FC2ブログ

happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
チムチムチェリー♪
今日は煙突掃除屋さんが来る日。
前もって区のほうから日時の連絡を受けていて、「人生で初めて私のウチに煙突掃除屋さんが来る日」なのでもう子供のようにワクワク♪して待ってました(笑)。
いまだに薪をくべて暖炉やかまどを燃やすお宅が多いこういう田舎では煙突掃除はなんと
個人ではなくて、ゴミの回収や除雪車と同じように区にお金を納めて区から来てもらうのです。
さて現れたチムニーさんは・・・

redskap

[チムチムチェリー♪]の続きを読む
スポンサーサイト
カントリースタイル
スウェーデンに来てから、古いもの好きに拍車がかかってます。「カントリー風」といっても、白い世界~、みたいなちょっと恥ずかしい甘いのは苦手。でも今は「~風」どころではなくてマジでカントリーライフなので、まよわず木のもの、手づくり風なものをチョイスすると、これがぴたりとはまる。写真のベッドは今回の引越しを機に「えいっ」と思い切って買ったIKEAのベッド。今年の新作だというのにこのハマリ具合、どうですか?

IKEA sang

おとぎの家
slottet

このかわいいおウチにいるのはキツネの家族だけではありません。屋根裏っぽい2階へあがると、なんとお城と王子様、お姫様、そしてお約束のキツネちゃんの絵が。それも壁にじかに描いてます!池にはアヒル、月と星と太陽がいっぺんに出てるこのヘタウマさ加減もたまりません!天井と壁面が木肌がみえるほどの薄いピンクで塗られているのでメルヘンです(笑)きっと子供部屋だったんだろうなあー。この絵を隠さないようにソファをがんばってこのコーナーに置くつもりなんだけど?
出来たー
3vavningar


引越しのため年末までで泣く泣く辞めたテキスタイルコース。
最後の織物が実はまだ織り終わってなかったので、旧住居の最後の掃除に帰ったときにあわせて織りに行きました。
これはかなり長い経糸を張って、同じ経糸で7枚の異なる織物を織った思い出の一連作。
数点のクッションカバーや壁掛け、原毛をはさみこんだものなどを経てとうとう最後の壁掛けを織り終えました。
一度途中で機から出来上がりを降ろしているので今日下ろしたのは3作。
右側のグレー系のものはラップ地方の織物からインスピレーションを得た壁掛け(rana)、
あと2点はカバンにするつもり。
マイナス20度というのは
マイナス20℃というと、どんな感じだと思います?「寒いでしょう~」とよく聞かれるけれど、実はいっそのことマイナス20を超えたほうが、カラッと晴れた透明な青空に雪をかぶった樹木が、しん・・・と音もなく立ち並んで、それはそれは澄み切った美しい寒さなのですよ。逆にヘタに-12℃とか中途半端な寒さだと(中途半端か??)どよ~んと曇った空で、ただただグレーな景色。温度の差は体で感じるよりも、目で見て感じるものなのかもしれません。

frost

grannar(ご近所さん)
引っ越してきて1週間ほどした頃、出かけようと車のエンジンをかけていると「おおーい」という感じで雪の中をよたよたと駆けて来る人あり。「私に向かってるのかしら」と見てると、「ああ、やっと会えた!」と息をはずませる笑顔。同じ通りに住むテキスタイルデザイナーのHelleが「ようこそ!」と言いたくて毎日窓から見て待ってたんだとか。手渡された小さな包みには「ようこそ、Klosterへ!」と書かれていて、中にはデンマークでおなじみのサクサクのねじれクッキーがいっぱい!こちらでは引っ越してきた人じゃなくて、周りの人が越してきた人を訪ねて挨拶をするんだそう、それにしても手の中のクッキーはふんわかと暖かな気持ちにしてくれました。もちろんサクサクおいしかったですよ!

Helles kaka

レトロおうち
今度越してきた家は古さが最高!という感じの、昔ながらのスウェーデンの赤い家。なんと建て始めは1840年というから礎は160年も建ってるのです!そののち多くの人の手を経て、お色直しを経て、私たちの番になりました。今では「K指定」といって、内装以外はもう変更してはいけないという、まるで「京都町並み保存会」並みの(?)家になっているそう。おかげで断熱は甘いし、なんともいえないボロさなんだけど、この味がたまりません~!

vedspis

はじめまして
ちょこっと自己紹介なぞ。3度の単身北欧旅行を経てスウェーデンへの憧れやまず、2003年の夏よりスウェーデンのダーラナ地方へ。学校でテキスタイルコースに行くうちに大自然と暖かな人々に恵まれていよいよとりこになり、とうとう住み込んでしまいました。最初の1年目は学校の寮、2年目からは学校敷地内のアパート、そして今は引っ越した小さな村の古い古いダーラナの赤い木造のおうちで本物の田舎暮らし満喫中。


20060607042833.jpg

Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。