happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
2014 モンブランカレンダー 21、22
クリスマスの様子もアップせず、年末の大掃除もせずにひたすらモンブランカレンダーを続けていてスミマセン。
いよいよ20台に入り、ラスト近くになってきたので、珍しく毎日更新しつつ年内に
終了させたいと思っていますゆえ今しばらくお付き合いくださいませ。

さて、全てのWS日程を終了して、再び地元神戸でサンプル採集(なんだか最初は
モンブラン狩り(ハンティング)だったのに、「サンプル採集」のほうがしっくり
くるようになってきました、、私の職業は一体何なのだろう)に励みます。

前回は三宮をブラブラしていればカフェに当たるだろうと歩いていてモンブラン
探しに手間どったので、今回はいろいろネットで調べて行きました。
今回もモンブラン狩人のお仲間の友人と2人です。

第1希望の店が、、、見つからない。
あとで判ったのですが、途を歩いていて「あー懐かしい〜、大学の頃にこの店に
来るのが憧れだったのー」などと言いつつ路地を曲がったところで横道に逸れて
行ったのが原因でした。そこで逸れなければすぐ見つかっていたものを、、、

そして、やっと辿り着いたお店には「本日定休日」の貼り紙が。
何がいろいろネットで調べてですか>私。大反省。

気を取り直して、他の候補のお店へ進路変更します。
元町の中心からは少し歩きましたが、たどりついたのはこちら。

PA280187.jpg

エトワール・ドゥ・神戸です。初めて行きました。
店内はケーキとパン、焼き菓子などをかわいく販売しているのですが、
朱赤の大きなオーブンがどん!とカフェ席近くにあって、目を惹きます。
オーブンが表に出てるお店って珍しいですよねー

PA280188.jpg

パリジェンヌ。
商店街入り口近くのお店ということもあってか普段着感覚のお値段でいいですね。

PA280189.jpg

モンブランの他にも、パンオショコラとシュークリームをお持ち帰りしました。

さて、本日のサンプル1を抱えて、次なるサンプルを探しに移動します。
元町商店街を西からずうっと戻りつつ、これまた実は初めてという
グレゴリー・コレに入りました。

PA280190.jpg

宝石店のような優雅な店構えの中で、モンブラン1点購入です。

このあと凮月堂の前を通ったので、どんなモンブランか見るためだけに寄りました。
モンブランは友人へお土産に持って来たものと合わせてもう3個も持っていたので。

PA280191.jpg

あら。今見ると、あっさりしてそうで悪くないじゃないですか。
ダックワーズ底だったんですね。買えばよかった、、、

さて、お土産1個プラス本日ゲットの2個=トータル3個を抱えて、
気軽なコーヒーコーナーへ寄ります。
私は紅茶、彼女はコーヒーを注文して、いざ利きモンブランスタート♪

PA280192.jpg


エトワール・ドゥ・神戸のモンブラン「パリジェンヌ」です。

PA280195.jpg


断面見苦しくてすみません。
薄く表面をチョココーティングしてあるメレンゲ(アーモンド風味かな)の上に
生クリーム、中央にも小振りな栗が丸ごと1コ入っています。
ラム酒の味がマロンクリームにも中の栗にも入ってて、香ります。
コーヒーを飲んでいた友人「コーヒーに合うわ〜」
マロンクリームは和栗と洋栗と焼き栗のミックスだそうですが、焼き栗まで
入っていたのは初めてですね。美味しかったです。

PA280193.jpg

続いてグレゴリー・コレ。

PA280197.jpg

切る時に少しへしゃげてしまいました。見苦しくてすみません。
上に栗の渋皮煮が1粒、中にも栗が1粒入っています。
外側のマロンクリームは洋栗のクリームですが、しっかりした味でした。
クレームダマンドのタルト底のモンブラン、KIHACHIのがやはりタルト底で
モンブランの栗感が負けてましたし、本来小麦粉ものが無いのが好きな私ですが
こちらのタルトはあっさりと仕上げてあって美味しかったです。
kIHACHIのはタルト底はどっしりとして食べ応えがありすぎたのかも。
このモンブランは紅茶によく合いました。

PA280194.jpg

友人へのお土産は、東京洋菓子倶楽部のモンブランでした。
すでに味を知っている私は食べなかったので、この後彼女は一人でこちらも
平らげる羽目になるのでした。巻き込んでごめんなさいね。




スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.