happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
収穫祭
P8070360.jpg

とうとう朝の気温がヒトケタになりました。
娘を学校へ車で送って行くルートは、朝もやで真っ白な川べりを毎回
これ本当に近くまで来たら見えるんだよね?と思いながら運転しています。
遠くから見るとあまり真っ白なもので、もやのなかに突入しても真っ白で
視界が無いんじゃないかと心配になるのですが、だいたい100m手前くらいに
なると透明になるので「ホッ、ちゃんと見える」と毎朝思ってます。

P8180058.jpg

ダーラナの県花、Blåklocka。ホタルブクロの仲間です。

さて昨年放映されました旅チャンネル「大人のヨーロッパ街歩き」ダーラナ編が
再放送されています!!なんと9/11より10/1まで17回も再放送して頂く予定
ですので、ヒロコがご案内するダーラナの美しい風景を、白石美帆さんと共に
何度でも味わって下さいね〜☆ あと数回放送されますので、まだの方は是非!
http://www.tabichan.jp/overseas/otona_europe/134
明日からの予定は以下の通りです。BS日テレでご覧下さいませ!

9/21(水)15:00〜16:00
9/21(水)23:00〜24:00
9/24(土)17:00〜18:00
9/24(土)24:00〜25:00
9/25(日)07:00〜08:00
10/1(土)21:00〜22:00

昨秋に見逃した方も、もう見た方も、録画まだの方も是非この機会に☆


P8070362.jpg

この夏はお客様のガイドも何度かお受けして、ご案内しつつ自分も
結局あれこれ買っちゃってるので(笑)、色々集まりましたよ〜
お天気の良い日に庭に運び出して並べてみました。
この夏のお買い物の総決算、ここにお見せいたします♪


じゃんんっっ☆


P8070366.jpg

ひと夏でこんなになりました。。。。


近寄って見てみましょう。



P8070367.jpg


ヨブスの「バラと苧環」のパネルを背景に鋳物のキャンドルスタンドやミニ花瓶、
チーク材のソルト&ペッパー、古い茶こし。
左の黄色いのは屋外大ロッピス会場でサンタさんなんかがごちゃごちゃしてた
小箱から探して来たユールボック(クリスマスの藁の山羊)型キャンドルホルダー。

P8070368.jpg

魔女の帽子のようなフォルムが印象的なのはロウソク消し。
ふっと息を吹くかわりにロウソクにこれをかぶせて消火するのです。

P8070369.jpg

ラタンやパインのカゴの中にはクロスたちが。
ヨブスのものが中心となっています。

P8070370.jpg

白樺の小物たち。
今もうwebショップ<happy sweden>に出ていますね♪


P8070373.jpg

この夏はパインのかご、Spånkorgスポーンコリィが沢山集まりました。

P7130176.jpg

意外に気に入ってるのがこちら。
半分ずつ蓋が両方から開く形のピクニックバスケットタイプなのですが、
少し変わっているのがわかりますか?

P7130185.jpg

底にレザーのトリミングがあるのです!
おそらく角に穴があいたりしてしまって補修をしたのだと思われますが、
こんなふうにレザーで囲んでいるのは初めて見ました。
なんだか逆にすごく格好いい!

P8070376.jpg

かご&レース。大人の中の女子ゴコロがくすぐられます。

P8070374.jpg

これもティーストレーナー(茶こし)です。どんぐり3兄弟。


P8070375.jpg

今でも各地のヘムスロイド(手工芸店)で売られている、民族衣装の彼女たち。
ヴィンテージの彼女たちの髪の毛は少しずつ素材が現行品とは違うのです。

P9200003.jpg

私の手持ちのドールたち、おそらく左から古い順。
一番右は現行品です。大好きなレットヴィークの民族衣装が、なかなか
ヴィンテージでは見つからなくて我慢出来ずに買ったのでした。

P9200005.jpg

一番古いものは髪の毛はリネン(亜麻)で作られています。
まさに亜麻色の髪の乙女、です。
黄色い頭は細番手のコットン。現行品に至っては凧糸みたいな太い糸です。
私はリネンタイプが好き〜

今回見つけた2体はいずれもリネン髪で、おまけに私の愛するDelsbo地方の
民族衣装(写真左)のお人形もあったのでとても嬉しい。

P8070385.jpg

お皿類も少し買えましたよ。





しかし何よりも今回のイチバンの掘り出し物はこちら。


P8070382.jpg

ヨブスの布の中で、一度も本物を見たことが無かった柄のクロスです。
今年の春にペーパーナプキンでWebショップ<happy sweden>でご紹介した時に
こんな柄もあったのか、と初めて知った「Bellona」という柄。
これが、ロッピス価格で手に入ったのです。布の端が5cmほどチラと見えた瞬間に
居並ぶライバルたちを押し分けて思わず手を伸ばしてつかみ取りました^^Y
ペーパーナプキンで柄を予習(?)しておいて良かった〜〜〜
コンディションも完璧で、泣きそう〜〜



と、この夏も大満足のヒロコでございました。


P6250014_201609201506478b7.jpg

ちょっと買い過ぎちゃうのん?

(最近ご無沙汰のアキコちゃん。この写真は夏の間に撮ったものです。
この背景に見えている小花ちゃんたちも今は全部いなくなっちゃってます)



今年の夏のお客様はとてもおねだり上手なお客様方で(笑)、部屋を見回して
「あれは?あれも売り物ですか?」とお尋ねくださるので私も「売り物じゃ
なかったですけどお売り出来ますよ〜♪」と対応させて頂きました。
同様に、私のお買い物はいつも私物と商品の境界線がほとんどない状態、
とにかく買ってから帰って考えるという感じ^^ですので、
写真をご覧になって「あの、アソコに見えてるあれが欲しい」と思われた方は
どうぞお気軽にお問い合わせくださいね♪



スポンサーサイト
ダーラナご案内(4)
P8230277.jpg
すっかり秋晴れのスウェーデンです。
写真はナナカマドの実。この実が真っ赤だと、とか、沢山成るとその年の
冬は寒いものになると言われていますが、かなりたわわに生ってます。
どっちにしても9月中旬ですでに18度とかまでしか上がらないのですから
冬は寒いに決まってるのですよね。。。

私のほうはインフルエンザの余韻も薄らいできて、あとは声が戻るのを待つのみ。
ようやく椿鬼奴並みの美声にはなりました^^
これなら秋のワークショップはまた爆トーク☆可能だわっ♪

IMG_3839_2016091418371813d.jpg

さて、お客様とさよ〜うなら〜〜と分かれたテルベリーですが、実は
追加がありました。なんと、初日に滞在してくださった2人組さんが
「一緒にダーラナまわりましょう♪」とお声をかけてくださって、
ダーラナでの最終日を再びご一緒出来ることになったのです。

朝にホテルまでお迎えに上がると、、、

IMG_3813_20160914183717e01.jpg

おっ。

IMG_3815_201609141837170e9.jpg

あらまあー。

オシャレじゃないですか。

IMG_3820_2016091418371952c.jpg

高台にあるので、景色もばつぐん。
ホテルの外観は昔ながらの赤い木造の家のように建てられているのですが、
内部はとてもモダンで素敵でした〜 
ちなみにこのホテルはVilla Långbersというところ♪


2日ぶりに会ったお二人のご希望のエリアは、、、レットヴィーク笑
みなさんご希望のエリアが似ているので、こういうこともありますよね^^
ということで私は2日連続のレットヴィークに。。。あはは。

IMG_3844_20160914183755de5.jpg

小さな道を辿ります。かわいい看板には針ネズミちゃんが。


シリヤン湖の水際を車を走らせていると、さあっと湖が目の前に開けた場所
があり、思わず車を停めて水辺まで降りてみます。

IMG_3860_20160914183756f1f.jpg

目の前のコテージにお住まいの方が、のんびりまったりしながら
水浴びをしているところでした。「気持ちいいわよ、あなたたちも泳がないの?」
とゆうゆうと湖に泳ぎ出す彼女はいかにも自由でおおらかで、思わずこちらも
泳ぎたくなりましたよ。泳ぎませんでしたけど^^ だって水温は20度。


レットヴィークに入ると、、、おや?
昨日終わりかけのアンティーク市を見つけた全く同じ場所で、今日は
「ガレージセール」と名前を変えて、またなにかやってます。行くべし!
こうしてちょこちょこ止まれるのは車の旅ならでは、ですね♪

IMG_3870_20160914183828940.jpg

あらまあ。昨日と同じ場所に同じ人たちが出してます。
昨日のはアンティーク市、今日のはガレージセール。何が違うんだろ。
確かに商品が少し変わってましたが、補充されたりしてる感じかな〜??

IMG_3866_2016091418375858d.jpg

あああああ、そそそそのカゴはどこで買われたんですか?素敵じゃないですか!
思わずスイッチが入ります。

IMG_3869_20160914183800771.jpg

可愛い布をがんばってかきわけます。

IMG_3868_20160914183759bf4.jpg

あるあるあるあるーーー! ヨブスの布だってありますよ♪

「ちょっとだけ見ようね」だったのが爆買いになり、苦笑い。
少し落ち着いたら駅前のパン屋さんでフィーカのパンを買いましょう。
袋がカワユス。

IMG_3880.jpg

このままレットヴィークの駅の反対側、湖側へ出ます。

IMG_3904_20160914183834f45.jpg

駅の反対側にあるのはレットヴィーク名物の桟橋です。

IMG_3895_201609141838311a2.jpg

前日に引き続き、桟橋をマッタリ歩きます。歩きながら、フィーカ♪

IMG_3902_201609141838326a0.jpg

わっ☆
これは前日は気がつかなかった!「歩道」の標識のところに注目です!
普通は青地に白くパパと子供が歩いているモチーフなのですが、その
パパがレットヴィーク模様のセーター、子供が帽子をかぶってます。ナイス!

ここから少し南へ戻って、電車の時間ギリギリまでロッピスを攻めます。

・・・と思ったら、トラブル発生!
電車の乗車駅を一つずらしてロッピスを見に行ったのですが、なんと
乗るはずの電車が夏休み期間中だけこの最寄り駅に停まらないことが発覚!
ピンチ(死語)です!! もう1本前の電車に乗らねば!
いっきに余裕がなくなってダッシュ!そして車掌さんと交渉!涙の別れ!
、、の時間はもちろん無く、大慌てで去り行く電車に手を振るワタシ。
いやあ、予約していた電車の乗車駅は変更するものじゃないですね汗

はふ〜〜〜。
お見送りが終わって気持ちが落ち着くと、自由時間のスタートです(ニヤ)。

IMG_3939_20160914183944e3c.jpg

旅行で来てる方はなかなか買いにくい、ヨブスのパネル♪
地の利を生かして買わせて頂きました^^

IMG_3947_20160914183945a1c.jpg

「LOPPIS」の看板でフラリと寄った小屋には宝物がいっぱい!

IMG_3942_20160914183943b86.jpg

きゃー。

IMG_3945_20160914183944714.jpg

このクッション、我慢出来ずにゲットです。

IMG_3976_2016091418401185a.jpg

ヨブスに寄り。もう1軒も寄り。

IMG_3990_2016091418401404f.jpg

ヘムスロイドにも寄り。


1人ショッピングを済ませたあとは、レクサンドの友人たちとフィーカ。
ワタシ的には打ち上げかな?笑

橋のたもとにあるワッフルの美味しいカフェで☆

IMG_3998_20160914184014017.jpg

もう〜、ワッフルにするって言ってるのにい〜〜〜
レジのところで誘惑をする焼き菓子ちゃんたち。

IMG_4004_201609141841130f4.jpg

ホッ。良かった、初志貫徹して。とっても美味しかったです♪


帰りの車は、、、、エラいことになってました。

P7240255_20160914184114096.jpg


ははは。。。毎年、夏の風物詩ですね^^


ダーラナご案内(3)
「続きます」、と書いたまま、日が経ちました。
先週末にストックホルムへとんぼ返りの旅をしており、戻って来てから続きを
書くつもりだったのですが、なんと帰宅してみたら体調がどうもすぐれない。
早めに就寝したのですが、悪霊に取り憑かれたかと思うほどの高熱と全身痛で
それはそれは見事なインフルエンザにやられておりました。寝たきりで動けず、
咳のあまり木曜からは声も出なくなり、「ワタシ人魚姫みたい、、」(違、、)
でもようやくPCの前に座れるようになりました。はあ。しんどかった。

さて、「続き」です。笑

お客様の2日目は、憧れのダーラフローダの旅からスタート。
シリアン湖の西側に位置するこの小さな真珠のような村までは鉄道が通って
いないため、車で移動するのが一番なのです。

IMG_3651_2016090615540811e.jpg

お天気も最高で、晴れ渡った青い空に赤い橋、白い教会が映えて。

IMG_3608_20160906155410d63.jpg

フローダのヘムスロイド(手工芸店)では、伝統のウール刺繍の素晴らしい
クオリティにクラクラしながらも、皆さん刺繍のキットや木工等をじっくり
眺めたり、見事な刺繍の施されたミトンを見せてもらったり。

P8040139.jpg

あ!
ダーラフローダの民族衣装の本が出ています!!
昨夏にフローダで刺繍の講習があったときに、写真集でも何でもいいから
フローダの民族衣装の本が出ませんか?とお尋ねしていたときには、そのような
話はなかったので諦めていたのですが。嬉しいサプライズです。

IMG_3626.jpg

手工芸店を見た後は、大好きなダーラナの毛糸工場へ。
皆さんでお店の人がびっくりするくらい毛糸を買い込みましたよ^^d

IMG_3674_201609061554132d0.jpg

さて、綺麗なモノを沢山見た後は、昨夏の刺繍の講習を受けてた懐かしい宿へ
ランチを食べに行きましょう。

IMG_3676_2016090615541200a.jpg

今日のランチはラム肉のスパイシーソーセージ。ハーブとスパイスのぴりっと
利いた、大人のソーセージでございました。美味。

IMG_3686_2016090615543523a.jpg

訪問時、ちょうどこの夏の展示会ということで出展されていたのが
「3人の男たちによるニット」
なんと去年ここのコースで出会った2人のニット男子と、さらにその前に
2014年の毛糸だま夏号の「編物男子」でインタビューさせてもらった方と、
3人とも私のお会いしたことのある方々ばかりでした。

IMG_3693.jpg

懐かしい講習の教室が展示会場となっていました。

IMG_3691.jpg


男性ってひょっとして女性よりも編物に向くんじゃないかしらと思えるほど
繊細で丁寧な編み目。いやきっとこれは性別関係なくて人間の性格ですね。

さて綺麗なモノも見てお腹も一杯になったら、レットヴィークへ向かいます。

IMG_3707.jpg

スウェーデン国中で20軒ほどあるというヘムスロイドのブティックのうち
ダーラナには8軒もあるので廻るのが大変です^^ 嬉しい悲鳴。
いずれも独自の品揃えをしているので、たとえ近くの町のブティックでも
品揃えが異なるので、出来れば見て行かれるのがオススメです☆

IMG_3706_201609061555314e5.jpg

レットヴィークの有名な編み柄の2タイプ。ミトンが有名ですが、他にも
帽子やセーターにしたアイテムがあり、ブティックではキット等も置いて
います。あっ、この写真のアイテムは爪楊枝で編んだかと思えるほどの
ミニミニサイズですのでご注意を^^

IMG_3731.jpg

終わりかけのロッピスを見つけて、皆で駆け抜けるようにお買い物。笑

IMG_3770_20160906155715e6a.jpg

レットヴィーク湖畔の長い桟橋。

IMG_3750_20160906155602f3e.jpg

この日はレットヴィークの古民家資料館の敷地内でフィーカです。

IMG_3748_201609061556010ed.jpg

ダーラナでは、家そのものに色を塗り絵を描いて装飾するという伝統があり
古い建物の内装は外からは想像出来ないほどの豊かなものでした。

IMG_3744_20160906155559b74.jpg

天井にも彩色がされています。ヒンメリも飾られて。

IMG_3743_201609061555589aa.jpg

夕方になってからレットヴィークを後にして、テルベリーへ向かいます。

IMG_3778_20160906155718796.jpg

パイン材(spånスポーン)を用いたカゴのアトリエ兼ブティックへ。
ここでは木工もさることながら羊皮なども取り扱っていて、さんざんお買い物
したはずの皆さんの目に再び炎が宿ります。笑

IMG_3772_20160906155717fef.jpg

私の大好きな、リュック型のコント。こういう風に新しいコントでも、こうして
レザーを取り付けると渋くて格好いいですね!

IMG_3790_2016090615572073f.jpg


と、テルベリーまでご案内したところで、お客様とはお別れ。
2日間、寝食を共にした戦友、、とまでは行きませんが、数ある戦場(お店)を
一緒に戦い抜いて(?)数々の戦利品を勝ち取り(?)ずうっとご一緒させて
頂いて心から楽しかったので、本当にお名残惜しかったです。
お送りしたホテルの駐車場で皆でさよならのハグ、ハグ、ハグ、でした。
また次のダーラナの旅でも会いましょうと言って、お別れをしました。
その前に、秋に日本で会えますように☆










Designed by aykm.