FC2ブログ

happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
Midsommar 夏至祭
今年も夏至祭のシーズンがやってきました。
クリスマスと並ぶ大きなイベントだけど、ダーラナの夏至祭は更に特別。
夏至祭はまるで自分たちのもの、というムードで、盛大に行われます。
伝統祭り好き・民族衣装好きの私はたまりません。

さて、今年の夏至祭は、未踏の地・ダーラナ西部。
シリヤン湖あたりと違って観光化されてないというこんなマイナーなエリアの
夏至祭の旅に、なんとストックホルムからさとこさんが参加してくれました!

2泊3日の旅の前半はさとこさんのほうのブログにもう素敵にアップされてるので、
そちらで是非ご覧になってくださいね!

私のほうはダブるところを省いて(あ、手抜きだ!)・・・


前日からざーざー雨が降っていて、当日も朝からしとしと。
これはもう今年の夏至祭は・・・・とすっかりあきらめていたところ、

vilket vader!

なんと昼過ぎにピタと雨がやみ、あれあれ???というくらいさああーーーっと
ダークな雲が晴れて、あら!太陽がサンサンと・・・
今年も夏至祭運はばっちりでした♪

初めはMalungの夏至祭。

かわいい音楽家さんたちが上手に弾いています。

sma spelman



よーく見ると、こっそりディズニーのシールを貼ったりして
自分流にヴァイオリンをチューンナップしてるところが子供らしくてキュート♪


snygga stovlar




















左の子は実はゴムの長靴を履いているのだけれど、ちゃんと
長靴にダーラナの伝統的なモチーフを描いてあって、これなら民族衣装に合わせても
ガッカリどころか、イケてます^^


ダンスが始まって、少ししたところで、あわただしく次の目的地・Äppelboへ。
各地で時間差で夏至祭があるので、できるだけ見たいのです!


Malungでもそうでしたが、こういう夏至祭は昔からある村の建物が集まった
ところで行われます。Äppelboではその建物が口の字に建っていて、
囲まれた小さな広場に村人がぎっしり集まって、密~な感じでした。
村人全員が知り合い、っていうムード。

raket





























Äppelbo出身の有名人(テレビに出てる美人さんでした)のリードでダンスも盛り上がり、
どんどん晴れてきて汗ばむほど。



ん?


なのに、君はどうしたんだ?



vad hande...

















あまりの憂い顔に思わず迷子ちゃんかと・・・・・

vad tittar pa...





















推定年齢2歳で、こんな表情する、その背景には何があるのだろう?






いやー、子供の写真ばっかりになっちゃいますが、かわいいのよほんと。

Det var hon igen,,,






























あ、またあの子いますね。

あなたもだんだんこの子が気になってきたでしょう~~~~~、ほら~~~





さて、ここÄppelboは1935年からずーっと上演されているTrollbröllopetという
野外劇で大変有名で、今年は8月の7,8,9の3日間。
いつか本物を見てみたい・・・と思いつつ、その上演場所を見てきました。

mystisk
































大きな湖のほとり、静けさがかえってほんとうにトロールが出そうな
幻想的なムードです。



Kommer troll?




さて、最終日はÄppelboをあとにして、さとこチームと涙のお別れ。
そのあとちょっと珍しいカフェへ。
ツーリストインフォに資料請求したら、届いた封筒からハラリと落ちた名刺サイズのカード。
それがここのカフェのカードでした。
「Cafe i fårhus」
ぬな?羊小屋のカフェ?それって『昔、羊小屋だった』?それとも?
と興味シンシン。実際は・・・・

cafe


far

現在もバリバリの羊小屋!

高ーい天井の小屋に入って、足元に敷き詰められた藁をワサワサと踏み、
羊ちゃんたちとなごみながらお茶でございます。ここのケーキがまたおいしかったっっ!!

うーん、さとこさん、ここは一緒に来るべきでしたわよ~~



fika med far






























そして夏至祭の締めくくり。
ちょうど帰り道にあたるGagnefの小さな小さな村、Bodarnaというところへ。

無名もいいところの小さな村に、人が・・集まる集まる。
なにやらいい予感ですよっ。

tre sma gummor
































いたー。大好物、子供ちゃん♪


vill pussa!


うふ。かわいい♪


そして、ここでかっこいい!素敵!と思ったのが、女子の活躍。
過去に見た夏至祭では必ず男性だった、行列の先頭を務める騎士が・・・


女子!

riddare






























そして、そして、女人禁制とまで言われた(か?)、夏至祭のポールを立てる
作業にも・・・・ほらほら、よく見てくださいー


tjej ocksa






























女子です! これはここでも今年が初めてだそう。


Bra jobbat

































きりっとしてて、シャンとしてて、格好いい!
見てみると、とても新鮮!
いいぞ~、女子、がんばれ~


ということで、とても楽しいかわいい夏至祭でした。
なんといってもさとこさんたちにお借りして弾かせてもらったニッケルハルパ!
忘れられないくらい楽しい経験でした。次にハマりそうな予感・・・
そしてニッケルハルパで肩を、夏至祭のダンスで足腰をやられ、
全身筋肉痛になりながら帰りの車で満足に身を沈めるヒロコでございました。

さて、おまけの写真です。



[Midsommar 夏至祭]の続きを読む
スポンサーサイト
春遠からじ
もうエエかげん冬の写真、見えないくらいいっぱい更新しなければ(汗)
いつ開いても冬景色が見えるブログは、いけませんね~~~

でもね、春になった~と言ったのに、ちょっと曇るとすぐに

気温8度。とか。

5日前もヒョウ(豹・・・・じゃなくて雹)が降りました。

これじゃあ寒くて春なんて呼べないよーー
っていうかもう夏じゃないとだめなんじゃないの!!!

やっと咲き始めたお花ちゃんたちを外に並べてはあわてて取り込んだり
また「今日は大丈夫だろ」と思って外に出していて、気温が下がって
駄目にしてしまったり。
くすんくすん。
農家はつらい~(違うでしょ!)

冬なら冬で、寒いとわかっていると楽なのだけど、こう中途ハンパだと
いつも迷うのが、フリちゃんの保育園の服。
雪の日でも雨の日でも、朝から2時間は絶対にお外で遊ばせる保育園なので
気温8度・・・湖畔にあるから風びゅうびゅう・・・小雨降ってきた・・・
となれば体感気温は、日本の冬より寒そう!
今日はあの服で足りたかな・・・やっぱりトレーナーなんかじゃなくてセーターに
したらよかった・・・などと毎日送って帰る車の中で悔やむことしきり。
今日だってウールの肌着の上下+裏起毛トレーナー+裏地つきズボン+
フリースの裏地付きの防水上下+ウール靴下重ね履き+裏地ボアの長靴。

6月だよ!!!????


さてさて。
スウェーデンでもっともポピュラーな花というと・・・ゼラニウム。
(おっと、話がコロッと変わりましたね^^;)

わたくし、この花が最初、イマイチ・・・・嫌いでした。
多分、花本体よりも葉っぱの匂いのせい。
それに、ちょっと・・・ダサい花・・・・と思ってたの!

スウェーデンに来て、どの家にもゼラニウムが飾ってあるのを見て、
「ええー、家は素敵なのに、どうしてこうゼラニウムなのよ~~~、
がっかりだよ~~~、ダサいよ~~~
頼むよ~~、カーリン(ラーション)
」などと勝手に嘆いては
私は絶対ゼラニウムは家には置かないわ!と誓ったものでした。


それが。


pelagoner!



こぉほ~~~んなに!
これでも家にあるゼラニウムの半分くらいです(アンタ極端なのよネ)。

いつも見てガックリきていたゼラニウムは、赤~とか白~とか、超プレーンな
色で、(これは今でもあまり好きじゃないんだけど)
あるときお店で、「あら!私の好きなピンクもあるじゃない!」
見ると、紫寄りのピンクやら2色になってるのやら、八重のやら、
これなら家に持っててもいいな、と思えるゼラニウムがあることが判りました。
それが去年の夏のこと。
せっせと枝を分けては鉢を増やしたものでした。

med oga



ね、これなら許せる♪


冬を越させるのに失敗したのが幾鉢かあって、涙を飲んだなか、
無事生き残ってくれたこの子が一番のお気に入り♪

gammal sort




花の名前を調べるほどマメではない私はこれが何というのか知らないの
だけれど、この間花を見に行った園芸のところで『古い品種』と看板の
掛けられた部屋に置いてありました。そういわれると、クラシック~な感じ。。かな?

まるで小さい小さいバラのようではありませんか。
と思ったら、「バラ咲き」という咲き方があるんですね、失礼しました^^;


そして、今年デビューした子の一押しがこの子。


engelsk pelagon






























engelsk pelargon(直訳するとイングリッシュ・ぺラルゴ二ウム)というのですが
日本ではそうは呼ばれてないようですね(今調べたの^^;)
アリストという名前のゼラニウムで出ているのを見たことがあります。
これの白を見たとき、野菜みたいにワサワサと茂る葉っぱを見て
ぺラルゴニウムだとはわからないくらいでした。

これが置いてあった白いカントリー風のお店にマッチしてて即決!
ちょっと高かった・・・けど。

すると後日スーパーでなんと同じ種類を見つけて、あらら安いじゃない!
とこれまた購入。すると・・・

billigare ar starkare














左がスーパーの。800円。
右 インテリアショップの。1400円。。。。

高いほうは、最初についてた花が終わってから蕾が全然でない。
安いほうは、元気にワサワサと咲いております。


スーパー。。。。万歳!



あっ。
花の写真ばかりになってしまった。
最後にちょろっと夏が近づいた一日の我が家の1枚を。・・・・





Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。