これくらい。

P8070123.jpg

右側の小さめの2つが野生のラズベリー。
左側の大きめの2つは「Trädgårdshallon(庭のラズベリー)」と呼ばれる、
栽培すると採れるラズベリーです。
大きい物になるとイチゴくらい(高さ3cmほど)にまでなるものもありますが、
味はダントツで野生のほうが良いのです。味の濃さが違うんです。

今回のラズベリーは全て林で群生しているところから採ったのに、大きいのが
混じっていました。ということは、おそらく誰かがいつか栽培していたものが
広がって林にまで生えているのか、誰かが昔むかしここに住んでいたのか。。。

さて、民族衣装の本、スウェーデンの衣装はどんなのを紹介されてるのかな〜
とワクワクしながらページをめくりましたが、、、まあっ。
ダーラ・フローダどころかレクサンドも、いやそれよりダーラナの民族衣装が
載ってないじゃないですかっ ぷんぷん。
スウェーデンのものとしては、北方民族の衣装だけが採り上げられていて、
いや、それは良いんですけど、、、もっと載せてーーーーっ


その後、さらに自分の時間を楽しもうと、、、


さらに、、、、


やっちゃいました、、、



IMG_3413_20150815175057835.jpg

先日のマーケットで買った民族調のバンドを、ニッケルハルパのベルトに
縫い付けて、カメラに続いて、ベルトカスタマイズ2号。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.