happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
モンブラン備忘録
秋の日本帰国からずっと頭の中がモンブランで一杯の日々を送っておりましたが
2年前の秋にも帰国後「モンブラン食べたい〜、スウェーデンに無いのが辛いー」
と嘆くワタシにsatokoさんが「ヒロコさん作れるんじゃない?」と言って下さった
のをハタと思い出しまして。そうか。作るという手がありました。
無いなら作る、これはスウェーデンに来てからいつもやってるじゃありませんか!

ということで、あちこちレシピを調べては自力でモンブランを作ろうという
熱意がどんどん盛上がって来ました。時おりしもクリスマス。そしてクリスマスの
ゲストは小麦粉アレルギーの義母。これはもう、「メレンゲ底のモンブラン」を
作らずしてどうしましょう!

モンブランを作るにに有名なのがSABATON社のマロンクリームやペースト。
これがスウェーデンでは売っていないんです。日本で自作することを見越して
これらは購入していたのですが、船便の荷物に入れちゃっててまだ届かない。
SABATONはフランスのメーカーだからEU内で買えるでしょ、と思って
探してみると、なんと日本から取り寄せるほうが安いほど送料が高い。ひえ〜

調べているうちに、なんとあのアンジェリーナのモンブラン用のマロンペーストが
チューブで買えるということまで知り、これまた入手したくなり検索。すると
これも日本で買って転送してもらうほうが安いほどだと判明。EU圏内、いったい
どうなってるのでしょう。EU関税が高いんでしょうけど、納得いきません。

実家に頼んで和栗のペーストや栗納豆などを送ってもらいましたが、
せっかく取り寄せた材料を義母に食べさせるのがもったいないので
もしこの和栗材料が無くても困らないように、なんとかスウェーデンの材料で
モンブランが作れるようにならないのかな、というのも頑張って調べました。

Googleで見ていると、スウェーデン国内にSABATONのペーストじゃなくて
クリームじゃなくて、「ピューレ」というものならあると検索でヒットしました。
調べてみると、スーパーのICAの、ストックホルム地区にあるというのです。
へえー。地元にもあったりして。


PC310007.jpg


あったっ☆ しかも、リーズナブル♪


SABATONの商品を調べてみると、このクリームだかペーストだかの違いは
固い順にピューレ>ペースト>クリームなのだそうです。
ピューレは無糖・無添加。ペーストはバニラ風味や砂糖が入っている。
クリームは風味や砂糖の他にもシロップなどでソフトに仕上げられていて、
そのままモンブランに使えるくらい、とのこと。ほほう。
ピューレか、、、。レシピを検索してもほとんどペーストかクリームでしか
出て来ないので、ピューレはどう使っていいのか判らなかったのですが、
甘さの調節が自分で出来ることよね!と理解して、まずはトライあるのみ☆

まず、前もって作れるボトムのメレンゲから作ります。
メレンゲにアーモンドプードルの入った「ムラングダマンド」を作ってみたく
なったので、こちらのレシピを参考にメレンゲ底制作。

PC220007.jpg

薄いメレンゲ底も試してみたいので、いろんな厚さで焼いてみました。
レシピで90分とありましたが、薄く作ったせいか焦げそうな感じがしたので
60分ほどでオーブンから出しました。

さあ、マロンクリームです。
マロンピューレを使ったレシピはほとんど見つからなかったので、こちら
のレシピの中の「マロントッピング」と書かれている部分を参考に作りました。

PC220001.jpg

缶から出す時はちょっとドッグフードを出してるような気分に、、笑


PC220004.jpg

「よく裏ごしするように」とレシピにはよく書かれているのですが、裏ごし、、、
手っ取り早く、バーミックスでウイーンン♪

PC220005.jpg

なめらかでスムーズになりました♪
練乳が手元に無かったので砂糖を加える時に30g→50gに増量して投入。

PC220006.jpg

ここで50gの生クリームを8分立てにしたものを投入。
ラム酒の「少々」という量がイマイチ分からなかったので、少しずつ入れながら
加減を見ました。大さじ1くらいでほんのり香るくらいになりました。
しっかり薫らせたいときは大さじ2でもいいと思います。

PC220009.jpg

いわゆるソバ状に細く絞れるモンブラン用の口金は持っていないので、それならと
平たい口金でタテ型に絞るのに挑戦することに。

PC220011.jpg

まずミニサイズで試食。ひとくちサイズです。

うーん♪ 悪くないけれど、やっぱりタテ型は外のマロンクリームが分量的に
少なくて、栗感が低いかも。もっと栗の味が欲しいなあ。
もったいないけど、和栗のピューレをマロンクリームに75g投入。
すると。

うわっ! 栗の風味、速攻アップです!断然違います。
香る香る薫るう〜〜〜〜〜


PC250100.jpg

さらに本番では、栗度を上げるためにモンブラン中心にも栗クリームを絞り、
その上から生クリーム、そして外側の栗クリームタテ方向絞りにしました。
かなり、納得の味になりましたよ♪

PC250102.jpg

クリスマスのデザートに出してみたところです。
意外にも、義母がというより義母の夫(再婚しているので、こう言います)という
のが普段はどこの森から出て来た?と思うほどのむさ苦しいオッチャンなのですが
一言、「んまいなこれ」。
おおっ!あなたにこのおフランス生まれのデザートの味がわかりますかっっっ
「もう1個もらってもエエかな?」
普段は食べ物に「美味しい」とかあまり言わないオッチャン男性なので、
周りが逆に「え?そう?」と急いでもう一口食べるという有様。
概ね好評でした!
みなさ〜ん。スウェーデンの人の口にもモンブランは合うようですよ〜〜〜〜
美味しいんだもん、当然ですよねーー



作秋、日本へ帰国するにあたって、短い滞在期間で出来るだけ美味しいモンブラン
を食べたいと色んな方々のサイト/ブログを参考にさせて頂きました。
その中でも特に参考にさせて頂いたのが以下の方々のサイトです。
いずれもモンブラン累計は300にも400にもなり、私の28個なんてフッ☆って
笑っちゃうほどの小さな数字です。先人達の偉大さを感じるばかりです。
いずれのサイトも近年のアップがないので寂しい限りですが。

全モンブラン一覧
写真がとても綺麗で、食後の感想も簡潔にまとめられていて素晴らしいです。
エンドレスで見てしまいます。

モンブランの大解剖
こちらは各モンブランについての感想はありませんが、すべてのモンブランに
イラストで図解説明が付いています。私のようにチョコが入ると嫌だの
ムースはイヤだのという人間にはとても有り難いのでありました。

などなど、長い間引きずって来たモンブランネタですが、一旦ここで終了と
致します。私的には「モンブラン横綱番付表」まで考えていたのですが(笑)
私ごときが、という自責の念と、まだまだ食べていないモンブランが沢山
あることから、この作業はライフワークにすることに^^; 笑
ここまでお付き合いありがとうございましたm(_ _)m
また来秋もサンプル収集に勤しみたいと思います!








スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
パチパチパチ…
素晴らしいエンディングです。

28個のお店モンブランよりヒロコさん作モンブランを食べたいです。
スウィーツに疎いであろう男性まで虜にする
モンブランはどんな味がするのでしょう。

この勢いでダーラナでケーキ屋さんを始められたらいかがでしょう。
ご近所だったら買いに行きますよ~。
2015/01/06(火) 08:36:19 | URL | あずまさん #0n5zysAU[ 編集]
お久しぶりです!
私もモンブラン大好きです。日本でいたときは、ケーキと言えば、モンブラン!!Hirokoさんの好きなものへの情熱はすごいなー。私は日本滞在中に一つ食べました。ウチの近くのICAに瓶入りのマロンペーストがありました。最近見なくなってとっても残念なのだけれど、缶入りのもの探してみます。
栗を買ってオーブンで焼いて食べたりしてますよ。
食べたければ、自分で作る!そうですね。
今年もよろしくお願いします!
2015/01/06(火) 16:35:09 | URL | まっきー #-[ 編集]
>あずまさん

2014年度のモンブラン、うまく〆れてましたか?嬉しい☆
>スイーツに疎いであろう男性まで虜にする、、、
なんだか余程魅惑的なモンブランだったように思って頂けてスミマセン笑
こちらの人はものすごく保守的で、例えばプリンなんて食べてくれないので、
オッチャンにしては見たことも聞いたことも無いモンブランを食べるのは
すごい勇気だったと思うんです。
ダーラナの人口が今の30倍位になったらカフェを開店してもいいかもしれません。
この勢いで出店すると、年間40人くらいしか買いに来ないと思うので、、、

>まっきーさん!
お久しぶりですー、すっかりご無沙汰しておりますがお元気ですか?
久しぶりにまっきーさんのブログにも遊びに行きました。むーみんくん、
さすが大きくなりましたね。クラスでも大きいほうじゃないですか?
まっきーさんもモンブラン派だったんですね。
偉そうにあれこれ述べてますが、実は私がモンブラン党に入党したのは去年です笑
なんだか、好きだから、、というよりも構造違いとかを見ていると奥深くて、
探究心が刺激されるという感じで、変な燃え方してます笑
こちらこそ、今年もよろしくです!


2015/01/07(水) 23:50:50 | URL | hiroko #FyLzLfZA[ 編集]
おっ、作ったね♪
その内やるんだろうな、と思ってたらやっぱりやりましたね。
細く絞り出したかったら絞りだし袋の角をハサミでちょびっとだけ切れば出来るでしょ?ダメ?
2015/01/08(木) 05:06:37 | URL | satoko #o.trGIrQ[ 編集]
>satokoさん

はい、貴女の一言が私を動かしました♪
細く絞るのも考えてみたんですけど、それだと何十往復もしないとダメでしょう?笑
あれって結構固いのよー
クリスマス当日用に8個とか絞っただけで手が痛くなったくらい。
柔らかくしようと思って生クリーム入れすぎちゃうと栗度下がるしーー
って私はいったい何様なんだか、、、笑

2015/01/09(金) 19:53:38 | URL | hiroko #FyLzLfZA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.