FC2ブログ

happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
5月 その1
さて、5月です。ていうか、5月終わっちゃう^^;

4月末の復活祭の休みのころに、ぽかぽか陽気で24度とかになって、
訪れた友人宅では外のテーブルに座ってランチをいただいたりしていたのですが、
5月に入って母校を訪ねたとき、「ほんとに今年は暖かいわねー、去年の今ごろ(GW中)、
クミコが来てたときは寒かったわよね~」と言われて、「そうそう、お茶してたら
アラレが降ってきたくらいだったのにねー」と笑いあって家にたどり着くと・・・

みるみる空を黒くもが覆って・・・  降ってきました。

ザアアーーーッ

Hagel

















音が大きいなと思ったら、やっぱり、今年も霰(アラレ)でした。
それも、ぴったり1年後の日に!

で、次の日の朝。私より先に寝室を出た家人が、ドアを開けた途端に「Va?」と
小さく、でも素早く言ったのが聞こえて、何じゃろと思ったら。
(「Va?」って、ほんとは「Vad?(英語のWhat)」なんだけど、早く短く言うと「なんやと?」って感じ^^)

Va?














雪景色でした~~~~~。積もるほどではないけれど。

去年も思ったけど、GWでスウェーデンに旅行する人、大変ですよ~



で、5月はいろんな学校が5月末で終了ということもあり、いくつか学校の展示会に行きました。
今日は一つ目、私の通ったfolkhögskola(略してフォルク)の展示会のご報告。

雪が降って以来、春のポカポカ陽気がすっかり冬に逆戻りして、朝の気温がー3度だったり
日中も10度ギリギリだったのが、当日はカラリと晴れて、一気に20度ラインを突破!

Ba:singen


















学校は湖に面していて、どころか、湖に突き出した部分にあるので、180度どころか
270度くらいウォータービューですよん♪

大好きな、懐かしいテキスタイルの部屋。
kuddar

kjolsa:ck
naldyna
vavda muddar
knyppling


kla: pa sig
















校舎の間の通路の柱もおめかし♪

primitiv

















この、なんとも粗野な素朴な雰囲気のノールビンドニングの手袋は、テキスタイル
コースの人ではなくて、アウトドアコースの人たちのもの。
アウトドアに関連して、だけどアノラックやテントを縫ったり、はたまた木の匙やかごを
つくるという手工芸がコンビになったコースで、とても楽しいのですよ♪

Den dar korg!



















あ、右のほうにあるかご、私が2月に買ったかごとそっくり!
本来はじゃがいもを収穫するときのかごだそうです。ふむふむ。



Ja sa, fo:rstas...


















陶芸の部屋。テキスタイルの人は週に1日陶芸/絵画の時間があるのです。

うわー、この人、うまいー!迫力あるぅー!

と思ったら、先生の作でした。先生、プロの陶芸家なんです~


Som ko:rsba:r

















中庭にあるこの花、名前は知らないのだけど、いつも学校の展示会のときに
まるで枝垂れ桜のように、うわーーーーーーっと茂って満開になってきれいなので、
桜が身近にない私は5月にここに立って花を眺めるのが大好き。
今年もきれいに咲いてくれました。。。。
スポンサーサイト



Designed by aykm.