happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
ポストでポスク
さて。
この週末はちょっとお出かけしてきました。

ここでーす。


Stadshuset


















久しぶりだー、ストックホルム。

で、ガムラスタンで紅茶を買う(素敵な響き・・)というさとこさんに
会いたかったので、なんとかガムラスタンに行く口実を・・・と見つけたのが、これ。

PM























郵便局のミュージアム。

切手を見るのが好きな私は何度も来たことがあるのだけれど、
いつもはミュージアムショップのみ利用で、入場したことがなかった!
(まあ、単純に入場料をとられるからですがー^^;)

スウェーデン郵便局のはじまりや、なぜ郵便局のマークが笛なのか、とか
ジオラマをまじえながら展示がありました。(写真なし・・・すんません)

最上階に、過去の切手がぜーーーんぶコレクションされてる部屋がありました。

おおー!
ピッピがリラ・グッベン(馬)を持ち上げてます!

Katt resan!!!!

















児童書の挿絵シリーズ。何年の切手か見るのを失念しました。
私が感動したのは、真ん中のピッピじゃなくて、一番下の猫に乗ってる女の子。
これ、フリちゃんの大好きな物語「Kattresan」の挿絵なのです!きゃー
ちなみに上から2段目はニルスの不思議な旅。写真が暗くてすみませんねー


このミュージアムでは週末になると子供たちのための手作りイベントをやっているのです。
スウェーデンでは復活祭(英語:イースター)のことをポスクというのですが、
今回のお題は「ポスクカードを作る」

さあ、かわいい入り口から入ってみますよ~ん♪

Lilla posten

























のりやはさみは完備、エプロンを借りて、撥水加工のテーブルクロスの上で
はい、やっちゃって~♪

ポスクのカードだけかと思ったら、卵のかたちの紙製の箱に古い郵便切手を
ペタペタ貼っていくという楽しい作業も選べるとわかり、そっちからスタート!

ぺタ、ぺタ・・・・

ちょうど週明けの月曜日がお誕生日のスウェのばあばに送るカードにしよう。
ということで、カード作りも平行して。

ma.la!

















切手も自分で選んで貼らせてもらってご機嫌☆(一瞬、切手買わないとダメかと思ったけど、入場料払ってるからいいいんだって。そこまで郵便局ケチじゃなかったわ^m^)

ガチャン、とスタンプも押して。

stampla!
















trycka!















普通の消印の隣に、ここだけの"POST MUSEUM"のスタンプも!


すぐそこのポストまで、投函に。



posta!




















ぽとり。













ほんとうは仕分けの部屋なんかもあるのですが、ここはもう少し大きな子供のほうが
よさそう。ということで、ひとっとびに・・・・


配達だーーーーー

Ko:ra!

















車の横に乗ってるカラフルなクッションみたいなのは、小包です~ かわいい♪


さて、出来たポスクエッグ。


F-sidan


















フリーダサイド。
切手を貼り始めたものの、絵の具が使いたくなっちゃって、「塗るー、ぬるー」
てことで、上から塗られてしまいました。

H-sidan


















これはヒロコサイド。
外国切手が見つかれば、できるだけ貼るようにしました。お花もつけて☆

slovenia


















右の青いのはユーゴスラヴィア。左の赤いのはポーランド。

canada sud africa


















中央、オレンジのは南アフリカ。カナダの文字も左に見えます。右にポルトガル。


Japanska frima:rke ocksa.

















あ。。見えるでしょうか。あの方が。
日本の切手も、ちゃんとありました。うれしくてすぐ貼ったら、他ので隠れちゃった^^;

ミュージアムショップで今回買った切手。
ミュージアムショップでは、過去の切手までさかのぼって購入できるのがツボで、
在庫さえあれば出してきてもらえます。

pippi jul


















ピッピのクリスマス切手。
ペッパーカーカを床で作ってるところ、色も最高にかわいいなあー

Tomtebo


















これは去年出たぶんだったのだけど、この切手、うちの地元ではなんと売ってなかったの!
「全柄入るわけじゃないんだよネぇ~」だって。小さい町はアカンなぁー
これも子供の絵本シリーズ。
日本でもファンの多いエルサ・べスコフのTomtebobarnの柄(黒地のほう)が欲しくって。

Barnens




















あと、これは出たばかりの、子供救済基金の寄付つき切手。
1枚6クローネのところ、7クローネで売られていて、そのぶん寄付金にまわるというやつ。
かわいいから買っちゃった。

postens marke



post marken!
























じっくりみると、この切り込み(何って言うんだろ。貼りなおし防止カット?)の模様、
スウェーデンポストのマークになってます。見えるかなあ、王冠とホルン。ナイスです。


以上私のポストオタぶり・・・いえストック&ポストミュージアムの報告でした^^;

わたし・・・そんなにディープなヲタではありません。。。。
スポンサーサイト
プチ乗馬
さて、久々にDagis(幼稚園)ネタです。
先週の月曜日、幼稚園に一日参加しました。

gunga














inne







うーん
いつもながら
かわいい
色使いの
お部屋です♪






で、なぜ幼稚園に一日参加してたかというと。
これ↓です。

hasterna




















娘の通う保育園/幼稚園は、2週間に一度、乗馬があるのです。






乗馬ですよ!!! 4歳や5歳のガキ、いえ、チビたちが、ですよ!!


(ウチの母いわく「うーん、さすがスウェーデンやねえ」)


馬を園まで曳いてきたりするのは、小学校1、2年生の子たち。
なんたって、馬の持ち主っていうのがこの1、2年生のクラスの担任の先生だから☆
馬といっても、ポニーちゃんです。

でも、大人がもう一人必要・・ということで、いつも保護者の誰かがお手伝いに借り出されるのですが、
先週の月曜日、私メの番になりまして、行ってきました。もう5回目くらいなんだけど~

乗る、っていったって、ちゃんとお手入れも最初にしなければいけません。
6歳と7歳の子たち、ちゃんとブラシもかけてます。

borsta
















gora sjalv
























サドルも自分で運んで・・出来るところまで取り付けます。
(もちろん、あちこちから「せんせ~」「こっちも来てぇ~」の声)


このへんも、先生だけでなくて私もお手伝い。
で、お馬さんたちの蹄の中の泥やごみを、フック船長みたいな金具で取るのですが、
蹴られるのが怖くて近づけない子のかわりに「よっしゃまかしとき」っと
ぐっと馬の足を持ってあげていると・・・・

前足は完了、さあ後ろ足、というときに、私が持っていてあげた足を、お馬さんは
何を思ったか、シャキーン!と伸ばして下に下ろしたのです。

ガツッ。



っだーーーーーーーーっ!!!!!!

おーーーーーーーーー、のーーーーーーーー!!!!!!

この日に限って、底のみゴムでアッパーはナイロンという長靴を履いてて、
おまけに毛糸の靴下も「もういらないな、いい天気だし暑くなりそ」
ゆえに、ほぼナイロンと普通の靴下だけの私の足の甲に、馬の蹄が鋭角で落ちたことに。

漫画みたいにケンケンしながら「た、たんま、ちょ、ちょっと座らせて」って言うのが精一杯。

折れたか?と頭をよぎったけど、そんな感じもしないので(骨折未体験なので憶測)
とにかく、痛みが少しひくのを待つことに。
向こう(馬)は、つま先でチョン、のつもりだったかしらんが、激痛です。
まったく馬の爪先だけでよかった・・
これが『踏みっ』ってしっかり体重かけて立たれてたら・・・もう、ソーセージにしちゃうぞ。

その間にチビたちは馬の準備完了。

チビはいいから私を乗せてくれ・・・・・・


nu kor vi
























ようやく歩けるようになって、最後尾からやっと付いていくという有様。

でも、いい天気なの。

isen oppnar


















うわー、今見ると、雪いっぱいあるなあー、1週間違うだけなのに、今はこんな雪ないよ~


inte illa alls



















氷も溶けて、川が見えてきました。これは橋の上。


1週間過ぎた今も、靴を履くと少し痛いけど、大事にはいたらず、
甲には青あざも出来ず(筋肉が無いのねぇ)、なんとかやってます^^;
あー痛かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話は変わって、3月25日ってスウェーデンではワッフルの日。
まあ、日本と同じく、こじつけだろうけど(笑)
当日にワッフルを食べなかったので、日曜日に軽くリベンジ(何が?笑)。

vaffeldan


















あれ?これ何かに見える。

Heja Japan


















・・・ウメボシ。
いちごソースですってば!


がんばれ、ニッポン。







Designed by aykm.