happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
アラフォーの手習い
手工芸の友(胃袋の友とも呼ばれている)のSatokoさんがキッチリ
ノールビンドニングにハマってくれているように、
私も彼女に教えてもらってキッチリハマったもの。Nyckelharpa。

P9110149.jpg




















スウェーデンの50kr札にも載っている、由緒正しきスウェーデンの楽器です。
[ 起源は諸説ありますが、この際お札にまで載ってるんだからそういうことに
します(強引)]

先日はストックホルムのSatokoさんたちとSkansenスカンセンの
民族音楽&フォークダンスの日に行って、心ゆくまで弾いて来ました。

P8310168.jpg


















この、コンサートの行われた小さなホール、まるで劇の書き割りみたいな
森の景色がめちゃくちゃ可愛いかった。
今にも野うさぎとかがピョコって顔を覗かせそう。メルヘンチックだわー



P8310172.jpg









コンサートは教会などでも行われ。















楽しかった〜 手工芸も音楽も胃袋もすべて満たされた週末でございました。

で、私がそんな楽器をせっせと弾いているというのに、姫いわく
「私、fiolがいい」
フィオール、ヴァイオリンのことです。
え?ママとニッケルハルパ一緒に弾こうよ?
「ううん、私fiol」
頑な。
母、ちょっと寂しい。

でも、地元の音楽教室に申し込みしました。スズキ式の。
恥ずかしながら私、実はスウェーデンに来るまでそんなメソッドがあるの、
知りませんでした。スウェーデンに来て、こちらのヴァイオリン弾きの人に
知らないというと大変驚かれました。日本ではまるですべての音楽教室が
スズキ式で行われているかのように思い込んでおられる方までいましたよ。

で、スズキ式というのはなんと親が先にヴァイオリンの練習するんです(よね、
まっきーさん。ていうか、私まっきーさんのブログでそのこと知ったんです笑)
私が先ー、私が先にやるーーーとゴネる姫をなだめつつ
ヴァイオリンを借りて来ましたら。。。
(1年間は親も子供もヴァイリンは無料で借りられる)

P9040003_201309120045120b9.jpg



















ちょっ・・・・


ちっさいでしょうがーーーっ


「いやー、今、大人用のサイズが足りなくてねえー」


・・・私が小さいと思ってなめられている。明らかに。
えーえー、私152cmでございますよ。子供サイズの大人なのっ

おまけに、スウェーデン製ではなくアジアのとある国で作られたこのヴァイオリン、
残念ながら音まで悪いのであります。私にだって判ります。ぷんぷん。

ということで、3/4サイズのfiolで練習しています。生まれて初めて弾く〜
これもあと1ヶ月すれば姫の番になります。
きっとおもちゃみたいに小さなのを借りるんだろうな。


最近ご無沙汰アキコちゃん↓




[アラフォーの手習い]の続きを読む
スポンサーサイト
情熱・・・それは
さて。
今年は全然寒くならない変なスウェーデンです。
10月半ばにちらっとマイナス~0度あたりに下がった日もあったというのに、
その後はずうーっと曇りで暖かくて、雪が降ったのなんて1日だけ。
今日なんて、12度もあったよ!ちょっと!
もう凍えちゃう~~~って大慌てでゼラニウムをとりこんだのにーー
おかげで前に霜に耐えながら咲いていたパンジー、まだフツーに
元気に咲いております^^;

ということで、いつもは秋があっという間に過ぎて長い長い冬が来るのに、
今年はめずらしく「長い秋」を味わっています。
雪がないぶん、暗い、暗い!
日の出が8時半ころ、暗くなるのは午後3時半ころです。
雪が待たれます。

それでも、私にはこれがあるのです♪うふふ


実は、この夏から始めた、新しいこと。 新しい趣味。

出合った瞬間・・・・・恋に落ちました。

その人は・・・


instrument!


楽器さんです!

ギター?ううん、よく見てください。。。

stranginstrument!

チェロ?
んーーー、惜しい。 もっとよく見て~


va, manga


お、お、おおおお??

弦がいっぱいあるよーー??

さて、全容です。


Det var harpan :-)

スウェーデンの伝統楽器、ニッケルハルパです。

心の中でどこか、いつか弦楽器を弾いてみたいという気持ちはあったのだけど、
ギターを持っては挫折し、持っては挫折し、(まあ挫折ちゅうほど練習してませんでしたが)
していたので、なかばコンプレックスみたいに思ってました。

それが。

夏至祭に遊びに来てくれたさとこさんたちにニッケルハルパ体験させてもらって、
もう、目からウロコというか、「いやー、こんなものあったのね」的に開眼!

始めてニッケルハルパを触らせてもらった夜の大興奮ったらもう。

眠れないの。
あの人が忘れられなくて。。。。
どうしたらいいの?この気持ち。

(ってあんた15歳か)

でも、まさにそういう感じだったのです。
完全にノックアウトでした。

で、恋に悩む中年乙女をさとこさんとニルスが救ってくれました。
このニッケルハルパを貸してくれたのです・・・!
(見て見てニルス~、ハルパ元気だよ~~、無事だよ~~)

それからというもの、地元のSpelman(音楽隊?)を尋ねて
ニッケルハルパを弾くグループを発見!

5人全員年金生活者というおじいちゃんグループで、
(5人中 2人が補聴器、実に40%ですな)
最高齢85歳のおじいちゃんが私の先生。これがまた、お年を感じさせない
素晴らしい指さばきで楽々と演奏してはります。

今はじいちゃんグループのアイドル(候補)として、がんばって
集まりに顔を出してはいろんな曲を練習しています。
基本的にfolkmusik(民族調音楽)なんだけど、みんな作曲もするので、
「これは誰々さんのOOっていう曲」というのが多いです^^

我が家の相棒も人に電話をかけては「hirokoが新しいpassionを見つけた」って
言っているので、多分傍目にも「恋に落ち」状態だったんでしょうね。笑

ということで、今3ヶ月目くらいですが、いまだにラブラブです♪
どうかこの恋が長く続きますように^^








Designed by aykm.