happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
学校って。(文章のみ。正直、愚痴ですm(_ _)m )
気付けば、ブログを1ヶ月も放置していました。すみません。
2月にもストックホルムに行っていたので、その時のことを書きかけたものが
下書きに残っていた事にも今日気付いたくらい、本当にバタバタでした。
そちらを先に完成させてアップしようかとも思ったのですが、今回のブログの
お休みが長かった訳を先に言い訳させてくださいまし。愚痴になるんですけども。
(今回はスウェーデンネタでも北欧でもなんでもないので、興味のない方はスルー
してくださいね。。。。すみません。。。。)


普段は娘のことはこのブログにあまり深く書かないようにしているのですが、
今回ばかりは参りました。娘の学校です。
今まではヴァールドルフ教育(日本ではシュタイナー教育で知られていますね)
は色使いも素材の使い方も子供に優しくて、自然にあふれていて大歓迎だったの
ですが、小学校に入って少しずつ疑問が大きくなってきました。
それも1年生のときにはごくごく小さかったのが、2年生になってから、
ムクムクと不安が大きくなってきたのです。

日本のような受験戦争は皆無だし、勉強よりも音楽やスポーツや本の好きな娘
ですから、もう勉強は2の次3の次で、好きなように伸び伸びやってもらおうと
思っていたのですが、現在2年生を半分以上終わったところ(スウェーデンは
秋・春の2学期制なので、前期後期という感じでいうと2年生の後期です)で
先月のある日、いつものように「今日は学校で何をやったのかな?」と聞くと

「アルファベットの『B』だよ」

はっ、、、、、


え?ええええええーーーーー??????

いくらクラスが1&2年生合同クラスだといっても、1年生のペースだとしても
今もう2年生の後半だよ?
アルファベットのBくらい入学式から2週間後くらいにやっといてよねって感じで
サーッと血の気が引きました。
娘はもう大文字小文字全部書けますし、読み書きは大好きで余裕でクリアなので
授業に頼るべき部分は少ないのですが、それにしてもこれはないでしょという
感じで、おおいに驚きました。そんな授業してていいの?

娘の学校の担任の先生は実は我が家の一番のご近所さん。
半径1キロ以内に子供の住む家は我が家とそこの2軒しかないといううえに
子供たちの年も近く、お互い子供たちの送迎を交代でやったりと本当に
近しくお付き合いしているお宅の、ママさんが娘の担任の先生だったのです。
よく知ってる人だし、良かった良かったと言っていたのですが、これが大誤算。
総勢20人の子供を前に、言うことを聞かない子をキーキー叱り付ける毎日。
授業の内容に落胆したのはもちろんですが、担任の先生が毎日不機嫌では
子供のほうからも笑顔が消えて行き、楽しい毎日が送れないんじゃ、、、と
いうのが一番の悩みのタネでした。

漠然とそういう思いを夫と2人だけで話し合ったのが1月末。
それが、なぜか時同じくして他の父兄からも不安・不満の声が上がり始め、
校長先生も巻き込んで瞬く間に学校の一大事となってしまったのです。
授業内容に不満な者、生徒の扱い方に不満な父兄。
担任の先生を一斉攻撃するのも可哀相だし、ここはなんとか穏便に済めばいいなと
思っていたのですが、「うちの子を転校させます」「ウチも」と数人から声が
上がったため急遽、会議が開かれることに。

2年生児童の保護者と担任の先生、校長、そして数人の教師。
会議では担任の先生は「こんなはずでは、、、うっ、うっ、」と泣き出したのは
想定内だったのですが、その先生の相談役(後見人って感じでしょうか)だという
別の女教師はなんと息巻いて父兄にくってかかってきたので、非常に驚きました。
え?これってそういう会議だったの?

そして会議の翌日、学校側が出した答えは
「学校の方針に合わない子は移って頂いて結構」

・・・・・・・・

参りました。担任の先生は後見人の先生の偏った(「あなたはよくやってるわ!
私たちは間違ってないのよ!」という洗脳にも似た)励ましを真に受けて、
自分のやり方を一切訂正しないという方針を固めたのです。
いくら後見人が肯定しちゃっても、実際に複数の保護者から不満の声が上がっているということは、やり方の見直しの必要があるんじゃないかな?とせめて疑問を
持って受け止めて欲しかったです。

この瞬間、私たち夫婦はそれまで強烈なアンチでもなんでも無かったのに、
変わる気はありませんと言い放ったそのクラスに希望の光が見いだせず(同じ級友と担任が9年生(中3)まで持ち上がりだと分かってしまっているので)早いほうが良いと思って娘の転校を決めました。
家から10分、夫の勤め先から50mの理想的な立地だった学校を諦めて、
ずうっと遠い別の学校へ通わせることになったのです。

先週1週間はスポーツ休暇といってお休みだったのですが、なんとこの期間に
娘を含めて3人の生徒が転出しました。娘はクラスに適合していなかったのかと
いうとそんなことは全くなく、むしろ誰よりも溶け込んで、誰よりも全員と
仲良くしていました。贔屓目かもしれませんが、娘を介してみんながまとまれるような、そういうポジションでした(中心になって引っ張って行く、というのとはまた全然違う、ソフトな存在)。それを担任の先生も良く分かっていたので、転校を決めてからも「お願いだから戻って来て。彼女はクラスに必要なのよ」などとメールをよこしてきたりして参りました。
あのね。クラスをまとめるのはウチの娘じゃなくてアナタなんですけど。

スキーがどんどん楽しくなって来た娘は大きなリフトも難なくこなすようになり、
家から5分のスキー場のファミリーシーズン券を買ってしまったため毎週末が
土日ともスキーだったここ数週間。さらにスポーツ休暇ともなると9日間のうち
7日がスキーということで私は膝ガクガクなのですが、娘は転校のこともあまり
長く悲しむこともなく嬉々として毎日滑り、遊んでいてくれるのだけが救いです。
転校したいと決めて、もう翌週には転校できるというこのイージーなシステム
(というか、田舎なのでどの学校も空いてるんですけどね)に驚きつつも、
いじめなどでの転校ではないということを心から有り難く思っています。
転校先は本当に良い学校だと周りで常に評判の学校なので、今までより30分早く
起きるのだけ頑張って、なんとか前向きにやって行きたいと思います。

今日初日でした。スウェーデンでは幼稚園の通い始めや転校のときなどには
保護者が数日教室で参観していて良いinskolningというとても良いシステムが
あります。今日は夫が仕事を半休して行ってきました。明日は私が半日付き添い
ます。今度も1&2年生のクラスで規模もほぼ同じなのですが、とても落ち着いた、まとまりのある良いクラスだとのこと。早くも友達が出来て、休み時間には一緒に縄跳びをしたそうです。
がんばれ、娘!!!




あんまりバタバタしていたので、いつもはバレンタインデーの翌日に出していた
ひな飾りをまだ出していないことに今気付きました。ひな祭り、忘れてた。
なんてこと。。。。明日やろう。。。。

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
あらら、あの学校、そんな大変なことになってたのね〜。
ご苦労様でした。

新しい学校、良い所みたいで良かったね。
姫のことだからすぐに慣れるでしょう。頭のいい子だから勉強は問題なく付いて行くでしょ。

がんばれ姫〜♪
2015/03/04(水) 05:48:02 | URL | satoko #o.trGIrQ[ 編集]
>Satokoさん

ありがとうございます。
この間お会いした時にはまだ事態がここまで転がってなかったので
ほんと2週間くらいの間に全部が起きた感じでシッチャカメッチャカでした。
友達LOVEな姫ゆえに前の学校の友達と離れるのが嫌〜と泣き暮らすかと心配したのですが、1日泣いたらもう乗り越えてました。これが一番助かった。。。
次の学校には期待して良さそうなので、ここで踏ん張ってやって行くつもりです。
アリガトウ。
2015/03/04(水) 14:27:13 | URL | hiroko #FyLzLfZA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.