happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
ワークショップ試作 続き
今日、ふと思いついてこんなのも作ってみました。

DSC02348-1.jpg



















一本クロスした部分を付けたリストウォーマー。

DSC02347-1.jpg



















クロスの部分、浮いてるのわかります?

DSC02346-1.jpg

DSC02345-1.jpg






































着けてみるとこんな感じ。
テニスのときなんかのリストバンドくらいのサイズです。
これだと1時間で出来ました!

どうかしら?


スポンサーサイト
お知らせです
週末にアップした白樺のかご、おかげさまでアップ直後からたくさんの方に
見て頂き、お問い合わせ頂いています。ありがとうございます。
まだハンドル付きのカゴもあと1つ残っていますので、どうぞご検討くださいね。

>>>happysweden webshop


さてさて、なんとこの春、念願の日本里帰りが実現する運びとなりました!
わー!パチパチパチ。実に5年ぶりです!
ひやー、Suicaもお財布ケータイも使った事の無い浦島タロコはどうなることでしょうか!

それでですね。
以前ショップのほうでも編み物特集のときにご紹介しましたノールビンドニング。
このテクニックについていくつかお問い合わせを頂きまして、興味を持ってくださる方がいらっしゃるということで、このたび里帰りの2ヶ月の間に。。。

ノールビンドニングのワークショップを開催する計画を立てています☆

現在、サンプル作成中です。
どのタイプがいいかしら〜〜〜〜

ご参考までに、現在試作中なのはこんなモデルです。
参加ご希望の方、自分ならこれがいいなあ〜と思うアイテムがありましたら、
ぜひぜひコメントいただけると嬉しいです!参考にさせていただきます☆

1-DSC02348.jpg


DSC02349.jpg



































上の写真のA

細めの毛糸の子供用ミトンです
所要時間:片手で2時間

DSC02350.jpg

DSC02353.jpg




































写真のB 同じく細手の毛糸のリストウォーマー
所要時間:片手 1時間半

DSC02351.jpg




















写真C 中ぐらいの太さの毛糸のリストウォーマーです。
所要時間:片手 1時間半
毛糸を太くしたら早く進むかなと思ったけれど、なぜか細めの毛糸のと
所要時間はほぼ変わりませんでした。むむむ。

DSC02352.jpg




















写真D 太手毛糸(Lopiクラス)の大人用ミトン
所要時間:片手 2時間半

DSC02345-3 のコピー




















中太 指穴付きのリストウォーマー(というか指無し手袋?)
指穴のみで指部分を作らなかった場合(写真右) 片手 3時間
指部分を1段作った場合(写真左) さらに8分くらいです

DSC02347-3.jpg





















親指を2段まで作ったところ (写真左)
指無しに加えて15分で出来ました。

DSC02354.jpg





















などなど。
ノールビンドニングの極意はミトンにあると思うのでミトン、作りたいのですが
いかんせん両手揃って完成するアイテムはリストウォーマーにしろ、2つ作らねば
ならないのが時間がかかる点。
1点で完成できるアイテムを今試作中です。(帽子ではありませんよ〜)
また出来たら載せますね。

現在関西にて3カ所までワークショップのお話が進んでいます(日程はまだ未調整)。
他にもワークショップご希望の方おられましたら、こちらのコメント欄、もしくは
私のwebショップ<happy sweden>contactの欄よりメッセージを頂ければ幸いです。


さて、最近のアキコ。










遅れましておめでとうございます
DSC02185.jpg


















やっと、2013年最初のブログです><

DSC02140.jpg



















スウェーデンではクリスマスの飾り付けは1月も残してあって、
13:de dag(1月6日)または20:edag jul(1月13日)の日にお片づけをすることになっています。
この日にはクリスマスツリーを窓から(!)放り投げる、、、という
エエのか?という片付け方だそうな。笑
まあ、実際には玄関から出て行って頂きまして、柵の向こうの森(なんです)を
目がけてナイナイするということで落ち着きましたけれども。
しかし、1ヶ月ツリーとして楽しむために、モミの木をばっさりと切ってきて、
そいでもってポイッと捨てちゃうって、なんだかすごくエコに反すると思うのだけれど、、、、これの反対運動をする野暮な人はさすがにいないか。。。。

さてさて、そうしている間に今月分のアップが近づいてきました。
年明けあたりから何にしようーーかーなーーと考えておりましたが、
なんと電撃的な出会いがあり、憧れのあのかご作りのおじいさんと
お知り合いになることができたのです!!
もうね、ほんと、ずっと、いつかお会いしたいなあーと思っていたのです。
ダーラナに住んでいるというだけで、お名前もダーラナのどこかも存じ上げなかったのですが
ある手工芸市で、かごに囲まれてちょこんと座っておられました。
特徴的なかごなので、見た瞬間ピンっ!!

DSC09621.jpg


















もちろん、猛アタックで話しかけましたよ!笑

で、いっぱいお話もしてもらって、いっぱいカゴも買い付けました!
いつかこのおじいちゃんのところでワークショップさせてもらうのが
夢の一つに加わりました。

DSC09631.jpg




















ということで、1月25日は、このおじいちゃんのカゴ特集です。
力強い木のハンドルと、繊細な蔓でステッチの入ったネーベルのかご、
持ち手付きのタイプ以外にも、パンかごになるようなトレイもあります。
現在アップに向けて作業中です。
ぜひ楽しみにしていてくださいね。

春にはなんと5年ぶり(涙)に日本に行くこともほぼ決定!
今年はさらにがんばりますので、皆様今年もよろしくお願い致します〜〜


さて、アキコファンの方はこちらへ↓









Designed by aykm.