FC2ブログ

happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
しつこく、、、Gotland 6日目^^;
Gotlandの感動があまりにすごくて「これは凄い!書くぞ!アップするぞ!」と
鼻息荒くしていたのに、いつのまにか「5日目」のログから3週間近くが経って
いました、、、まあいつものサボリ癖新学期のスタートとか、義母の病気とかね、
言い訳しちゃーいけませんよね、はい、すみませんm(_ _)m

そんな間に、スウェーデンはどんどん黄葉が進んできました。
ぐっと冷えた頃に、どんどん寒くなるかーと思われましたが、朝晩10度を切る
ことを除けば、理想的な秋晴れの過ごし易い天気が続いています。
いや、でも夢よもう一度! ゴットランドの夏よもう一度! とばかりに、今から
しつこく「Gotland 6日目」でーす


P7140060.jpg

















この日(7/14ね^^;)のゴットランドは曇り空。というか、雨。。。
でも車があるんだから、どんどん行っちゃいますよー
朝食をモリモリ食べた後は車に乗って、北上します。

P7140092.jpg


寂しい漁村、、、の、跡、、、、みたいな海辺を通ったりしつつ、
辿り着いたのはIreという、町とも言えないサイズの小さなエリア。

羊も飼っててポニーも乗れて、プールもあるし紡績所(!)もあって、
カフェや手工芸店もあるっていうのだからすごい!と目がけてやって来たのです。

P7140185.jpg


手工芸店には羊の毛皮がどっさり、ズラーーーーッと並んでいて、
毛糸やニット製品などのほかに羊モチーフのアイテムがいっぱいありました。

P7140115.jpg


顔が黒くてクリクリ毛のゴットランド羊ちゃん♪

前もってお話をしておいたので、紡績所を見せてもらえました。
P7140126.jpg

この横長の建物が、Ihre紡績所です。

P7140130.jpg



















ここの機械も大きいですねえー
ここも先日のゴットランド紡績所と同じように、ゴットランド羊の毛のみを
つかった毛糸を紡いでいます。ふと見ると、とても素敵な色合いの毛糸が、、、!

P7140158.jpg


わーーーーーーっ
欲しいーーーっ 欲しいーーーーーーっ
なんて深くて渋い色なのでしょう。これは、機械を動かしているお2人が
家に毛糸を持って帰っておウチで染めているのだそうです。オドロキ(@o@)
「まだ今年の毛糸は染めてないよ」ということで、残念ながら併設のブティックには
これらIhreの毛糸が出ておりませんでした、、、が、ちゃっかりヴィスビー市内で
ここの毛糸を扱っているお店の情報をゲットしましたので、そちらで♪♪♪

見学をさせてもらってお礼を言ってから外へ出ると、どひゃーーーーーーーっと
雨がザザ降りに。
これではポニーもプールもパア。羊ちゃんも見えません。
とにかくカフェへ駆け込んで、ランチにしましょう。

P7140176.jpg



むっっ、、、!!

美味しそうだっっ 

焼きたてのパンが、ぎゅーぎゅー詰まって待ってます!


P7140181.jpg


本日のランチはハムかチキンかを選ぶパターン。
ハムって、これ2枚じゃあ足りないでしょ、、(奥は父のチキン)と
思ったのですが、サラダも無茶苦茶美味しくて、パンもおかわりしたし、で
終わってみればお腹大満足、になりましたよ。

P7140175.jpg


ぐっと我慢したけれど、絶対美味しかったはず〜〜、なBulleたち。
一昨日の1個30krよりは安かったですが、24kr。。。ストックホルム並みです。


雨が小降りになって来たので、再び出発。

P7140200.jpg


92個も教会のあるゴットランド、少し走ればたくさんの教会を見かけます。


今日、このあと行きたかったのは、牧羊をしている方のところ。
観光客にも開放していらっしゃるのですが、なんとこの日は定休日。
「今日、そちらに伺おうと思ったのですが、お休みなんですってね」と
判ってるのに白々しく電話を一本入れると「あらー。全然いいわよ。
いらっしゃいな」 なんか、ゴットランド、めちゃ良い人ばかりなんですけど。

着いたところは可愛い農場、という風情のところ。


P7140224.jpg

バフッ、と走って来た牧羊犬をヨシヨシしつつ周りを見渡して、羊の影を確認
すると、目が合うが早いか「メエエ〜〜」「ンメエエエエ〜〜〜」とものすごい
コーラスで突進してくる若き羊達の軍団。君たち、ミルクっ子だね?

ここではゴットランド種のみならず、多くの種類の羊を飼育していて、
それぞれの特徴のある毛並みを守りつつも、交配して出来る珍しい種類の羊も
育てておられました。それぞれの毛の説明を受けたり、特徴を聞いたりして
園内を案内して頂いていると、「さあ、出来たわよ、行きましょう」

渡されたカバンには、、、


P7140327.jpg


ほ乳ビンが!

もうわかりますね♪



ミルク、ターーーーーーイム☆



P7140333.jpg


最大ボリュームで「メエエエ〜」「ンメエエエエエ〜」がこだまするなかで
子羊たちにミルクをあげると、んぐ、んぐ、んぐ、と凄い勢いで飲んでくれます。
ほ乳ビンを持っている間はもう、とんでもない人気です笑
ミルクをもらう子羊たちは、一匹のお母さんから沢山の子羊が生まれちゃって
オッパイが当たらないor勝ち抜いてもらいに行けない子たちなのだそうです。
どうりで、ミルクっ子たち以外はほ乳ビンには目もくれません。

P7140279.jpg


ミルクを飲んだあとも、膝に体当たりしてきたりこちらの脚にぐいぐいと
頭をすりつけてきたりと、まるで犬のようになついて来る羊ちゃんたち。
羊ってこんなに人懐こい生き物だったっけ? ミルクで育った動物が、と
いうより人に育てられた動物はそうなるのかもしれないけれど。


かわいい羊たちにグイグイ押されるほど懐かれて、心が温まったあとは
宿へ帰るまえに最後の「行って見たかったポイント」へ。

P7140363.jpg

以前、Satokoさん達がゴットランドに行かれてから私もいつか行ったら
絶対に見たいなーと思っていた、Källungeの教会のエンジェルちゃん。

P7140367.jpg



い、いました!


それまでに見た画像から、勝手に30cmくらいある天使像だと思い込んで
いたので実際の小ささにびっくり!12cmくらいかな? かわいい〜〜〜




じっくり見ていたかったけれど夕暮れが近づいています。
それに、今日はゴットランド最後の夜なのです!急いで街へ帰りましょう。





最高のゴットランドの旅の締めくくりとして、最後の夜はパリッとした
レストランで食事と行きましょう。

P7140398.jpg

いいーー雰囲気じゃないですこと?*^^*

ここまで自炊を含めて経済的に頑張って来たので、ワインなんかも頼んじゃう♪

そしてお料理は、、、、


P7140402.jpg




「あれだけ『可愛い可愛い』言ってて、これよく頼めるよな?って感じよね」と
言いながら、私と母はラム肉をチョイス。だってもともと好きなんですもん。。。
するとこれがまた、絶品でございました。。。

こうしてゴットランド最後の夜は更けてゆき、翌日は最終日、お土産デーです☆






















スポンサーサイト



Comment
≪この記事へのコメント≫
ねぇ~あのエンジェルちっちゃくてびっくりするでしょ。私なんかでっかいポスターをあちこちで見てたから50cm位はあるんだと思ってて、あちこち探しちゃったもん。
でもちっちゃくてかわいいよね。
2014/09/16(火) 21:38:22 | URL | satoko #-[ 編集]
>Satokoさん

あ、やっぱりそうでした? 私もドカンと見つかるのだと思ってたので
しばらく「修復とかで無くなったんじゃないか」とまで考えてました。
あの小ささを見て、さらにあれを彫ってくれた人に感謝したよ〜
2014/09/16(火) 23:29:00 | URL | hirko #FyLzLfZA[ 編集]
羊さん達かわいい~。
あの真っ白な毛をパフパフしたいです(^^♪
エンジェルも良いですね。
みんな楽器持ってます?演奏中ですかねぇ(笑)
2014/09/16(火) 23:57:59 | URL | シュガママ #-[ 編集]
>シュガママさん

羊ちゃんたち、寄って来て可愛い〜と思ったのは最初の5分くらいで、
どうみても「アターーック!」って感じで突進して来るので
攻撃を受けてる態勢にしか見えなかったかもしれません笑
攻撃を、もちろん受け止めたかったのですけれど、人懐こすぎて
「ねえねえ」ってするみたいに前足をこちらの膝に乗せて来るんですよね。
すると毎日踏みしめた「羊のウ◯チ」と「草のグリーン」という
絶対に洗濯で取れないミックスでやられてしまうので、、、
やや逃げごしだったかもしれません爆

楽器エンジェルはとりあえず2人。あとはチェスをしてたり、商人みたいだったり、
王様みたいなのもいたので、エンジェルじゃないのかも???

2014/09/17(水) 19:06:04 | URL | hiroko #FyLzLfZA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.