FC2ブログ

happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ある日の帰り道。
保育園は車で10分くらいのところにあります。
その通り道に娘の大事な大事な友達たちがいます。

たとえば。


muuuuuu



大好きな牛さんたち。
娘が生まれて初めて会った生き物。犬よりも先に会ってるはず。。。


だからって・・・
safari?


こんなに囲まれたらちょっと・・・!
(牛が好きだから大丈夫とはいえこの写真を撮るために娘を車に1人にした駄目母ヒロコ)


そのほかにもお約束の。。。


羊ちゃん!
far

ny klippta




最近毛刈りが済んだようで、ヤギのような羊ちゃんたち。
じっと見てると、寄ってくる、寄ってくる。


raka noga



ちょっと、あなた。
顔の周りを刈り忘れてますよ! 
なんだかギリシャ神話モチーフの彫刻でこういう顔の人、いましたね(笑)
ゼウスだっけ。


あと、最近お気に入りの仔馬ちゃん。

lilla hasten


とおおおーーーってもかわいいの♪
尻尾もまだピコタンピコタンしてて。まつげが栗色~~

彼らお友達たちは、保育園の行き帰り、泣きそうになったり眠たくてぐずり始める
娘の気分転換に即効威力を発揮してくれる、救い主のような存在なのです^^;


保育園で座っているとママ同士の会話。
「うち、あともう1頭飼おうと思って。」(←馬です。すでに3頭飼っている)
「うちはやっぱり羊欲しいのよねー」
・・・子犬を飼うかどうかのように、サラッと会話されていました。参った。

[ある日の帰り道。]の続きを読む
スポンサーサイト
宿題。
保育園ネタが反響ありと見てまた保育園ネタです(笑)

ある日、娘を送っていって一緒の部屋でしばらく座っていると。
「Kan du tova?」とハイ、と渡されたのがこれ。

ull

羊毛ですな。

フェルトできる?って聞かれてるんだけど、この国では誰でも羊毛をハイ、と渡せば
フェルト出来るとでもいうように、フツーに聞かれましたよ。
よかった~、テキスタイルコースに行っといて。じゃなきゃ、出来ないよ!


宿題をもらった気分で帰ってきて、娘が昼寝の間にしゅわしゅわ、ごしごし、
アワアワ・・・むふー、楽しい♪
久しぶりの感覚、ウールのにおいとリノリンですべすべになったお手テ。


これですよ、これ。


そして、だんだん縮んでいくのを見て「おーし、もう少しこするかぁー」と
気がつけば燃えてる自分。


これが何になるかというと、なんとネームプレートにするのです。
上着かけたり、上靴を置いたりするところの。
こんな手作りのプレートを作っていると、小学校の時の持ち物、おはじきとか
ちいーーーさなものにまで全部名前を書いてシールを貼ってくれた(というか貼らされた)
親たちのことを思って、名前を100コ書くのと、手作りで1コ作るのとの
違いなんかも考えた。
名前はどう入れるかというと、もちろん・・・刺繍なんですねーーー

F


さあ、頭文字だけ入れましたよ、入れましたよー
必殺チェーンステッチ、がんばれ~



さて、いよいよ娘の名前初公開なるか?むむーーー!

あたらしい生活
スウェーデンの多くの学校は8月半ばから始まります。
ウチの娘もとうとう保育園に通うことになり、そこがあんまり可愛いので
紹介しちゃいます。

ここでは(というか、スウェでは)保育園・幼稚園って特に分かれてないみたいで、
ひとつのところで2歳以下、3~5歳、6歳の子たちの3つのグループになってました。
田舎の小さなとこなので、保育園/幼稚園と小学校(これも中学校とひっついて、
小・中学校です)と合同で始業式。

始業式といっても、日本とは大大大大ーーー違い。
みんなバリバリの普段着だし(先生も)、入学式のスーツなんか買わなくてもいいのだ^^
私もスッピンで参加しましたよ(こらこら、中学生に見られるよ)。

校歌なんか存在しないし(おそらくスには無さそう)、校長先生の挨拶のあとは
音楽の先生の縦笛(リコーダー)演奏や、物語の朗読・・・

うーん。
いいぞお~。そのほのぼの具合!

そのあとは先生たちでフォークダンス。
dansa

bar fottorna



先生たちの半分はハダシでした ^^;



relax



みんなラフでしょ(笑)
こっちはいろんなパフォーマンスを見てるだけでいいんですねぇ。




床に寝そべって頬杖ついて見てる子までいたぞ。




「はーい、新1年生出てらっしゃ~い。OO,XX!」と生徒たちが呼ばれて前に出ます。
1年生・・・2人。 2年生・・・4人。
「はーい、今年もよろしくね~」と一緒に挨拶するのは1&2年生をまとめて見る担任の先生(当然1人)。




という感じで、当然3&4年、5&6年、7&8(中1&中2)、9年(中3)と、5人しかクラス持ってる先生いないんだーー





1クラス45人とかで1学年に11組まであった小・中学校に通っていた私にゃー
なかば噴出しそうにもなりながら、新鮮です。



ところで、この保育/幼稚園と学校は、ヴァルドルフ教育に基づいた学校で、
学校の内部が、ヴァルドルフ教育のあたたかい色で彩られていて、
とってもかわいいんです。あ、ワタクシ、ヴァルドルフ教育についても
人形についても無知ですから、そのスジの方のご質問はご勘弁を^^;


Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。