FC2ブログ

happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
お出かけしてました☆
しばらくブログもコメントも遅れててごめんなさい。

上海在住の妹が休暇を利用して、スウェーデンまで遊びに来てくれていました。
この10年間で、、、5回くらい来てくれたのかな?あれ?4回かな?
忙しい中をちょこっと時間を作っては訪ねて来てくれて、嬉しいです。

今回は単身訪問だったので、「あのさ、ほら、せっかくだから迎えにいって、、」と調子のいいことを言って、ストックホルムまで出迎えついでに二人でホテル泊してきました。
翌日は当然お買い物デーですよ〜ん

夏休みが終わった後のストックホルムのホテルの値段はいきなり倍近くになり
(いや、夏休み中が半額ちかくだったんですけれども)
それでも駅チカにホテルを取りたい私たちが選んだのは中央駅のすぐ反対側。

PA030004.jpg


















せっかく窓のある部屋にしてみたのに、朝見るとこんな景色。工事風景です。
おまけに線路すぐ近くで(でも音は全然聞こえませんでしたよ)、、、
ストックホルムで一人1万円以下で泊まるのは至難の業です。
ユースホステルだと3000円くらいですが、その中間ってのはナイんでしょうか。

朝食は大好きなベーカリーのパンを買って済ませることにして(だって
そっちのほうが食べたかったんだもん)、朝一番はもちろん、、、


マリメッコ♪


PA030012.jpg





























お店の内装が変わっていて、レジの場所なんかも変わって、とても見やすくなりました。

PA030013.jpg


























妹と二人してすっかり気に入ったのがこの柄。っていっても
この写真じゃあまりよく見えませんわね(^^;)

左上のほうの鍋つかみやミトン、エプロンの右側などがそうです。
ピンクやパープルにライムグリーンなどの鮮やかな色で小さな洋梨が
びっしりと描かれている柄。
磯井さん、、、じゃなくてIsoisan Puutarhaという柄だそうな。
妹はあれこれじっくりと迷っては手に取って選んでいましたが、私は
ウールのニットのボーダーストールが気に入ったのだけれど、お値段が
ソコソコしたので、むううーーと考え込みつつ、我慢の一瞬でした。

その後はアンティーク探し。
本当に、頼りにしていた店がどこも店を畳んで行っていて、なかなか
歩くだけで楽しいアンティークめぐりというのが難しくなりました。
実店舗を持たずにネットで、というヒトが増えているんだろうな。

その中でもずうっと店を出し続けている大御所バッカスとその両隣
およびその向い側と、同じ通りをウロウロ。

PA030016.jpg




















おおおおお
本物がずらずらと。。。しかしお値段はここ10年で3倍近くになっていますね。
何を見ても「あのとき買っておけば・・」の思いがこみ上げて、この辺り
全然手が出ません。

PA030018.jpg



















アンティークレースがびっしりと。Old Touchにて。

PA030020.jpg



















この3軒。ずっと残ってて欲しい〜〜〜

PA030025.jpg


























天井まで、ほんとうにずらーっとびっしりと並んでいます。
ここはバッカスの右隣(と言う風にしか覚えてないので、ごめんなさい)。

PA030022.jpg



















こういうシャビーシックな感じのものも。ちょっと惹かれました笑。

PA030023.jpg


























そう、この棚の中央一番上のガラスの引き出し一杯のやつ。
大好きで大好きでもうガラスので3つ、プラので2つ持ってるのに
それでもまだ見るといいなあ〜って思ってしまいます。何個でも欲しい、、、

PA030028.jpg











さて、肝心のバッカス。先ほどの店とびっしり具合は似てますが、先ほどの店は店の半分が50年代レトロ、もう半分はクリスタルや1900年代前半の本気アンティークって感じなのですが、バッカスは店全部が50年代レトロ調なのでもうツボxツボです。

PA030032.jpg





















ここでまさかの出会いが・・・!

ネットで1度しか見たことが無かった、Gustavsbergの(多分Stig Lindbergと言われている)Löv(葉っぱ)という柄のお皿。どこに聞いても無かったのに、初めて見てから4年くらいが過ぎた今、目の前に大中小おまけに深皿までどわっと並んで、憧れていたヒトが目の前に、、、と、思わず落ち着け>自分、でした。

しかしレア度も最高ということもあって、お値段が、、、またもう、意地悪な。
おまけに並べて見ているうちに、「魚の骨に見えて来た(妹談)」確かに。
ということで一切買わずに立ち去る、、、、直前まで行ったのですが、
未練がましく1枚だけ(情けない)お買い上げ。
憧れのヒトに出会ったのに、なんとも気弱な結末となりました。

PA030036.jpg



























バッカスの左隣さん(またこの言い方。笑)。
こちらのお店は、デンマークのすてーーーーきな家具が中心で、そこに
パラ、パラ、、、と高ーーーーいマスターピースの陶器が並ぶという
印象だったのですが、今回も同じように「素敵〜」と言いながら店内に入って
奥にキッチンらしきものが見えたので、「ん?」と覗いてみると、、

PA030035.jpg



























まあー。可愛いやないの。

プラスチックを中心としたレトロキッチュな空間が広がっておりました。
これはいいじゃないですか。なんだか楽しくなりました。

楽しい時間はあっという間に過ぎて、ダーラナの我が家へ帰る時間。
家ではアキコが私の妹と初対面して、大変可愛がってもらいました。
あんこブッレも焼きたてをみんな(ーアキコ)で頬張って♪
楽しいひと時でした。また来てね。



スポンサーサイト



Comment
≪この記事へのコメント≫
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/12(土) 23:45:31 | | #[ 編集]
Mさんのfecebookを閲覧させて貰っていましたので、私も一緒に町歩きをしている感じになりました。
2013/10/13(日) 21:12:59 | URL | Naoko Iwasaki(岩崎 直子) #TSYj0gnw[ 編集]
まぁ!なんてステキな街歩き♪
最後のお写真のプラスティックレトロキッチュ、大好物でございます。
2013/10/17(木) 22:05:30 | URL | na #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.