happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
秋です
さ〜、秋ですよ〜
スウェーデンは秋が近づくと、なぜかシトシト雨の日が多いのです
今日もそんな日。

お天気だと紅葉(黄葉が多いな)が青空にパアアーっと映えてキレイなのだけど。

さて、秋に向けて、編み物カンケイアップしました。
ショップでチェックしてくださいねっ

>>happysweden.net

少しですが私の作ったものもお出ししています。
編み物本もぜひどうぞ!



スポンサーサイト
やっとここまできました
さあー、もう夏休みの宿題はだいたい提出しおわったかな。
今日の記事は、「夏休みの宿題・図画工作」としたかったのだけれど、
よく考えると自分たちは何も作っていないので(笑)、超・久しぶりに
「おウチじまん」に振り分けてみました。

夏至祭やBingsjöの音楽祭など好きな所へ行かせてもらう代わりに、というか、
オットは友人たちと毎年夏に近くの町で行われる野外フェスに行っています。
1週間ぶっ通しでライブ、しかも夜遅くまでやっているので、通った場合は帰宅が夜中の2時とか。
まあ1週間でも有名なアーティストは木〜土などの週末にライブが集中するので
毎日行くことはないのですが。
今年は同僚がキャンプカーを持ち込みするというので、泊めてもらうとのこと。
3泊不在って!!!天国か?
にわかに訪れた僥倖に、na-ちゃんと一緒にビデオナイトを決め込んだのですが。

1年前に洗面台を交換した我が家。(こういうの、こちらでは自分たちでやってます)
取り替えたあとの旧・洗面台は地下室に置いてあるのですが、ある日洗濯のときに
はっと気がつくと。水道がつながっていない、置いてあるだけの洗面台に水が溜まっている・・

ん?なんでだ?

翌日、オットの1泊目のとき。na-ちゃんがキッチンで食事の支度をしてくれてる間に私が地下へ脱水の終わった洗濯物を取りに行くと。
ザバーーーーーーっ
なんと、置いてあるだけの洗面台の真上の配管から、み、水が〜〜〜〜〜〜

あわててオットに電話したが、相手は3日間楽しむつもりで帰って来る様子ナシ。
まあ帰って来ても配管のプロでもなければ何もできないしね。と
こっちも割り切ってしっかりビデオナイトを楽しみ。(楽しかったなあ〜、ね?)

オット帰宅後からはさあ大変。保険屋さんに電話。
折しもスウェーデン全土は夏休み。どうしよう。。。と思っていたのだけれど、
奇跡的に保険屋さんが来て配管の人が来て電気の人が来て大工さんが来て。
湿気メーターを床に刺し床を剥がし台所のシンクの下を剥がし玄関(台所の隣り)の床を剥がし。

DSC06410.jpg
















DSC06355.jpg





















シンクの下の鉄のでっかいパイプにフランクフルトくらい大きな穴があいておりました。
今まで水浸しにならなかったのが不思議なくらいだとびっくりされました。
こっちもビックリじゃ。

DSC06480.jpg



















地下に巨大な送風機を取り付けて、「じゃあ今日から6週間乾かしますんで」
水の漏れていた配管の辺りを巨大ドライヤーみたいなマシーンで6週間だよ?
スウェーデンだからよかったものの、日本だとただでさえ暑いのに、死んじゃうよね。
おかげで「床暖入れたん?」って聞かれました。笑

そんな状態なので、キッチンはその間使えず。
レンジやコーヒーメーカーなどは一斉にサンルームにお引っ越し。

DSC06393.jpg



















まあ食事も朝昼晩とサンルームで取っていたので近くて便利になったと笑いつつ。
外のボロボロの机にまな板を置き、コンロを置き、文字通り、アウトドアキッチンとなりました。

DSC06479.jpg

















ほんとにna-ちゃんにはご迷惑をおかけしました。
お風呂場での洗い物で痛めた腰の具合、、、、いかがですか。。。。(汗)



そんなこんなで実はエラい不便な生活を強いられていたこの夏でしたが、
とうとう!
巨大ドライヤーが撤去され、またもや大工さんが出たり入ったりして。。。。

DSC09827.jpg

















にーちゃんが豪快に床を剥がしております。


DSC09832.jpg











下の、木の床が出てきました。
これも味はあるんだけど、なんせ実用的じゃないので、新しい床材を敷きます。
元の床は防水素材という感じで、なんか変な模様も入ってるから汚れてんのかきれいなのか
わからない(まあ汚れがほとんどかも)みたいな床で、嫌いでした。
どんどん剥いじゃって剥いじゃって〜


そして。


生まれ変わりました。新しいキッチンの床。






DSC09847.jpg



















ぴかーん。

バニラホワイト。樫の木の補強材です。
きれいだ〜

きれいだけど、汚れが目立つんだこれが(文句を言うな文句を)

そして、時同じくして、床や配管の工事のためにずうっと滞っていたこちらも
完成いたしました。今年の夏の我が家のプロジェクト。














夏休みの宿題・体育
宿題まだまだやっておりますけれども、ショップ開いてます〜>happysweden

na-ちゃん滞在2ヶ月の終了時期に合わせて、鮭が生まれた川を逆流・・・いえ
去年も遊びに来てくれていたF姉がカムバックいたしました。
7月末は3人になってパワー・アーーーーーーップ!
(7月の商品アップが出来なかったのはここで遊びすぎたため。オユルシを^^;)

実はF姉、去年から新しい趣味に目覚めちゃって、今はもう彼しか見えないの。。。

DSC07836.jpg


















そう、お馬ちゃん。








なもんで、地元の知人に頼んで乗馬体験をさせてもらいに行きました。
ここの人のお馬さんというのが、アイスランド種というやつで、サラブレッドより一回り小さく
そして走るときの上下運動が少なくて、平行移動するような、独特な走り方をする馬なんです。
知人の、なんて書いたけれど私は彼らの家では乗馬体験は無くて、一度馬場で馬に
「座らせてもらった」ことがあるだけなんです〜 私のマジ乗馬、初体験となりました。

DSC07777-1.jpg



















さーすが慣れてる姉。
さっと綱を引きながら
お馬ちゃんの近くに
顔を寄せて「よーし
よーし」堂に入ってます。





DSC07794.jpg








できないっていう
のに無理して
付いて来た姫。
ブラシをかける
作業はお馬さんの
背中に届かないので
おねーさんが
ブラシをかけてる
間、せめて手綱を
にぎる。








さ、ブラッシングを終えて、サドルや鐙の位置を調整したら、「ほな行こか」

ええええええ


DSC07816.jpg
















緑の美しい白樺の林の中へ入って行きまする〜〜〜〜






DSC07820.jpg








初めての乗馬で
この体験って
ゼイタク!

森の中を
スタッ、スタッと
しなやかな動きで
歩いてくれる馬。

この目線の高さ、
そして自然の
きれいなこと。

たまりません。



DSC07828.jpg
















2年前に友人がここで乗馬をするのに付いてきて、自分は乗馬をせず
白樺林に消えて行く後ろ姿を見送った後、ものすごく後悔したのです。
あんな、絵のような乗馬体験、なぜ私はやらなかったんだろう?



もう一度チャンスがあったら、次こそは是非!と思っていたので、
夢・実現。
F姉もna-ちゃんも一緒に乗れて、シアワセー
乗り終わってから、「ヒロコがんばったね、アンタの馬一番乗りにくい馬なのよ」
ちょっと、超初心者に何するんですか??と笑ってたら「今度絶対またおいで。
今度は乗りやすい馬ってどれぐらい乗りやすいかわかってもらわないと」、だって。笑



「また乗りにおいで」と電話をもらい、先週の日曜に再び行って参りました。と、
この時に乗馬した4頭のうち2頭をなんと手放すことにしたと聞かされました。
残念だけど、もう2人の娘さんたちも大きくなって4頭一緒に乗るときもないから。
エサも手間も馬鹿にならないしね、ということ。
あのとき私たち3人や姫が一緒に乗れたのも、最後のチャンスだったんだ・・・
悲しいけど、一緒に乗れてよかったね、とna-ちゃん。本当だね。




さて、本日のアキコ。



夏休みの宿題・理科
皆様からご注文頂いております、ショップはこちら>happysweden.net


さて、夏休みだからと食べてばっかり遊んでばっかりではありません。
今の家に引っ越してから、庭にある温室では、主に野菜を育てています。
トーゼン日本の野菜が中心です!

今年はなぜかシソが大不作で、いつも最盛期には1日に50枚くらい採取できるくらいワサワサ生えますのに、今年は種を50個蒔いても100個蒔いても芽が出ない。
はあ。。。。。大好きなのに、。。。。。

ということで、今育っている可愛い子たちをご紹介。

DSC08893.jpg









茄子の花。
おととしは
アブラムシが
大発生で
焼夷弾を落と
されたような
惨状になり、
去年は花まで
来たあとに
ナメクジに
一斉にやられ。
2年連続で
涙をのんでいる
リベンジ野菜
です。今年こそ!

DSC08894.jpg



















かぼちゃのメルヘン。
今年初挑戦のかぼちゃ、なんとか受粉が成功したのがいくつか、
可愛く育っています。毎日大きくなるのが楽しい。

DSC08895.jpg



黒豆の
枝豆。
実は緑の
枝豆しか
食べたことが
ないので、
すーごい
楽しみです。

あ、豆まきの
あとの
マメじゃ
ないからね。










このほか、今年は夏休みに入るまえに幼稚園からもらった
朝顔が屋根の高さまで延びて、ピンクとパープルの花を毎日咲かせています。

DSC08914.jpg




















朝顔って、ほんと小学校の記憶と結びついて、私たちには
郷愁さえ覚える花だと思いませんか?
こちらでは「朝の顔」ではなくて「1日の花」という名前なんですよ。

DSC08913.jpg


2年前に両親が来た時に
おねだりして買って
もらったバラの花。
Maidens blushという
それはそれは可憐な
花が咲くのですが、
1年前から害虫に
悩まされ(ハダニです)
この春には着く蕾が片端
から落ちて行くという
ありさま。 泣く泣く
見るも無惨なほどに
チョキチョキに切りました。
祈る思いが通じたか、
見事に咲いてくれまし
た。この写真のあと、
15輪ほど咲いたんですよ♪





このお花がチョッキンチョッキンの短い時にしか滞在していなかったna-ちゃん。
私がこの株にいかに可憐な花が咲くかと熱弁を奮って
『今朝初めて蕾をつけたんだ・・・名前は・・スウィートキャンディ』っていう、
まさにそういう感じの綺麗な花が咲くねんで!と語ると、「もう、また〜〜(笑)」と
笑って聞き流されてしまいましたが、見よ、この可憐さ。

DSC08900.jpg


















な、スウィートキャンディやったやろ?



さて、最近のアキコはこちら↓




夏休みの宿題・音楽
ショップのほう、刺繍とレースを揃えてお待ちしております>>happysweden.net

さて、今日提出する夏休みの宿題は、音楽。

夏ともなると、あちこちでStämmaステンマといって、楽器を弾く人たちが集って一緒に弾いたりそれに更にワークショップやコンサートが組み合わさったりしたものが催されるのですが、それのダーラナ最大、いえスウェーデン最大のfolkmusik民族音楽のStämmaに行ってきました。

DSC06546.jpg




















実はこれも去年初体験して、ヒジョーに楽しかったので今年は2度目。
去年は夏サボっていてなーにもブログアップしなかったので、書くのは今年が初めてデス^^;
去年さとこさんと私のニッケルハルパの教祖・N氏と一緒に参加してみて、とっても楽しかったので、
今年はなんと泊まりがけで! テントだよ〜、キャンプだよ〜


お昼過ぎ、早めに着いちゃうと、こんな感じ(去年の画像より)。。。。

2011 v27 Bingsjo; 019

















おおー
広いなあー
ここ、いっぱいになんの?

って感じですが。




夕方に向けてどわどわと人が増えて来て。

2011 v27 Bingsjo; 051


















前方の白いテントみたいなのがメインステージなのですが、
ほぼメインステージを無視して自分たちだけで弾いてたので、
メインステージで何やってたから、知りません。笑 

こんなかわいい音楽家さんたちもいて。

2011 v27 Bingsjo; 095















見ると、足下にヴァイオリンのケースなんかを置いてあって、な〜んだ、
お小遣い集めてるの?みたいな。でも、可愛いから小銭入れちゃう。♪

2011 v27 Bingsjo; 155




















夜になるにしたがって、盛り上がるぅ〜〜〜〜〜
去年は日帰りだったので夜の7時で退散したけれど、
今年はキャンプキャンプ〜〜〜
テントだー 寝袋だー 自炊だー

アウトドア要員にウチのオットを説得して参加してもらったので
弾いている間にテントの設営が終わり。(助かる〜)
ご飯はna-ちゃんが作ってくれて。(ラッキ〜♪)
姫の寝かしつけもオットがやってくれて。(サイコーっ♪)
うーん、年に1回くらいオットもいい仕事するなあー(おい!)

そうして、夜の12時頃まで蚊とknot(というメチャクチャ小さい虫、刺されるというか
咬むらしいのですが、ムッチャクチャかゆいの)と闘いながら演奏をすることに。。。

DSC06507.jpg
















これは虫除けのネットをかぶっているので、このまま飲めんなあ〜、と
ネットの下から手を入れてお茶を飲むSatokoちゃん。笑






おまけに7月の1週目というのにめちゃ寒くて4度ぐらい!ヒーOテックとか着込んで
ウールのセーターやレッグウォーマー、毛糸のパッチまで仕込んだのにブルブルでした。
うーん、夏の夜をなめてはいけません。


12時になってテントに帰って来たのに、当然弾き続けてる人がいっぱいいて、
遠くに音楽を聴きながら眠りにつく・・・ところだったのですが、すぐ近くで
まさに今から寝ようという瞬間から弾き始めたグループがあり、参りました。
テントエリアだから大丈夫だと気を抜いておりました。。。
それでも寝袋はポカポカでぐっすり眠れました。

翌朝、しっとりと露でぬれたテントを出ると、すっごくいい天気。
あらためて周りを見回してみると、いろんな人たちがいましたよ〜

みんな、テントを準備だけしたらメイン会場の近くに弾きに行くもんだと思って
いたのですが、なんだか自分の周りだけで集まって何人かで延々弾いてて
メイン会場なんかどうでもエエという感じ、駐車場から出てないんじゃない?という人たちまでいました。
一番面白かったのはこれ。

DSC06529.jpg

























ピアノまで持ち込んでます!
どうやって運んだんだ! ていうか、ピアノ持って来るか、普通!?
でも朝はヨーグルト置き場に使われています。笑


DSC06545.jpg



















テントがどんどん撤収されていきます。
夜中は盛り上がったんだろうなあー 
また来年も来れるかな。


さて、せっかく遠出したのでそのまま泊まりがけでMoraのほうまで
みんなで行ってきました。




Designed by aykm.