happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
今年も
頭ゴッチンのブログをご覧になった方々から暖かいお言葉を多数頂戴しまして、
ありがとうございます&ご心配おかけしてすみませんでした。恐縮です。
すっかりピンピンしておりますゆえご安心くださいませm(_ _);m

さて、本日世の中はすっかりオリンピックとヴァレンタインの日でしたが
ワタクシはアップしそびれていた古いネタで失礼いたします。

古いネタとは、、、、

はい、今年もやりました、「豆まき」!

以前大豆が見つからず、緑豆を投げたことさえある(笑)我が家の
豆まきですが、この『お面を付けて』『豆を投げる』っていう
ワクワク感が好きで(私が、です)毎年絶対やりたい行事の一つ。
このネタを毎年楽しみにしてくれているna-ちゃんのためにもアップ。笑

いつもは大鬼さんが来るのですが、今年は「やる」と宣言があり、
小オニからスタートとなりました。

DSC01195_201402150643315a6.jpg





















おお、なかなかいい演技で始まりましたよ?

DSC01205.jpg















と思ったら
この小オニはなんと
投げられる豆を
キャッチしようと
しています。

DSC01202.jpg



















豆を集めて反撃だったのか!




DSC01210.jpg

















はい、大鬼さんにバトンタッチです。
往年の名選手はどんな演技を見せてくれるのでしょう。


DSC01211_20140215064336a53.jpg



















おお〜♪ 素晴らしい! さすがに名人は登場が小気味好くてイイね。


DSC01214.jpg


















「がお〜」なポーズも、もはやいぶし銀の風格。

DSC01213.jpg




















出ました、名人芸の真骨頂!この「ヤラレター」のポーズはどの角度から見てもスバラシイ。


DSC01224_20140215064303d9d.jpg


















ふむふむ。
レッスンを終えて再び自分がやると宣言した小オニ。
何か学んだか。


DSC01227.jpg

















おお!

名人芸を早くも受け継いでおる!!










・・・などというおバカファミリーの休日でございました。わりと楽しい。
というか、こうして写真見るとかなり楽しい^^

DSC01258.jpg

























恒例の、怖くない「ガオー」by小オニ ^艸^

ようやくお面の穴のところから目が見えるようになりました。
去年まではまだ両目が穴から見える間隔じゃなかったのにね!



オマケ↓
















DSC01259_20140215072713043.jpg

















「泣ぐゴはいねがーー
 ーーーーっ」
  by小オニ 
(なまはげバージョン)







スポンサーサイト
エラいこと
最初にお詫び申し上げますが、今回、長いです。写真ないです。


12月25日のサイトアップをお休みしていたので、1月の25日に向けて、
「テーマは何にしようかな〜」と考える時間が結構あったワケですが、
いざ明けてみるとショボ、、、いえ、ささやかな品数のアップになって
しまったのには理由がありました。


前回のブログで書いていた、姫のスケート教室。
教室のお時間の他に、自由に滑っていいフリーの時間というのがあり、
そこでは親も一緒に滑っていいのです。
私がスケートしたのなんて神戸のリンクで何十年前よ?ってくらい
だったのですが、じっと座って見てるのも寒いし、近くで見たいし、
写真も撮りたいしーーーということでリンクに入りました。
利用がタダだと言うので、欲が出たのかもしれません。
まあ娘を見ながら、オットが指導している横に一緒に居ただけで
マジ滑りする気はなかったので、尻もちくらいはつくかもなあー、くらいの
甘い気持ちで(そうです、ノーヘルだったのです。良い子はマネしないでね)
氷の上に立っておりましたら。

「うわーん、止まれないよ〜」と10歳くらいの女の子がこちらへ
ふらふらと滑って来ます。私だって止まる技術は持ち合わせていません。
こっちも一応娘に付いて行くべく軽く滑ってたものですから、
ある程度のスピードが出てて、「ぶつかる!」と思ってよけようとすると。


スッテーーーーーーーーン


・・・・後頭部を痛打。
頭、割れたかと思いました。。。。。
尻餅でワンクッション置いてるから衝撃が軽いかと思えば、逆に
尻餅のあとで加速して打ち付けたみたいな感じだったかもしれない。

「大丈夫か?」
「うーん・・・でも帽子かぶってたから」
「そんなもん、一瞬でふっとんで、こけた瞬間は被ってなかったデ」
・・・自分のヴォリューミーな髪の毛に初めて感謝した瞬間。

いや、しかし痛い。痛いようーー、ズッキンズッキン、目が回るうー
なんだか、目が開いてるのに何も見えてない感じ。ふらふら。
壁や時計を見ても視線が1秒くらいしか定まらないのが自分でわかる。
頭がぐわんぐわんしてる。

「これ、着用して」
とヘルメットを持って来てくれる人。遅いがな。
もう、滑るワケないのに、、と思いつつサイズだけ合わせてみる私。
とりあえず、今日はもうおとなしくしておこう。

姫とオットが滑り終えるのを待って、スーパーで買い物をして、家に
帰って来て、コートを来たままとにかくソファに倒れ込みました。

2時間ほど、とにかく眠り続けて、目を覚ましました。特大のタンコブ。
いっっ、痛いようーー、頭ズッキズッキするーーーー!
「とにかく頭痛い、半端じゃないよー」と泣き言を言うと、オットが
「いやしかし2回目こけたときはどうしようかと思ったよ」


え。



2回目・・・


「うん、持って来てもらったヘルメットを被ってさ、氷の上にふらふらーと」


へっ。


「こっちも、『うわ、出て来て大丈夫なんかな?』って思ってびっくりした」


私、今それ聞いてびっくりした。
記憶がない。のに、滑ってたって?

「うん。それで、またステーーンと転んで。でも今度はヘルメットしてたから
まだこっちも安心だったけど、それにしても危ないやろ」


危険、危険、だって夢遊病者みたいなもんでしょう。覚えてないなーしかし。


「スーパーは?私車の中で待ってたんじゃないの?」
「いや、郵便出すからって言って、一緒に降りて、ちゃんと郵便コーナーの
列に並んでたよ」
「私、ちゃんと荷物出したかな」
「多分ね」

大丈夫かな。webショップの荷物なのに、切手足りてたかな。
その後は?

「レジのある近くでぼーっと立ってたよ。僕たち待ってたんじゃないの?」


覚えてない、、、、、


ということで、どうやら脳しんとうを起こして、倒れたあとの2時間ほどの記憶が
見事に消えておりました。頭は本当に割れそうに痛くて、とにかく目と脳を
休ませなければということで、1週間PCも開かずテレビも見ずにもっぱら寝ておりました。

ここまで読んだ皆さんは、「病院行かなきゃダメじゃない!」と思われたと
思いますが。ここがスウェーデンの微妙にアカンところ。
病院は、いきなり行けないのです。電話が先。

日本だと風邪でも歯痛でもいきなり病院に行ってもとりあえず受付してもらって待っていれば、予約の患者さんのあとで診てもらえますよね。
スウェでは、まず地元の診療所に電話して(大病院にいきなり電話も不可)、
予約をさせてもらってから診療してもらえます。大病院は診療所からの依頼が
ないと診てもらえません(もちろん交通事故とかはこの限りではない)。

だいいち、今までの経験でも、診てもらえた試しがなくて、
*食あたりになった(ええ、なったんです)とき>電話で「ああー、それなら、水1リットルに対して塩をXXグラムと砂糖XXグラム入れたのを飲んで寝とくといいですよー」
(それってスポーツドリンク?と思って自宅にあった粉末ポ◯リを作って飲んで寝てました。。。)
*インフルエンザになったとき>「ああー、それインフルエンザですね。7日くらい寝てたら治りますよ」
と、電話対応だけで診療してくれないんです。
実家の母に「可哀相に、風邪になっても薬もくれないのね」と哀れんでもらいましたが、ほんとその通りです。

実は脳しんとう、1年前にもやってるのですが、その時は今回よりもっと辛い状況だったので、思い切って地元をすっ飛ばしていきなり大病院のほうへ電話をかけてみましたら。

「地元の診療所にはかけたの?」と怒られました。・・ここ、怒るとこ?

だって、地元の診療所にはMRIとかCTスキャンとか無いから、と言うと、
「それなに?」(頼むよ。。。)
ええと、ほら、レントゲンみたいに頭の中が輪切りに見える
写真撮るやつですよ、頭の中身がハムみたいに、、、、

「ガチャン」

電話、切られました。happy swedenっていってもこんなもの。
きっと、「頭の中がハムみたいに見える」あたりで頭がおかしいと思われたの
かもしれません(それなら余計に診察してほしい笑)。
MRI知らないってのも問題だし、第一こんなことで激昂して電話を切るような
人を電話取りに置いといていいんですかね。
死んだらアンタのせいだ。

と思いながらひたすら寝て安静にしておりました。
で、結局どうもなかったんですけどね。
その時のことがあって、今回脳しんとうになったときに「うーん、前回のよりは
マシだな」と判る自分がおりました^^;
ということで、今回は診療所に電話もせず、とにかく薄暗くして寝室でずーーーーーとひたすら寝ておりました。いくらでも寝れるのも怖かった。
毎晩「明日、目あくんだろうか」って思ってました。

ということで、非常に長い言い訳でしたが、PCからしばらく離れておりまして、
またその後もなんとなく頭痛や頭の重〜い感じが抜けなくて、シャキシャキと
作業できなかったんです。
アップを諦めることも考えましたが、出来る範囲のものだけ載せるなら、と
(ココが個人経営の良い所♪)少しだけご紹介したと言う訳です。

はあー。長い長い言い訳&病院の愚痴を聞いて頂きまして、
ありがとうございました、スミマセンでした。
もう今は元通りピンピンしてますので〜〜〜

あ、ちなみにスウェーデンで病気やケガでどうーーーーしてもすぐ診てもらわなければならない時は、、、迷わず「救急」の受付に行くんですよ♪

さあ、2月25日は何テーマにしよ。。。。













Designed by aykm.