FC2ブログ

happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
大急ぎタリン記 その1
さて、ショップのほう、5月25日より新商品アップしています。
今回のテーマは「キッチン」です。
ティン缶を中心にキッチンモチーフのクロスやペーパーナフキンなどを
ご紹介していますので、是非ご覧になってくださいね。
>>happysweden

そして、タリン、行ってきました。
今回は前回の旅にケチを付けてゲットした旅なので
前回ほどの盛り上がりはなく(私的に、です)なんだか消化試合のような気分。
券あるし、みんな行くっていうし、行くかー・・って感じでしたが、
まあ何が起こるかわからないので旅先の見所チェックはばっちり。
というか、2年前のチェックの流用です。笑

前回親戚一同16名様だったリガ旅行。
今回は前回出産のため欠席だったカップル+ベイビーが加わり、
なんと19名様タリン旅行に。ここですでにぐったり。
でも私を除く18名(なワケないか、赤ちゃんも除いて17名)はハイテンションで
賑やかに出発致しました。

DSC03611.jpg



















これはお隣に停まってた船を自分の乗った船の窓から写したもの。笑

「大晦日カウントダウンじゃないからみんなそんなに遅くまで飲まないよね?」
と尋ねると「彼らに盆や正月と平日の違いがあると思うか?飲むときは飲むんだよ」とのこと。
いやー、いるんですよ。親戚内に飲んべえ夫婦が1組。
同じメンツ、カラオケもおなじみのレパートリー。。早くタリン着かないかな。



タリン到着。
前回リガでは単独脱出成功でしたが、なんと今回は初タリンだという夫と娘付き。

・・・・・

フットワークが格段に鈍るため、今回は自分の行きたいコースをすでに断念することに。
朝ご飯を食べようと歩き出してしばらくすると
「もう疲れた。早く入ろう」
この一言が出ると、「1分以内に、もしくは3軒以内にどこでもいいから入らねば
ならない」という暗黙のプレッシャーが。
カフェやレストランもいっぱいチェックしてたのに、残念ながら
目の前にあったのは以前来たことのあるカフェReval。
泣く泣く入店。美味しいからいいんだけど、、、

DSC03729.jpg



















雰囲気もいいし。 ちょっと高いけど。。。

DSC03732.jpg






これはオムレツ。
5ユーロくらいでした


DSC03733.jpg

































左のはクロワッサンみたいな生地のパンにチキンが入ってる。
(すいません、サンドのパンの上半分は娘の口に・・・)
マスタード風味でおいしゅうございました。
右のはシナモンロール。ここのは普通のロールですねえ。
スーパーで見たのはフィンランドのと同じタイプでしたけど。
これにコーヒーとチャイを付けて14ユーロ。

DSC03738.jpg



























Olde Hansaの近くの通り。広場に入るすぐ手前。
ラエコヤ広場よりもこの通りのほうが中世っぽい感じがして好きです。

お腹がふくれて機嫌のなおった夫と娘は初タリン観光もしたかろう、と思い
広場と、後は展望の良い高台からガムラスタンを見下ろす・・あたりで
もういいんじゃないかと勝手に絞り込み。
私のように下調べをしない彼はどこに何があるか知らない分、見逃して
悔しがることもなかろうと、私が厳選して(ポイントを減らすってことですが)
観光スポットは選びました。笑

DSC03792.jpg


















ロシア教会(アレクサンドラ・ネフスキー教会)を見ながら通り過ぎて
右へ右へと進みますと

DSC03772.jpg










高台から左側を見たところ。

ん~♪
やっぱり中世っぽさはリガよりもタリンのほうがよく残ってるかも。

DSC03784.jpg







ちょっと
可愛い
看板





DSC03766.jpg








これも。。
と思ったらちょうどチェックをしてあったレストランだったので入ることに。


DSC03808.jpg















なんか
中庭っぽくて
いいです





DSC03814.jpg





















スープ屋さんです。
スープのメニューはロシア風ウインナ入りスープと本日のスープのみ。
スープとパン、とかでいいかなあーと思って
レジ横にあったパンも買ってみる。
パンはデニッシュ系の生地にチーズ入りのものと炒めキャベツ入りのもの。

DSC03815.jpg



















本日のスープはほうれん草のスープ。というので、注文してみると、
むちゃ濃いポタージュスープが出てきました。
大きなクルトン、きっと永遠に沈みません。


DSC03816.jpg


















スープだけじゃお腹すくかな?とパンを買ったのに、ちゃんとパンがスープに
付いてました。なぁんだ~ チョコケーキみたいだけど、黒パンです。
ちょっと酸味の強いタイプ。ロシア~フィンランド系に多いですね。

Bogapot
高台から降りてくる坂の途中にあります。
スープ2品、パン2つ、ビール(小)で11.5ユーロ。朝食より安い。

さて、続きはパート2で!

























スポンサーサイト
初めてづくし
この一週間あたり、かなりめまぐるしくいろいろありました。
初めてのことが多かったなー

4/27 初めて娘の歯がぐらぐらしてきた!
4/28 さとこさんたちとFalunで開催されたnyckelharpaの集いへ
4/29 祝*Webショップ、オープン! その後ストックホルムへ
4/30 初めてJunibackenへ

junibacken




















そのあと、nanahanaさん情報を得て、初*お花見* ポカポカで半袖お天気


Kungsträdgården




















ね、nanahanaさんの時間帯より人が多いでしょ? 

tunnklädd




でもこんな人や












varmklädd












こんな人の混じった、いかにも「外国」っぽい風景です。
(私にとっての’’外国’’=「冬服の人と夏服の人が同時に存在する国のこと」ですから)




でもとにかくこの日は満開でした。
全部八重桜なので色ももっとピンク寄りだし、咲き方もボリュームいっぱい、重そう。


körsbärsblommor













chess


















いつもの路面チェスのおじちゃん達も心なしか可愛さ倍増


















DSC02982.jpg








パパに肩車してもらった娘は顔の高さに満開の桜がえんえんと続いて、まるで夢のようでした。




















5/1  帰宅
5/2 朝目覚めると一面真っ白。。雪に覆われていました
お花見してたころは20度くらいあって半袖だったのに?この違いはなに?

snö igen





















5/5 娘のぐらぐらの歯、早くも二本になりました

そして今日5/5、スウェーデンで初めてのお葬式に行ってきました。

3年前の夏、どシロウトの私にニッケルハルパを教えてくれたじいちゃん先生。
88歳になる目前に急に亡くなりました。
亡くなる3日前までニッケルハルパを演奏会で弾いていたのだから、もう
こんな幸せな死に方ないってば、と周りに慰められながらなんとか落ち着いて
参加しましたが。

あ、そうそう。
スウェーデンではお葬式って死んでからひと月後とか、けっこう経ってから
行われるのです。え?と驚いたけれど、みんな予定も繰り合わせしやすいし、
場所も押さえやすいとのこと。
死んだ日がお通夜でもう次の日に葬儀で大急ぎな日本とはちょっと違う。

悩んだあげく、演奏の他のメンバーは民族衣装を着るというものだから、
思い切って着物を選択。
帯も今回は初めて二重太鼓に挑戦、前日必死に練習しましたよ、時間計りながら。

さて当日。
悲しみの真っただ中にさようなら言うような感覚とは違うから大丈夫かなと思ったけれど、楽器演奏のために前方(最前列よりも更に前、棺の横あたり)に座った私たち。弔問客がめいめいの花を棺に捧げるときに、故人に語りかけながら花を手向けて行くのですが、その言葉が聞こえる距離に座っていることをどんなに後悔したか。もう、誰の言葉であろうと、いちいち泣けてしまう私。

でもなんとか、着物での初めてのニッケルハルパ演奏もうまくいき、ヘアと着付け
に1時間半かかった着物姿もみんなからお褒めの言葉をいただき(日本じゃない
から大丈夫という部分が大。。。)帰って参りました。はあ。つかれた。

なんだかお葬式の話題がメインみたいになってしまいましたが、いえいえ!
心の中ではショップ<happy sweden>のことでいっぱいです!

このブログを通じて、また知人や身内へのメールで、くらいしか連絡して
いなかったのにそれでも見つけて訪れてくださるお客様がいらっしゃって、
驚くやら嬉しいやら!いや、嬉しい!
なんでもスピーディな日本のショップさんとは違ってスローなお店なんです、
と書いたのに「急ぎませんから、どうぞ」と一言添えてくださるお客様も
いらして、温かいお言葉に大感激してしまいました。

これからも初めてのことの連続かもしれませんが、こういう新しい経験は
いっぱいしてみたいです。春だし!








Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。