happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
ウイークエンド@ストックホルム 1日目
ようやく朝の気温が2ケタに乗るようになってきたダーラナです。
先週の週末のことになりますが、土日だけでストックホルムへ行ってきました。
スウェーデンで私が通った学校の後輩にあたるYちゃんが、昨年自分でショップを
開き、その買い付けに来るというので「私も合流する〜♪」
下調べバッチリのYちゃんに便乗して、ロッピスめぐりの週末となりました。

夏になると週末のみの屋外マーケットがあちこちで開催されているので、
それを練り歩こうというのが今回の大目的です。
朝出発してストックホルムへは11時頃到着。初めて行くマーケットに期待が☆

P6060019_201506130347576bc.jpg


長い長いエスカレーターに乗り、、(これは帰りに撮った下りの写真。怖いよー)

地上に出ると、目の前の広場でした! 

P6060012.jpg

さて、どれどれ。。。。ここで物色しながら待ち合わせなのですが、、、

一瞬にして会うことが出来ました笑。すごく小さなマーケットだった!
10分もしないうちに1周出来るかもという状態。
おまけに内容も、、、、
あらら、、って感じで、まず古着や生活不要品が多く、アジアや移民の人たちの
不思議な美容アイテムなどがあったりして、好みに合う店はほぼナシ。

P6060016.jpg

おっ?と思って近づくと、可愛いのはMWデザインのPOMONAのテーブルクロス
だけで、載ってるのはやっぱりガラクタ。ここに1時間割く予定だったのを
わずか15分ほどで撤収。さあ、どこへ行こう。

土曜日だったのでまだなんとか開いてるヴィンテージショップを廻ることに。

P6060027.jpg

去年行ってかなり気に入った、MariaTorget近くのヴィンテージショップ、
"Uppåtväggarna"。相変わらず壁面びっしりと、かつコンディションの良いアイテムが並びます。

P6060022.jpg

可愛いプリントのクロスを数枚買ったあと、とても優しいショップの方々と
お話がはずみ、ついに見せてもらった超重くて超高いナベを買おうかどうか
迷っては、後ろ髪を引かれつつ店を後にしました。だって2日間も
重たいナベを抱えたままストックホルムを歩くなんて出来ないT_T

気分を切り替えて、ローゼンダールス・トレードゴーデンを目指します。

P6060038.jpg

やっぱりいいですね、ここ。好きだわ〜♪

P6060035.jpg

遅めのランチとFikaを同時に食べる私たち笑。
左のサンドイッチ(84kr)をYちゃんと半分こ。右側のケーキはYちゃんセレクトの
ロールケーキ40krなり。高いなあ。私はここのレシピ本で自分もよく作っている
確実に美味しいはずのカルダモンのパウンドケーキと紅茶でFika。

続いて隣のブティックへ。
いつも泊めてもらうSatokoさんちに朝食用のパンを買いましょう。

と思ったら、閉店時間(16時)が近づいていたので、なんと入り口の看板に
「ただいまブッレ 28kr→10kr」と書いてあり、喜んで飛び込みました。

P6060040.jpg

迷う迷う。68krって1000円くらいですよ〜
こっちのパンは安くならないのかなあ〜

なんて思いながらレジに並んでいると。

P6060043.jpg

うわ。ブッレが5krにまで下がってる。思わず6個も買っちゃったじゃないですか。
今度から絶対閉店間際狙いで来ようねとYちゃんと目配せ。笑

P6060053.jpg

隣の温室のこの窓のディスプレイ、好きで毎回撮ってしまう。

P6060062.jpg

Gullregn(和名・キバナフジ)という名前の通り、黄色い藤の花が雨のように
降り注ぐように一斉にしだれ咲いています。構内を歩きながらふと曲がり角から
見えたこの藤のポーチの向こうからちょうど太陽が差して、まるで異次元への
入り口のように綺麗でした。

P6060067.jpg

「その花は毒なんだよ〜」「花の蜜なんか飲んだら死んじゃうよ〜」
と2人の少年たちが藤にみとれている私たちに話しかけてきてくれました。
あら、スウェーデンカラーの2人組ね。と微笑んだ私たちですが、
なぜこの色だったのかをこのあと知ることに。。。。

そんなことは知らない私たちはマッタリと敷地内を散策して、

P6060076.jpg

おとなりのレストラン敷地のほうへ流れて行き。

P6060077.jpg

この日は結婚式で貸し切りでした。(ローゼンダールスが夕方で閉まっても
通常ならここでディナーが食べられるので、覚えておくと便利です♪)

P6060083.jpg

1年ぶりに会ったYちゃんとベンチに腰掛けておしゃべりに花を咲かせたあと、
さあ町へ戻りましょうと坂道を降りて行きますと。(ちなみに上の写真は
私たちがワインを飲んだわけではありません。誰も座っていないのにぽつんと
ワイングラスがテーブルにあったのを撮りました。可愛かったので。)

P6060085.jpg

あれっ。

ポリス?

事件が起こったのにしては大掛かりすぎるほど、大々的に道路を封鎖しています。
私たちが帰りに乗るつもりだったトラムの線路も完全封鎖。
「えっと。。。トラムもう来ないんですかね?」とポリスマンに尋ねると、
「来るよ。50分後くらいに」

うーん。そう言えば今日はナショナルデーで祝日だった。何かイベントかな。
ひょっとしてパレードとか?(←全然解ってない)

「急ぐんだったらグローナルンド(という遊園地)まで降りたらフェリーあるよ」
てっ。船ですか。

ということは。どう見ても道路は完全封鎖のはず。だってバスも来ないって
ことでしょ。水上しか開いてないってことは。

P6060086.jpg

「こんなにガチガチに封鎖しちゃって、国王のパレードか何かじゃないと許され
ないよねー」なんて冗談を言っておりますと。。。。
(もう、この辺りストックホルムにお住まいの方からみたら当たり前のことを
知らない、どんな田舎者発言かと思うと恥ずかしくてしょうがありません)

P6060091.jpg

パカパカパカ、、、騎馬隊!それも金ぴかフサフサ付きのメットの!
絶対王様だああー

P6060095-005.jpg

ということで、ホンモノでした。シルビア女王とカール・グスタフ国王。
まさかロイヤルファミリーを生で見られる日が来るとは思いも寄りませんでした。
(画像は動画からのキャプチャー写真です。以下同じ)

P6060095-011.jpg


うっかりしていると、馬車がもう1台ありました。
こちらはプリンス、プリンセス達のグループ。
左側が次期女王のヴィクトリア王女、3歳になられた エステッレ王女。その奥に
ヴィクトリア王女の旦那さまのダニエルさん。(ダニエル王子と言わねば、、)
右側はなんと!本日めでたくご成婚されたカール・フィリップ王子(顔が見えなく
て残念)と、お妃様のソフィアさんです。

エステッレちゃん、こっち向いて〜♪

P6060095-014.jpg


通り過ぎてしまうギリギリのところで、少しだけお顔が見えました。
お父さま似かしらーー

ヴィクトリア王女は5年前、次女のマデレーン王女は2年前の、いずれも6月に
ご結婚されているので、なんだか6月になるとやたらあの兄弟結婚してるなという
印象ですが笑、皆さんお年頃だったので立続きになったのね。めでたしめでたし。

それにしてもなんて人の少ないパレードなんでしょう。日本なら二重三重に人が
並んで大変なはずなのに、余裕で1列しか観衆が居ませんでしたね笑
キャー、ワー、という観衆からの声もなく、ポクポクと馬の蹄の音とともに
アッサリと通り過ぎて行かれました^^;
このあとロイヤルファミリーはスカンセンで民衆と一緒にお祝い。

ちなみに今日ご結婚されたお二人の写真です↓。結婚式の写真はこちら

sofia.jpg

スウェーデンのオーランド・ブルーム、カール・フィリップ王子。
対するはスウェーデンのヴァネッサ・パラディ(もちろん私が勝手にそう呼んで
いるのだけど)、ソフィア・ヘルクヴィスト王女(なのよね、今日から)。
実はソフィアさんはダーラナの出身なんですよー

でもね、この人モデルだったということなのですが、どちらかというとグラビア
で、面積の少なーいビキニ着て雑誌に載ったりしてたわけですよ。なんだかなー。
せっかくダーラナ出のお妃なので好きになりたかったんですが。
でも式の写真を見る限り、王子のほうがベタ惚れみたいなので、いいのでしょう。
日本ならそんな経歴の人が王子様のお嫁さんになんか、絶対になれませんよね。
すごい、スウェーデン。自由すぎ。。。。。


ということで、私たちは馬車が通り過ぎても通行止めになっている道路をトボトボと歩き、メチャ混みの船にのって対岸のスルッセンまで逃げ延びたのでした。

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
レポ、首を長~くしてお待ちしていました。

ローゼンダールス・トレードゴーデンの黄色い藤とピンク系のシャクナゲ(ですかね?)とてもきれいです。温室の窓辺のディスプレイもおっしゃれ~ですね。絶対行きたいです!

それにしてもタイミングよくロイヤルファミリーに遭遇できてラッキーでしたね。私もこの田舎で天皇陛下ご夫妻と秋篠宮さまご夫妻を拝見したことがありますが、不思議なことに無条件にうれしくなってしまいました。ロイヤルファミリーには抜群のオーラがありますよね。

引き続き2日目のヴィンテージものに期待します。

2015/06/14(日) 22:05:16 | URL | あずまさん #0n5zysAU[ 編集]
>あずまさん

お待たせいたしました。
いつも即読頂きありがとうございますm(_ _)m
ローゼンダールスは「次に来るときはあずまさんと一緒なのよね〜♪」と
思いながら歩いておりましたよ。楽しみ楽しみ。
仰るとおり、ピンクのはシャクナゲです。大きなボールのような塊が満開で、
少しずつ違うピンクトーンなのが、とても素敵でした。

あずまさんのほうには秋篠宮紀子様の関係で天皇陛下がいらしたのでしょうか。
いずれにしてもこういうイベントになると「にわかファン」みたいに
盛上がってしまう一般ピープル根性が堪りません笑
2日目のレポもお楽しみに☆
2015/06/15(月) 01:01:28 | URL | hiroko #FyLzLfZA[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/06/18(木) 23:15:54 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.