happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
2014 モンブランカレンダー 8、9、10(追加編集しています)
寒い日もあったりなかったりしつつ今のところやや手ぬるい感じの今年の冬ですが
念願の雪が降りました。まあ5cmほどなんですけど、それでも一気に周りがパッと
明るくなって、暗い北欧では貴重な灯りの元になってることを実感します。

PC180011.jpg

白黒写真のように見えますが、喜び駆け回っている犬が見えますでしょうか。。
「雪やこんこん」の歌の歌詞は本当だったんですね。

さて、家人に風邪(仮病疑惑)の者がおりブログが滞りましたが、
続いて8個目のモンブランのレポです。

神戸でモンブラン、どこがいいかしら、、、と調べていたときに、セセシオンと
いうところが美味しいという記事を読みました。初めて聞く名前ーと思ったら
あのにしむら珈琲の洋菓子部門がセセシオンというのだそう。

どのにしむら珈琲に行こうか、、、三宮かなーうーん、、と思いつつ見ていると
ハーバーランドにもあることを思い出し、お買い物のついでに知人とお茶するとき
待ち合わせ場所をすでににしむら珈琲に指定(笑)、行ってきました。

久しぶり(15年ぶりくらい?)に会った、西表旅行で同じ宿に泊まった知人と
語らいながらも目線はモンブランへ、、、、

出て来たのは。


PA230190.jpg

非常に端正な印象のこちら。細身です。

にしむら珈琲のサイトより。
「このモンブランは栗の直球勝負!です。愛媛県の城川町より頂く和栗の味わいは、この上なく純度の高い栗の風味とホクホク感。それを生かすために、マロンクリームをお酒で香り付けしたり、生クリームで軽い食感にしたり・・・という事は、致しておりません。冷蔵庫から出して直後は少しポロポロするかもしれませんが、それぐらい濃い栗そのものを堪能して頂けるお菓子です」
とのこと。ほう。栗濃度が高いクリームなのね?

中身を拝見。

PA230192.jpg

底はメレンゲ、マロンクリーム、生クリーム、そして外側のマロンクリーム。
理想の構造です。
実は、本来の(って誰が決めたんだか)モンブランは、底がメレンゲらしいと
どこかで読んで以来、メレンゲ底のモンブランが食べたくて溜まらなかった私。
やっと出会えました。
そして、食べてみて、、、、、


おっっ、、、、おいしいいぃ〜〜〜〜〜〜〜〜☆♪♡
好きだあーーーーーーーーーーっ、メレンゲ底!!!

とメレンゲ底に喜びすぎて、肝心のマロンクリームを味わうのを忘れそうに
なりました。栗度が高いだけあって、マロンクリームはわりとしっかり目。
ふんわりフォークで切れるというより、ぎゅっと押し切る感じ。素敵、、、

PA230193.jpg

濃い〜い栗クリーム♪
紅茶党の私ではありますが(なんでにしむら珈琲で紅茶オーダーするねんと
知人に呆れられましたが)、確かにこれはコーヒーに合いそうです。
かなり高得点なモンブランに出会えましたー。



っと、ここまでで一旦アップしていたのですが、この日まさかこの1コだけで
終わるはずがなく、あと2個試していたことが判ったので追加アップします↓




ハーバーランドからの帰り、電車の駅まで歩いていると見つけた「不二家」。
モンブラン好きな人のサイトでは「不二家レベルだなあー」というふうにややナメ
られた扱いをされているのですが、「いや不二家も最近は良くなって来たらしい」
などのウワサも聞き、物は試しと寄って見ました。

PA230194.jpg
PA230195.jpg

おお。
和栗とイタリアマロンの両方がある。食べ比べをしたいところだけど、さっき既に
にしむらで一個、それも利きモンブランじゃないので久々に1コ丸ごと食べたので
思いとどまって和栗をチョイス。

帰宅すると、地元のケーキ屋さんのモンブランを母が買って来てくれていた・・・
いや、確かに「いつか買っといてね」と言ったのは私ですが。。。2個追加です。

まずは不二家の和栗。ファイルナンバー9です。

PA230198.jpg

なんか、外側のマロンクリームにも生クリームが結構入ってそうな感じ?
白っぽいし、柔らかそうだもの。栗度が高いと、こんなに滑らかにならない。

PA230203.jpg

あ、底はスポンジでした。。。ぼや〜ん。
やっぱり不二家ということもあって、子供が食べられる味って感じかな。
スウェーデンに来てから絶品の生クリームで舌が肥えてるので、生クリームの
味もちょっと普通すぎました。でも、栗の風味はいい感じにしてましたよ!

そして地元近くのユーカリプティースというお店の。
ここのケーキは生クリームがあっさりしていて、フルーツ使いのケーキが
美味しいという印象があったけれど、さて10個目のモンブランは。

PA230159.jpg


ここのマロンクリームも白いほうですわよ。

PA230161.jpg


あまり食べた記憶がないのですが(お許し下さい、この頃すでに夜の12時半)、
写真判定に入ります笑
見る限りではタルトの土台にカスタードがちょっと載った上に生クリーム、
マロン、と来ていますね。
栗が上にも中にもクリームにも入っているのに、印象にないのは何故だろう。
中にバタークリームとカスタードクリームが入っていたのが私的にはマイナス
だったのだと思うのですがなにせ睡魔で覚えていません。
ろくに覚えていない覚え書きですみません。
このあと、食べたあとには感想文を書くクセが付きました。。。





スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.