happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
今年の夏至祭に暗雲が立ちこめている件

P6170197.jpg
6月に入り、早くも子供たちは夏休みに突入しています。
スウェーデンの学校は秋学期(8〜12月)春学期(1〜6月)の2期制なのですが
それにしても6/10〜8/21が夏休みって!!長くないですか!!?
日本の42日間の夏休みが短く思えます。。。
日本でも夏休みには世のお母さんたちは「はあ、、早く学校始まらないかしら」
と思うものですが、それ、もっと痛切にこの北の国で思ってます笑。

P6130099.jpg

夏休みに入ると、それまでチラホラと咲き始めていた夏の花たちが、
まるで笹野高史が花咲か爺さんがスウェーデンに来たかのように
一斉に咲き揃います。本当にヨブスの布に出て来るような野の花です。

そして、夏の一大イベントといえば!もちろん夏至祭ですよねー☆
夏至祭のお祭りは、夏至の日に一番近い金曜日。今年は24日です。

ところが、今週の天気予報。

weather.jpg


あのさー。。。。なんで24日だけ雨かなあ?

でも「夏至祭のお天気(midsommarväder)」といえば雨のことを指すほどに
夏至祭って本当にお天気安定しないんですよね、、、

しかし今年は私の夏至祭を阻むものはお天気だけではないのだ。

数年前からやらなきゃやらなきゃと我が家の悩みのタネであった、家の外壁工事。
それを、なんで重い腰を上げて始めるのが17日なワケ?>オットよ。
「大丈夫、夏至祭までに終わるってば」終わるワケないでしょーが。
シロウトの私にだって間に合わんことくらいわかりますよ。
それが、雨天順延で本日よりスタート。夏至祭、絶対、ガッツリ無理。
っがーん。。。

P6200222.jpg

恨めしい〜〜〜〜い思いをしながら、手は黙々とペンキを塗っておりました。
シロウトの読みの浅はかさから、日程は確実に押しまくるはず。
(今日一日で、早くも「今日やるはずの作業が終わってないよ〜涙」と、
シロウトに毛が生えた程度のオットが呟いている。当たり前だ)

P6160188.jpg

大人がひーふー言いながら作業をしている傍ら、姫は涼しい顔で
優雅な午後の読書のひととき。。。。

ということで、ひょっとしたら今年は夏至祭レポ無し??という、恐怖の予感。
だって、明日から『お手伝い』ということで、職場の同僚やら親戚のオッチャン
やらが来てくれるんだもん。泊まりがけで、、、
私、ペンキ塗りもしながらFikaやゴハンなんかも提供しなきゃいけないワケで。
歌って踊れる、より難しいわー(??)

いずれにせよ、24日〜25日が夏至祭に当たっている、ということで、今月の
<happy sweden>の商品アップは6/30(ひょっとしたら7/1)に延期させて
いただきますm(_ _)m
その代わり、と言っては何ですが、昨年も開催してご好評を頂いていた
『ヴィンテージヨブス特集』をまた開催致します!お楽しみに!!

P6200214.jpg

我が家から一番近い夏至祭会場。あと4日で夏至祭だというのに、1年前に起てた
ポールがそのまま飾られています。枯葉になった白樺の飾りをまとった夏至祭の
ポールを1年中立てたままにしているのがダーラナ流。
今までは下調べをしていろんなところに夏至祭を観に出掛けていましたが、
今年はこういう近場になるやもしれませぬ。。。。無いよりマシよねー涙







スポンサーサイト
Designed by aykm.