FC2ブログ

happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
夏合宿その3(後半) レクサンド、からのダーラフローダ
レクサンドで嬉し恥ずかし民族衣装体験をさせていただいて、美味しい
ケーキまで食べて身も心もシアワセオーラに包まれた私とAさん。

この後も大好きな民族調のアンティークショップを巡って目の保養をし。

IMG_4245.jpg
IMG_4247.jpg
IMG_4249.jpg
IMG_4251.jpg
IMG_4253.jpg
IMG_4254.jpg

大好きすぎます、このお店。

しかし旅の恥はかきすて、、、(いや私は住んでるんだけど)とばかりに
民族衣装を着せてもらって、ヘンな度胸だけついてしまったようで、
この勢いでついにスウェーデンの民族衣装の最高峰(だと私(達)が思って
いる)聖地・ダーラフローダへ、乗り込みました!

IMG_2426.jpg

この赤いのは、右奥に見える橋を模した子供の遊具施設です^^



実はダーラフローダ訪問は今回の旅の超・大目玉のひとつ。
毎年夏にダーラフローダで行われる、独特のウール刺繍・ポーソム(勝手に
「モリモリ刺繍」と呼んでますが)のコースが3泊で行われるのです!

IMG_4391.jpg

縫う、編むなどのテキスタイル手芸を網羅されたお客さまのAさんが
特に刺繍を熱心に(おまけにプロ級なのです)されていることから、
私が今までにフローダのモリモリ刺繍をこのブログでご紹介する度に
いつかは習いたいと、このコースへの参加を熱望されておられました。
Aさんは速攻でお申し込みされたのですが、そのお申し込みのお手伝いを
した私メが、後から通訳&ガイドとしてお伴することになったのです。
私は刺繍ニンゲンではないので、ちょっと腰が引けましたが、大好きな
ポーソムを間近で見られること、ポーソム界の重鎮アンナ・カーリンさん
の講習にもとても惹かれたので、有り難くお話をお受けしたのです。

しかーし!
フローダまで行っておいて、刺繍習うだけで帰っちゃっていいの?

いや、やるなら今でしょ!ということで、ここでもまた願望を
ぶつけちゃいました☆

なんと、、、



『憧れの、フローダの民族衣装を着る』!!  です!!


8月に入り、週末(金〜日)しか開店しないというフローダのヘムスロイドへ問い合わせしてお願いをして、水曜日だというのに衣装をご用意頂き、スタッフさんにはお店に出て頂きました。ひえ〜
まったくワタシってば、なんてひどい交渉をしてるんでしょう。オニだな。


IMG_4258.jpg

フローダのヘムスロイド(手工芸店)さん。

ノックして入れてもらうと、、、



IMG_4260.jpg

うわあああああ、、、 色の洪水です。

これを今日は身に付けることが出来るなんて!

240.jpg

早速Aさんから着付け開始。
フローダのスカーフは真四角を三角に折ったものではなくて、最初から
三角に切られているタイプ。上着を着ると少ししか見えない部分も
キッチリ着付けをしてくださいます。
スリムなAさんは、おそらく10代の少女くらいのサイズをキリッと。

292.jpgIMG_4272.jpg

で、ワタシはこの着付けをしてくださってる方の衣装をお借りすることに
なったワケですが、お借り出来るのは嬉しいのですが、私はこの方より
身長が15cmほど低いんですよね。。。。だいじょぶか?

292.jpg

じゃんっ。

向かって右、Aさんの衣装はキリッとピッタリ☆
上着は、胸のところまでだけで良くて、中のベストが見えてても正解。
左の私は、ジャケットが見るからにブッカブカです。仕方ありません。

IMG_4287.jpg

さあ、外に出て写真撮影の開始です。

IMG_4298.jpg

ん〜〜〜〜〜♪
上着が大きくたってなんのその。夢が叶いました。憧れのフローダ衣装。

IMG_4366.jpg

無理を言ってAさんと上着を替えっこしてもらいました。
(こちらはコンパクトすぎて私にはキツかったんですケド^^)


ここでもきっとヘムスロイドのスタッフさんが「いつまで写真
撮ってるんだろう、、」と呆れておられたと思いますが、とにかく
思い残すことのないくらい、写真を撮りました。
そして、たくさんたくさんお礼を言って、お店を出ました。

午前にレクサンドで衣装を着て、午後にフローダでまた衣装を着る。
なんてゼイタクな、濃い1日なんでしょう。
さあ、今から刺繍コースへ向かいます。


IMG_4406.jpg

コースは翌朝からだったのですが、前泊して備えます。
開催地はフローダきってのホテル、ダーラフローダ・ヴェーズヒュース。
この日は庭の砂利に枯山水のような模様が描かれていました。

IMG_4411.jpg

7月にもランチだけに訪れましたが、どこを切り取っても絵になります。

IMG_4429.jpg

早く着いたのをいいことに、他の人が泊まる予定のお部屋まで
見せて頂きました。

IMG_4416.jpg

この部屋は、いわばスウィート。なのだそう。

IMG_4435.jpg

私たちが泊まったのは、ダーラナらしい農家風の2段ベッドが印象的な
部屋番号①。ムンカベルテの織りのカーテンと、サイズの小さなベッドが
雰囲気を抜群に演出してくれています。

IMG_4453.jpg


ここに、後日参加のNさんに見せようと途中のロッピスで借りて来た
フローダの衣装を掛けると、、まるでタイムスリップしたよう。
ここで眠って、起きたらこの衣装を着る、なんていう人になれた気分。

さあ、翌日から正真正銘の『合宿』がスタートします。



スポンサーサイト
夏合宿その3(前半) レクサンド
さて、皆さん! 11/10のBS日テレの「大人のヨーロッパ街歩き」、
観て頂けましたか?いやあ〜、とうとう出ちゃいましたね、ワタシ。笑

1438767463327.jpg





チラッと映るどころか、1時間出ずっぱりだったヒロコを
日本の皆様には堪能して頂けたと思います(違、、、)。
お天気にも恵まれて、ダーラナがキラキラ輝いてる瞬間を見て頂けたと
思ってます☆ 私も後日、DVDで楽しみます♪


さて、日本から戻って来たスウェーデンはもう初冬の趣です。
日中の最高気温が5℃を超えなくなりました。

日本のニュースで「大雪山の紅葉が見ごろ」などという記事を見かけると、
我が家の周りは大雪山並みに寒いのか、、、?と思ってしまいます。
(まだ雪が降ってない分、こっちのが温かいはず、、よね?←自信ない)

しかし🍁モミジ🍁が少ないスウェーデンでは、紅く色づく葉っぱがあまり
ないので、なんとなく山が黄色いんですよね。
今回の帰国で、北海道で紅葉を見るのがとても楽しみでした*^^*
その年の夏が暑いと紅い葉っぱが多くなるのだそうです。今年は
紅い葉っぱが少なめだった気がしたのは、夏が短かったからかも〜
でも、スウェーデンに帰って来たら黄色どころか広葉樹の葉っぱは全て
落葉しておりました、、、もう冬は目の前です。

IMG_0081.jpg

写真は、初雪、、、、ではなくて(笑)帰国したら、い〜いタイミングで
始まった、我が家の犬(アメリカンアキタ)の毛抜けシーズンの
ブラッシング後の庭です!この量が毎日抜けるので、もう大変T_T


さて、実はまだまだ続きがあったAさんとの夏合宿レポの続きです。
なんたって合宿は2週間だったのですから、、!



先日レクサンドへ行ったばかりなのに、またレクサンドへ行きました。
それは、、、

なんと、、、

IMG_4167.jpg


なんとですね、レクサンドヘムスロイドさんで私たちの民族衣装への熱い
想いを語った結果、コスプレ、いえ試着させてもらえることに
なったのです。

この直前に訪れていた「大人のヨーロッパ街歩き」の取材では
白石美帆さんにレクサンドの民族衣装を着てもらっていたのですが、
そのときは白石さんだけで私は着用せず。実は番組ディレクターに
「私も着ましょうか?なーんつって」と内心イソイソと尋ねたのですが、

「いえ、白石さんだけで、、」

即答にて撃沈。村のおばさん役でも何でも良かったのに、、、笑

でもそのときに仲良くなったスタッフさんが「今度また来たらいいから」
と言って下さったのを良いことに、お言葉に甘えさせて頂きました!

IMG_3516.jpg

ずらーっと民族衣装の並ぶヘムスロイドの2階の奥の部屋で、
スタッフさんに着付けをして頂きました。

(うううう、今まではとてもじゃないわ、、、という感じで自分の顔を
ブログに晒すことは控えていたのですが、テレビに出たあとで今さら
隠すのもミョーなので、お目汚しごめんくださいませ〜m(_ _)m )

IMG_4036.jpg



いつも見ているだけだった民族衣装のパーツがあれやこれやと自分に
取り付けられて行くのを見る、シアワセ〜〜〜〜♪

そしてそして。試着? だけで済むワケがありません。

「これ、試着したあとちょっとそこまで出てもいいですか?」
と厚かましく衣装のまま外出していいかをオネガイしてみました。
だって、緑をバックに写真が撮りたいじゃないですか。

こういうところは優しくて融通の利くスウェーデンの人たち、すんなり
OKをもらって、近隣の人の驚愕の表情を横目に町を歩きました笑。

さあ、出ますよっ

IMG_4193.jpg


おおお、夏至祭でもなんでもないのに民族衣装を着て現代の街を闊歩する、
それも東洋人。 そりゃあ珍しいなんてものじゃないでしょう。

IMG_4166.jpg

もちろん合宿仲間のAさんと、2人でつるんでます♪
民族衣装がお似合いです!!
IMG_4173.jpg

いろんなパーツもじっくり。カフスのところの激コマ刺繍と、
全てを手作業で寄せた激コマプリーツに注目。

IMG_4179.jpg

IMG_4183.jpg

花柄のスカーフも、ふんわりした小花が散らばったものもいいけれど
豪華に咲き乱れた版もいいですねえっっ

IMG_4204.jpg

緑をバックに、もいいけれど、ヘムスロイド前でもパチリ。

         <念のためお断り>
この民族衣装ですが、まるで京都の「舞子さん体験」のように
こういう「民族衣装を着る体験」というのをヘムスロイドがやっていると
いうワケではありませんので、ご了承くださいませ〜m(_ _)m



衣装体験が終わったらちょうどお昼どき。
IMG_4219.jpg

レクサンドでランチやお茶といえば、シリアンコンディトリーか、ここの
Gårds café ゴーズカフェ。ランチに、、と思ったのに、美味しそうな
ケーキを見つけてしまったので、スイーツランチと相成りました。

IMG_4225.jpg

手前はキャラメルで絡めたアーモンドの乗ったブッレ、中央は
ブルーベリーのタルト。
一番奥はAさん大好物のペカンナッツのパイでした。
ランチじゃなくてガッツリFikaじゃん。。。。

しかしまだここでお昼。この日はまだまだ後半へ続きます。。。
それはまた後日!


郷土愛
IMG_9859.jpg
10月のWS(ワークショップ)帰国を終えて、再びスウェーデンの
森の中の自宅に戻って参りました。
1週間目は時差のおかげで超・早寝早起き(9時寝3時起き)という生活
でしたが、ようやくペースが落ち着いて来ました。
ちゃんとがっつり寝てサッと起きて学校へ行く姫を見送りながら、時差も
筋肉痛と同じで、若い方がすぐに抜けるんだなあと実感、、、ガクッ。

IMG_9888.jpg

この週末には姫の誕生会 in Sweden(帰国前日にin Japanも開催)をやり
10人のちびっこガールズが大集合、それに加えて義父母も来訪して
大にぎわい(大疲れ、、、)でありました^^
それでもケーキは意地で自作しました(簡単ですが)。姫ご希望のピンク。

IMG_9895.jpg




1438767463327.jpg


それにしても、、、出ちゃいましたね。テレビ。
昨日放送のあった、「大人のヨーロッパ街歩き」という素敵な番組で
現地在住の日本人として、私の愛するダーラナをご案内するという
夢のようなお話を頂いたのでございました。

沢山の方から、「見たよー」「良かった!」というメールを頂戴して
嬉しい限りです。ありがとうございます。

『あれを見て、ダーラナに行きたくなった』と仰ってくださった方。
「私にはディズ○ーランドよりも夢の世界です」とメールくれた方。
すべてのお言葉に、そうでしょそうでしょと頷きながら、メッセージを
わくわくしながら拝見しています。
番組を見逃した方、もう一度見たいと言う方、こんどは録画を!という
方、是非2週間後の11/24(火)19時からの再放送をご覧下さい。


撮影があったのは8月初だったのですが、このブログでも言いたくても
言いたくても言えない〜という状態(手に口を当てて足ジタバタ状態)で、
それに続いて夏にご案内したお客さまも同様のコースを辿ったりしたもの
ですから、それも書けず、という中途半端感じで失礼致しました。
でも、番組が公開された今となっては、もう解禁です!
何でも(何でも?)書きますよー
今日からは心を入れ替えて(すでに何度も入れ替えてる)このブログから
番組にまつわるあれこれや、それに繋がる夏の旅の続きをアップする
予定です(くれぐれも「予定」です)。
お楽しみに!

Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。