happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
情熱・・・それは
さて。
今年は全然寒くならない変なスウェーデンです。
10月半ばにちらっとマイナス~0度あたりに下がった日もあったというのに、
その後はずうーっと曇りで暖かくて、雪が降ったのなんて1日だけ。
今日なんて、12度もあったよ!ちょっと!
もう凍えちゃう~~~って大慌てでゼラニウムをとりこんだのにーー
おかげで前に霜に耐えながら咲いていたパンジー、まだフツーに
元気に咲いております^^;

ということで、いつもは秋があっという間に過ぎて長い長い冬が来るのに、
今年はめずらしく「長い秋」を味わっています。
雪がないぶん、暗い、暗い!
日の出が8時半ころ、暗くなるのは午後3時半ころです。
雪が待たれます。

それでも、私にはこれがあるのです♪うふふ


実は、この夏から始めた、新しいこと。 新しい趣味。

出合った瞬間・・・・・恋に落ちました。

その人は・・・


instrument!


楽器さんです!

ギター?ううん、よく見てください。。。

stranginstrument!

チェロ?
んーーー、惜しい。 もっとよく見て~


va, manga


お、お、おおおお??

弦がいっぱいあるよーー??

さて、全容です。


Det var harpan :-)

スウェーデンの伝統楽器、ニッケルハルパです。

心の中でどこか、いつか弦楽器を弾いてみたいという気持ちはあったのだけど、
ギターを持っては挫折し、持っては挫折し、(まあ挫折ちゅうほど練習してませんでしたが)
していたので、なかばコンプレックスみたいに思ってました。

それが。

夏至祭に遊びに来てくれたさとこさんたちにニッケルハルパ体験させてもらって、
もう、目からウロコというか、「いやー、こんなものあったのね」的に開眼!

始めてニッケルハルパを触らせてもらった夜の大興奮ったらもう。

眠れないの。
あの人が忘れられなくて。。。。
どうしたらいいの?この気持ち。

(ってあんた15歳か)

でも、まさにそういう感じだったのです。
完全にノックアウトでした。

で、恋に悩む中年乙女をさとこさんとニルスが救ってくれました。
このニッケルハルパを貸してくれたのです・・・!
(見て見てニルス~、ハルパ元気だよ~~、無事だよ~~)

それからというもの、地元のSpelman(音楽隊?)を尋ねて
ニッケルハルパを弾くグループを発見!

5人全員年金生活者というおじいちゃんグループで、
(5人中 2人が補聴器、実に40%ですな)
最高齢85歳のおじいちゃんが私の先生。これがまた、お年を感じさせない
素晴らしい指さばきで楽々と演奏してはります。

今はじいちゃんグループのアイドル(候補)として、がんばって
集まりに顔を出してはいろんな曲を練習しています。
基本的にfolkmusik(民族調音楽)なんだけど、みんな作曲もするので、
「これは誰々さんのOOっていう曲」というのが多いです^^

我が家の相棒も人に電話をかけては「hirokoが新しいpassionを見つけた」って
言っているので、多分傍目にも「恋に落ち」状態だったんでしょうね。笑

ということで、今3ヶ月目くらいですが、いまだにラブラブです♪
どうかこの恋が長く続きますように^^








スポンサーサイト
そろそろ・・
秋です。
編み物の季節ですね。

今年は夏にさとこさんに刺激を受けて、晩夏あたりから
編み物モードのスイッチが入ってます!

「スウェーデンに住んで、テキスタイルの学校に行って・・・」
なんていうくせに、実は日本では中学校の宿題でマフラーを
1本編んだきりで、編み物を始めたのは、テキスタイルの学校に
行ってから、というエセな私(笑)。
いやいや、これも新しい趣味が見つかってヨカッタヨカッタと
いうことにして、楽しみましょ♪

ta hank fors,


前に少し編みかけの写真を載せたこのマフラー。
そもそも私がこれを編むきっかけとなった、夏に見て一目ぼれした
さとこさんのはライトグレーでした。
ウールなのに、夏でもサッとはおれそうな色で、すごくステキ。
色までマネっこしたかったけど、それはさすがに・・と思って泣く泣く(涙)
あきらめました。

私の編んでいる糸の色、少し変わっています。。
グレー杢の、白いほうがすこしカーキかかってるような。
グリーンXグレーの杢というか。

snart klart


実はこの毛糸、テキスタイルの学校に行っていたときのなんと
廃毛糸。つまり、誰かが織物をしたときに縦糸に使われいた
毛糸で、織りあがり後に切り取られた”余り”の部分。
2mくらいのブツ切れの毛糸が何百本と棚に眠っていたのを
色が気に入って全部もらってきたのです。ブツ切れでも、逆に
大好きなノールビンドニングならぴったりだわ♪と思って。

で、2年前ほどにノールビンドニングで手袋を作ったのですが、
今回のマフラーを編むにあたって、手袋を編んだ後の余り糸で
試しに編んだところ、この糸がこの編み模様にぴったり。
他にも似たような糸をかーなーり捜したのですが、無い。無い。。。

そこで・・・・

なんと、手袋ほどいちゃいました!


でも、フツーの編み物と違って糸が簡単にほどけなくて、片手ほどくのに
3日かかりました。。。。


そんなみみっちい地道な努力を経て、、、、


完成!


完成後、あまりにこの編み方が気に入ったので、別の毛糸で
ミニマフラーを作成。
いつもお世話になっているお向かいのおばあちゃんにあげる予定。
なんと6日間でできちゃいました。
そして、編み物を仕上げたあとに洗うということをしたことが無い私は
またもやさとこ姉に講義を受けて洗ったわけですが、
小心者の私はなんとプレゼントする予定のミニマフラーのほうから
洗って(実験台か!)、成功を確認してから自分のを洗いました。

これがミニマフラー。
幅も自分用の半分くらいで、長さも1mぎりぎりくらい。

en till


ほんと、洗って成形するときれいになる~

そしてこれが自分用。ぎりぎり肩もすっぽり覆って羽織れるくらいの、
イメージしてた大きさのマフラーが出来ました。

klart!

2つのマフラーを比べるとこんな感じ。

ser skilnaden?

ミニマフラーのほうの毛糸がすーーーごい細いの、わかります?
100g=600mくらいの毛糸でした。

さて。次は何を編もうかな。
これを編む段階ですでに余分に3色くらい糸買ってるし(笑)
この編み方でまだいくつか編むか・・・うーん。しばらく考えよ。

そう、まだ編みかけのときに、ストックホルムであったソーイングフェスティバルに
さとこさんと行ってきました。そのときにもこれ用の毛糸をまだ
探したりもしてたのですが、そのときに見つけたものが・・・・






Designed by aykm.