happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
リガ 4日目
もう2ヶ月経とうとしてるのに、まだ・・・・リガネタです。。。
遅くてもういやんなっちゃう。すみません。エエ加減に終わらねば^^;


national historisk museum
























さて、4日目のリガは、ラトヴィア歴史博物館から。


建物に着いても、確信がもてないくらい、看板とかが全然ない・・・
おまけに3階まで階段しかなくて、「これ上がってみて入れなかったらショックだよねー」と
ぶつぶつ言いながらあがると・・・・

開いてました。ほ。


kassan

























古い劇場か映画館の受付みたいなところで入場料を払い(1ラッツ)、おまけに
「写真撮るの?写真の人はもう1ラッツ」と言われて、言われるままに払う。
子供は無料のはずなので、「大人2枚」というと、「3人よね!」と念を押すにしては
攻めるような口調で聞かれる。えっ、でも無料なんじゃ・・・
と逃げ腰になる私に、受け付けの老婦人はピリッと子供用の券も(なんで無料なのに
券があるのだ!)そろえて3枚くれました。
そして撮影料が1ラッツだったので同額の入場券をもう1枚くれた。。。
あの老婦人は撮影代を取ることを自分で思いついて、まきあげてるんじゃないだろうか。
きっとそうだ。

2011 v22 Riga 617














さとこさんや咲ちゃんと、民族衣装のディテールにしばし見入る。

2011 v22 Riga 602

















さとこさんと咲ちゃんと「自分ならどれを着る?」と言い合って、
たくさんあった民族衣装のなかで、私が選んだのはこれ。




・・・森ガールか?



fin broderi


















細かい細かい刺繍のケープや、ブラウスの白地に白の刺繍・・・
いやぁ、ほんとあれが全部手仕事で作られたなんて・・・と思いますね。
手織り、手紡ぎが当たり前だった時代。今残ってるのはかろうじて手編みくらいかな。
かわいいかわいいミトンもいくつかありましたよー

vantar!























あのもち手のとこのモチーフ四角のかごも、ちゃんとありますね♪

lettisk korg



LATVIJAS NACIONALAIS VESTURES MUSEJS
Pils Laukums 3 11-17時





さあ、最後のシメにもう一回市場行っときましょかー。

mittens


















やっぱり可愛いなー、くそー。
買っておけばよかった。(まだ言う)

tape!















これね、音楽テープ売ってるんですよ。カセットテープですよ!!!
まだ聴けるプレーヤー持ってる人、けっこういるとお見受けしました。レトロだぁー

soba













しつこくストックマンにも立ち寄る。
日本食材もまあまあ入ってて、リガ在住の方はいいなあーと思ったべ。
ざるそば、買って帰りたかったわーーーー

okome-san


























ちょっと。「さん」付きですよ。お米さん。関西人ですね?



ああ、楽しかった数日間も夢のように過ぎていきました。
帰りのフェリーでN氏の誕生日を少しお祝いして、ディナーして。
帰り道で「次はタリンですよね?」「おおー。来春あたり?」とすでに次の計画が。。。。

正直、自分の行きたいところに家族を巻き込んでの旅行という気持ちが
どこかにずうーっと負い目のようにあって、「エエ加減にせえ!」っていつ言われるかと
びくびくしてたのに、どこを走り回ろうが完っ壁に好きにさせてくれたうちのオットに
ちょっと・・・いや、かなり感激しました。いやあ、やればできるじゃん。ありがと。


また行こうね!!



[リガ 4日目]の続きを読む
スポンサーサイト
Designed by aykm.