happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
民族衣装・1
太陽の照る日は春めいていい感じなのに、まだ朝起きると霜が降りてる日もある
ダーラナです。

ブログにアップしようと思っていてそのままになっていたものがいくつかあるので
少し昔のことになってしまったのを反省しつつ採り上げて行きたいと思います^^

今年の2月にFalunファールンという、銅山で有名なダーラナの都市で
スキージャンプの世界選手権があったときのこと。
facebookで少し書きましたがオープニングセレモニーでは色んなミュージシャン
に混じって、民族音楽に合わせて130人の民族衣装のダンスが見られるという
ことでした。調子こいてfbにリンク貼付けましたが、日本からは視聴できなかった
とのことで、ご覧頂くことが出来なかったので残念!反省しつつ少しご紹介します。

民族衣装・大好きの私は、ダーラナだけでも地区によって何十種類もあるとも
いわれる民族衣装が、一気に集まって群舞するなんて!見たい〜〜!!と
大興奮だったのでしたがイベントの開始が19時。夜です。
19時ちょうどにダンスが見られるわけでもなく、エンエンとスピーチを述べる
大会長や区長がいないとも限りません。それもマイナス気温の中でね。
それに、夜の撮影なんて、ダンサーとは遥か遠くの観客席から見るとなると
プロ野球のナイターで写真を撮るプロカメラマンのようなスンゴイ設備が無いと
無理でしょ、、、と思ったので涙を呑んでテレビでの視聴となりました。
(単にダンスを見るだけに入場券13000円くらいを払うのが惜しかったとも言う)
テレビの画像を写真に撮ったり、気に入った部分は録画をしたりしたのですが
You Tubeにアップするのは著作権法違反だなーと思うので割愛いたします^^

大会長のあいさつや国王の挨拶などを無視して、民族音楽の調べが流れて来てから
やっとテレビの前に座りました。ぞろぞろ、、という感じで入場。だって全員
シロウトさんですもんね。行進もバラッバラでした笑

P2180027.jpg

ライトの感じで画面が青くて、、、民族衣装の色が判らんじゃん!

演奏をしていたのはOrsa spelmanslagを中心とした編成バンド。
民族衣装を着ているオジサンたちがspelmanと呼ばれる民族音楽の演奏手です。

P2180036.jpg

この人たちにはライトが当たって正常な色彩ですねえ。

P2180049.jpg

最初のほうは伝統的なムードの曲にあわせて、なんだかわりとテキトーに
みんなリラックスして踊ってるんですけど、、、もっとショーアップされたものを
想像していたので(オリンピックの開会式みたいな)、ユルさに苦笑い。

P2180050.jpg

100年ほど前にはこんな格好の人たちが普通にその辺りを歩いていたと思うと、
なんだかいいなあー民族衣装の時代って。

P2180067-002.jpg

右下の2人が被っている帽子はRättvikの伝統柄のものです。
そして、あっ。左のおじさまの手袋に注目!
本体は白ですが、カフのところに赤いモコモコフサフサの毛糸飾り&ポンポンが!
昔は男性用の飾りだったなんて信じられないくらい可愛いんですよー

数曲して、ぐぐっと群舞の人たちが隊形を変え始めて、素敵な曲が
流れて来ました。
もとABBAのBenny Anderssonは民族音楽にも興味を持っていて、もう20年以上
Orsaのspelmanと一緒に民族音楽に取り組んでいるのですが、その彼が作曲した
うちの1曲、Machopolskaという曲です。(ここからは是非リンクをクリックして
BGMにこの曲をかけながらご覧頂けたらムード盛上がります〜)
このイベントのために作曲したのかと思ったら、1989年の曲だったんですねえ。
なんだか気に入ってしまって、メロウな旋律が耳にかなり長い間残りました。

kbt-se.jpg

ここから照明が全体に点いて、ようやく本当の色合いが見えるようになりました。
(写真はbt.seより)

Dot Music AB

そうそう、こういうのが見たかったのです♪(写真はDot Music ABより)

Norran.jpg

やっぱりプロのカメラマンの写真はキレイだなあー(こちらはNorranより)

同じ地域の衣装でも、エプロンのモチーフや色、ストライプや花柄など
いろんなバリエーションがあって、一つに決まっていないので、ものすごく
沢山の種類があるように見えますね。 はあー。素敵。

P2180059.jpg

んっ?と私が惹かれたのは、この中央左の女性。
わかります? 赤ちゃんをお腹に負ったまま踊ってたんです!カッコイイーー!

退場するところでも彼女を見つけました。

P2180067.jpg

赤ちゃん、まっすぐ状態。笑 かわいいー!


オマケ。

開催地のファールンにほど近いBorlängeボーレンゲ出身のバンド、mando diaoが
この大会のテーマ曲を歌っていたのですが、その時のこと。

「インディアンみたいな子が混じってるで」とタワケたことを言う家人に

「サーメの子でしょっ!!!」と速効でツッコミました笑

P2180025.jpg

中央の子がサーメ族の歌手の子なのですが。インディアンて、、、

しかし、mando diaoの人たちも民族衣装着て欲しかったなーー
ちゃんと持ってるみたいなのに、、、↓

asakapop-wordpress-com.jpg

こんなのだったらもっと嬉しかったのになあーー、、、

民族衣装萌え間違いなしだったのに、、、と思ったのでした。^^



さらにオマケ。↓↓↓↓↓







Benny "ABBA" Andersson, ベニーさんのちょっといい話。

南部ダーラナの我が家の近くにSkedviという地区があり、そこではいまも
薪を燃やしてknäckebrödクネッケブロード(薄い堅焼きパン)を焼いて
Vika brödの名前で売っている工場がありました。小さい工場で、薪もパン焼きも
手作業のため、少し高いクネッケでしたが、味は抜群だったのです。
数年前に経営が苦しくなったときに、同じくダーラナのレクサンドのクネッケの
会社Leksands knäckeがバックにつき、資金援助と販売網の共有をしてしばらく
持ちこたえたのですが、いよいよレクサンドクネッケ社が手を引くことを決め、
工場は閉鎖になり、全従業員が職を失ったのがちょうど2年前のこと。
レクサンドクネッケといえばダーラヘストのマークのパッケージが日本でも
知られている大手なのに、なんとこの会社ったら出て行くときに、後から工場を
誰かが買い取ってライバル商品を作り出したりすることが出来ないように、
作り付けのパン焼き釜を一つ残らず破壊してから立ち去ったのです。

sönder slagna ugnar1
sönder slagna ugnar 2



まるで戦争で爆撃された遺跡のような写真。

ただ工場が閉鎖したというだけでもガッカリ、でもしょうがない、、、と思って
いた人たちの心は、この画像を見て一気に怒りで燃え上がりました。
「Vika brödを再び!」の声があちこちから上がり、700人以上の人が新しい
オーブンを設置するための寄付をして、1000万円近くが集まりました。
その際、ベニーさんはなんと1人で100万クローナ(約160万円)を寄付したそうです。 くうーっ、ベニーさん、ストックホルムに住んでらっしゃるのにダーラナの人みたいで嬉しいじょ(T_T)

工場の整備が整い、去年の年末に新生Vika brödが稼働を始めた時、工場は寄付を
してくれた人たちを式に招待して、手焼きのクネッケを焼いてもらったそうです。
そして新生Vika brödの記念すべき第1枚目のクネッケは、ベニーさんの手によって焼かれたということです。 いい話だなあ♪

Benny bröd






スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
うちでもVika bröd食べてたんですけど、Leksandのこと知って止めました。その後、こんなことがあったなんて知りませんでした。ベニーさんにウルウル。そして、寄付してくれた皆さんにウルウル。いい話ですね。
てゆーか、大きい会社って考えること、やること、非道なことが多いのが残念ですっっ 怒怒怒!

でも、今流通してるVika brödってLeksandが作ってるものですか?
2015/05/14(木) 15:58:44 | URL | nanako #SFo5/nok[ 編集]
いい話だぁ(泣)
2015/05/14(木) 22:20:50 | URL | na #-[ 編集]
>nanakoさん

お久しぶりです!
Vika bröd、我が家では「dubbel dyra, dubbel goda」といつも言ってたくらい、
値段は高いけど倍おいしかったんですよね、ほんとに。
Leksandsbrödは実際にはバックに付いただけではなく、商標も含め、会社自体をすべて買い取っていたのだと思いますが、最初は元の場所で本当に薪をくべて
クネッケを焼いていたのに、2年前にVika brödの生産を自社工場に移したのです。
レシピはそのままですが、いわゆる電気の大型窯でのパン焼きに変わったのです。
ちんたら薪を燃やして人出をかけて作ってられない、とでも思ったのでしょうか。
現在流通しているVika brödは、レクサンドクネッケの自社工場の大型機械で、
大量生産に切り替えて製造されているものです。
商標だけはちゃっかり頂いて、ってことなのでしょうか。
自社工場にラインを移す際に、上記の窯壊しが行われたわけですが、
非道ですよね、ほんと。
再スタートした工場ではVika brödの商標が使えないため、新しい名前
"Skedvi bröd"という商品になっています。>http://www.skedvibrod.se
もちろん、薪をくべて窯をおこして、手作業で、前の職人さんで、いつもの味です。うっ(また涙)

>naちゃん

上のnanakoさんのところのお返事に長々と書きましたが、ホンマに
ひどい事件だったわけです。ベニーさんを始め、地元のみならず全土から
寄付が集まりました。ストックホルムの人も多かったと思います。
エエ話や〜〜〜
2015/05/15(金) 19:40:16 | URL | hiroko #FyLzLfZA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.