happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
わたしの夏休み
やっと、やっっっと姫の学校が始まりました。
スウェーデンでは夏休みのあとに始まるのが新学年なのです。姫も5年生に。
まあー夏休み長かった。夏休みが6/16から8/21って。毎年文句言ってますが笑

しかし今朝6:30の気温は・・・

P8240001.jpg

5.7度!さむっ!
(時計が全然合ってないところはスルーでお願いします)
日中の日差しはなんとか暖かいものの、朝晩はぐっと冷えるようになりました。

過去ログでさんざん愚痴ったのでもうやめますが、とにかく今年はほんとに
自分の時間が無かったです。そんな中、家の外壁工事の進行具合を見ながら
どーしても行きたいところがあって勝ち取ったお休みの日、一人で
夏休みをしてきました!

そうです、毎年恒例の7月のアウトドア・ロッピス大会です。
昨年はちょうどグループのご案内をしていて(そのときのログこちら
このロッピスと、そのあとにもう1箇所これも大きめの屋外ロッピスが
目当てで、2箇所ハシゴする予定でお弁当持ってガッチリ行って来ました。

P7210333.jpg

ここですここですー。曇り空だからか、いつもよりブースが少ない。

P7210306.jpg

でも開始20秒でこんなのに出会っちゃったー♬

P7210307.jpg

ダーラナ大好き民族もの大好きブルー大好きなN子さんのことを思って
一瞬買いそうになりましたが、、コンディションを見て断念。
(Nのために、、良いドラマでしたね<関係ない)

P7210316.jpg

Rättvikレットヴィークの伝統柄の帽子。かぶる勇気はないけど、好きな柄。

P7210313.jpg

あっ、あんなところに小さな松カゴが、、、と思ったら売約済みだと。
開始5分で売約済みとは。。この会場にどうやらライバルが??笑

P7210321.jpg

細かいビーズが繊細なランプ。窓際にこういうシックなのを下げるのも
レディーな感じでお素敵ざます。

P7210319.jpg

珍しいTvåändsstickningの室内ばき。メンズのスニーカーソックスみたい。

P7210323.jpg
いつも覗く、フォークロア度満点のブース。民族衣装のパーツが素敵。

P7210318.jpg

カゴももちろん出てました。これは新しいカゴを作っておられる方。
正面から見る勇気がなくて、背後から敵情視察。(敵?)


ロッピスロッピスと言ってますが、ほとんどのロッピスは可愛いものよりも
古い子供服や子供のおもちゃ、どうみても家庭の不要品(捨てるレベルのものまで)
が大半を占めていて、可愛いものの比率なんて本当に低いんです。

P7210327.jpg

それでも今年のこの会場は目に余るほど質が落ちてて(この黄色い人形と
隣で水を飲んでいるワンコは買った)、いつも2時間ほどは滞在するのにこの日は
30分ほどでこの会場を後にしました。 さあ、次の屋外ロッピスに賭けるぞ〜

P7210342.jpg

しかし道中で屋外ロッピスの敵・雨が降り出して。。。頼むよ〜

次の場所に着いたらなんとか雨は上がっていたのでスイッチを入れなおしてGo!

P7210347.jpg

いいぞいいぞー

P7210349.jpg

馬シリーズ。

P7210350.jpg

ホウロウ攻め。

P7210352.jpg

プラスチック攻め。

P7210331.jpg

ティン缶攻め。

P7210368.jpg

ダーラヘスト攻め。

P7210357.jpg

ヨブス攻、、、と思ったのだけれど、ああなんという大きなシミ!
床置きしていたのでしょう、大きなパネルが全部下から15cmくらい水害に
あった跡がありました。良い柄なのに、残念〜

P7210376.jpg

ここではけっこう大きなものまで手に入れましたよ♪
ここ、1軒目よりはずっとよかったです。2軒まとめてようやく価値があった感じ。

久しぶりにレットヴィークの町中を歩いて見ました。

P7210378.jpg
P7210383.jpg

初めてスウェーデンへ旅行したときにもレットヴィークを歩いて
とても気に入ったのですが、その時にも見た町の歴史?を絵にしたもの。
三角の棒状の部分に絵が描かれていて、右から見たときと左から見たときで
違う絵が見えるようになっています。じんわりと好き。

P7210387.jpg

町の目抜き通りにあるアンティークショップ。

P7210394.jpg

以前よりもクラシック感が増しているような気がする。

P7210399.jpg

すぐ近くのカフェで焼きたてホカホカの大きなブッレを買い。

P7210405.jpg

別のパン屋さんでプリンセスバーケルセ(マジパンの中はスポンジと生クリーム)のカエル君たちに見つめられながら朝食用のパンを買い。

P7210401.jpg

あっ、これ素敵!レットヴィークの伝統柄を、こんな普段着に来てしまう感じ。
理想ですねえ。

P7210429.jpg

超久しぶりに寄ってみたレクサンドクネッケ工場。

P7210437.jpg

数年ぶりです。

P7210435.jpg

いつも食べているお気に入りのクネッケを箱買いでお得に☆

P7210442.jpg

この大きな大きな箱、先ほどの木箱にピッタリじゃないかしら?*^^*

P7210445.jpg

まだまだ帰りませんよー、続いては屋内のロッピスめぐりへ。


P7210461.jpg

ロッピスといえばこのぎゅうぎゅうのゴチャッと感がたまりません。

P7210494.jpg

昔の糸巻き。今なら民族衣装のリボンを巻いてみたいなあ。

P7210491.jpg
P7210496.jpg
P7210446.jpg

似たようなもの、持ってるじゃん、、、という気持ちはブレーキになるのか。
だ、、だめだってば。

P7210455.jpg

コテコテ民族コーナーもかなり心を揺さぶります。

P7210464.jpg

ロッピスの入り口にかかっていたワンピース。
派手だなあーって思ってたけど、よく見たら。

P7210470.jpg

ダーラナのモチーフのプリント!しかし私のダーラナ愛をもってしても
着こなすのは難しいと思われ。。。。

P7210475.jpg

Ottilia Adelborgのミュージアムでは巨大な絵織物で有名なスウェーデンの作家、
Helena Hernmarckの展示会が行われていましたよ。9月17日までやってます。


ということで、1日に収まったのが不思議なくらいたくさん回りました。
1日だけだったけど、満喫した夏休みでした〜。


スポンサーサイト
ノールビンドニングの本が、出ます!!
今日、夏が終わりました。
ええ、今日です。それはもう見事な変わりようで、、、
だんだんとじゃなくて、パシィーっと境目を引くように、気候が変わりました。
数日前から「あの白樺の葉っぱが黄色いのは、黄葉じゃなくて、水が足りない
だけだよね、、きっとそのはず、、」と見て見ないふりをしていたのですが、
夜じゅう雨が降って、今朝の気温は10度。お昼になっても11度。
最高気温は13度の予定。これが秋じゃなくて何なの。
ほとんどのスウェーデンの学校は8/20頃で夏休みが終わるのですが、ほんと
夏が終わるのがこの時期と知ってて決められてるというのがよくわかる。

そして、短くて美しいスウェーデンの夏をどこにも行かずに家の工事に捧げ、
夜は勤労学生のように眠気と戦いながらPCに向かった作業の結晶が・・・

本になります!

昨年末からさんざんプンプン匂わせておりましたが、ノールビンドニングの
ハウツー本が、グラフィック社さんから9月初に発売されます。
ノールビンドニングを初めてご紹介した2013年に、神戸で開かれたWSに
わざわざ札幌からご参加くださった編み物ヲタクマニアの北村系子さんと
2人で温めてきたノールビンドニング熱をぶつけた共著になっています。

表紙はこれ!!
じゃじゃーん。

0602_cover01.jpg

クリスマスの頃から東京〜札幌〜スウェーデンとメールで会議をし、年明けからは
黙々とサンプル作業に入り、そして夏の間はテキストの仕上げに頑張りました。
日本ならではのコマ送り写真で見せる作り方のステップやその都度の説明を、
私たち2人と一緒にすごい熱意でまとめて仕上げてくださった編集者さん、
そして膨大なステップ写真で糸を構えて見せてくださった北村さん、企画から
素敵なスタイリングまで、あらゆる面でサポートしてくださった札幌のpresseさん
雰囲気バッチリな写真を撮ってくださったカメラの方など、多くの方の手と
作業を経て、ようやくあと少しで1冊の本が生まれます。

初めての方にも作り目のところからじっくりと、さらにいつもWSなどでは
お教えできていないようなステッチ、どうやって出来てるのかと思うような
複雑な構造のミトンなどまで、経験者の方にも楽しんで頂けるような作りに
なっています。セーターなどの大物までありますので、ぜひお楽しみに!!

今年の秋も、おかげさまで帰国してワークショップ(以下WS)を行う予定に
なっています。10月末に大阪、そして関東では11月初の連休前後で日程を
調整中ですので、連休の旅の予定はまだ入れないで待っててくださいね♪
夏のお仕事
お盆休みになりましたね。
なんだか日本は毎年どんどん暑くなっているようなのは気のせいかしら。
子供の頃って、30度を超える日なんて8月に数日だけだったような
記憶があるのだけれど、、、
スウェーデンは8月になるとひゅるるる〜と気温が下がり、日中はなんとか
20度を超えるけれども、朝晩は13度〜17度という涼しさになりました。

さて、長い間(例によって汗)ブログを放置していた夏となりましたが、
今年の夏は去年に続いて、家の改修作業が大変でした。
切妻屋根の下の妻壁(スウェ語ではHusgavelと言いますが)の
片側を昨年やったので、今年は反対側をやってしまうのが課題でした。

P6220010.jpg

質の良いペンキならこんなことは起きないんですが、おそらく私たちの
前の住人が塗ったペンキ、20年ほどでこんなにハゲてきてしまっています。
手でペリペリと剥けるレベル(T_T)。これのせいで、パネル総取り替え、、、
は理想だけど大変なので、壁の上から板を貼り、新しく壁を作るのです。

去年は工事のせいで夏至祭も家から5分の小さな会場で済ませてしまったので、
今年も同じだったら寂しすぎるナア、、それとも夏至祭ナシかもと思われた
ところ、日本から可愛い母娘ペアがお客様で来られることになり、
夏至の日にダーラナをご案内出来ることになりました♪

と思ったら。

お客様を駅からお迎えして帰宅したら、、、、まさか。。。。

P6220008.jpg

足場が組んである。
何も今日スタートしなくても良いじゃないの(号泣)。
あらあら、板ももう剥がしかけちゃって、、

ということで、夏の辛〜いプロジェクトがスタートしました。

でも、去年やった反対側の妻壁は2階建の高さまで。
こんなのでした(写真は2階部分のみ完成した時点のもの)。
P6260031.jpg


それが今年は同じ高さまででも、下が地下の駐車場へのスロープになっているので
トータルすると3階分の高さでの作業になるのです。ひえええ
P7010008.jpg

この足場だってね、自分たちでえっちらおっちらと鉄骨を運び、
板を乗せるんですよ、お客さん。

P7060055.jpg

いやしかし、これは改修して当然だわ、という状態。仕方ありませんね。

P7060080.jpg

私はそんなところまで登らずに、専らペンキ塗り(これは干してるところ)。

P7060062.jpg

・・・だったはずなのですが! 怖いよ〜〜〜〜〜、おかあさーーん!

P7060071.jpg

まあ、可愛いキノコ、、じゃなくてスズメバチの巣!

P7060067.jpg

巣! 現役の巣! 怖いよ〜〜〜〜

P7060059.jpg

そして、アチい、、、。8月は涼しくとも、今年の7月は暑かったのです。
もし私が蚊だったら1秒で干上がって死んでたはず。
(まーしかしこの破風、ボロボロだわね、、、)

そして、トンテンカンの派手な作業は全部うちのス人がやるので、私はと
いえば地味なペンキ塗りか、「今から釘打つから、板の端を持ってて」と
言われて、大人しくじいいいーっと持っている作業とか。
大門未知子だったら「致しません」と速攻言えるような「誰でもエエ」作業が
ふんだんに割り振られていて、超つまんない。でも時間はどんどん過ぎていく。
このとき、私はだーーいじなお仕事の締め切りを抱えていたんですがねえ。涙

おまけにフルタイムで大工仕事(のお手伝い)をした後に、晩御飯を作るのは
誰?誰?  お願い、魔法使いさん。シンデレラをお城に送ってあげる前に、
私たちに晩御飯をください。あ、明日のぶんも作って欲しい。。。。

P7230375.jpg

なんで片方ずつ違う靴を履いているのかって?
作業が佳境を迎えた頃、オフの時間に子供らとサッカーをして自分で足を
踏んづけて足の指を折った、不運なスウェーデン人がいましてね、、、
仕事に関係ないところで怪我をする、典型的な例ですな。
足の指の両側にアイスの棒を添えてテーピングしていて普段の靴が履けないの笑

P7230373.jpg

でもゴールが見えてくると、嬉しい。
トンテンカンのあと、ペンキをさらに上からもう1度全部塗って、終了。

P7250397.jpg

ついでに、家の前にあった枝ぶりの悪い松の木を2本取っ払う。

P7300002.jpg

完成!ここまできっかり1ヶ月かかりました。
でもこんな工事を家族2人でするなんて、普通じゃ考えられないですよね?
日本ならありえないくらい「自分たちでやる作業の領域の広さ」が違いすぎる。
木を伐り倒すのもコミで。。。おかしい、、、この国の人たち。

昼間は大工仕事(もちろんここに昼ごはんとかfikaとかも入っている)、
そして晩御飯、片付け、お風呂、、のあとに、締め切りの迫ったお仕事を
PCに向かって黙々と。受験勉強以来じゃないかと思うくらい、夜遅くに
うつらうつらするまで机に向かう日々でした。しかし体はもう18歳ではないので
1時間くらいしか保たなくて、「ダメだ!」と諦めて寝る毎日。笑

なんとかして仕上げたお仕事の結果は、、、明日発表です!





Designed by aykm.