FC2ブログ

happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
田舎生活満喫中
P7240112.jpg

日本の台風がここまで来たかと思うほどの豪雨に見舞われています。
気温も急降下で、とうとうストーブのお世話になりながら書いています。
現在オットの実家に滞在中ですが、まだ雨の降っていなかった昨日のうちに
ラズベリーやキノコを森の中で思い切り採って来ました。

P7230049.jpg

今年は冷夏で雨が多かった印象ですが、その分ベリー類は当たり年なのだそう。

P7230042.jpg

森の中に群生している小ぶりのラズベリー、ワイルド・ストロベリーならぬ
ワイルドラズベリーという感じで、ぎゅっと味が濃くてオイシかったです♪

P7240114.jpg

カンタレッレという黄色いキノコ(日本名アンズタケ)、かもめ食堂で
有名になりましたが、香り豊かでとても魅力的な秋の味覚なのですよ。

P7250165-1.jpg

綺麗にブラシで掃除して、傷んだ所や根本を切り落として、ステーキして
肉料理に添えたり、ソースに入れたり、オムレツにしたりと大活躍☆

P7240131.jpg

ブルーベリーも今なら熟しすぎず水っぽくなく、の最高バランスです。

P7240135.jpg

なんとうちのアキコはブルーベリー犬だということが判明。一口食べたら
止まらなくなって、もっともっととせがんで動いてくれません。あげるのを
やめたら、自分で茂みに顔を突っ込んでいました。自力じゃ採れないくせに笑
この勢いでトリュフ犬とかにもなってくれないかしらん。

P7250166.jpg

親戚のちびっ子たちも総動員で沢山採ったラズベリーは、ちびっ子たちが
自力でクラフトパイにして焼いてくれました。3つもあったのに、2個が
一瞬にして消費されました^^

P7250170.jpg

スウェーデン北部出身の義母の思い出の味、トナカイ肉のステーキ。
野性味溢れる味で、ラム肉などの好きな方には堪らない美味具合です。

P7230065.jpg

そしてスウェーデンの夏といえば、ザリガニ。もちろん漁の解禁は8月なので
これは今年の物ではありません。昨年の夏に沢山捕ったものを冷凍しておいて
それこそクリスマスや誰かの誕生日などになると取り出して食べるのです。
今回はシーフード大好きの私の為に義母がわざわざ振る舞ってくれました。
義母は料理人だったので味付けも最高だし、何より義母夫婦のおかげで
お店で買ったザリガニを食べたことがないのはシアワセだなあー☆と思います。





スポンサーサイト
2015 初場所 セムラ
ストックホルムの友人宅で過ごした夜、眠れずにモヤモヤと考えている時に、ふと
「秋にモンブランをあんなにやったから、ひょっとしてあれのセムラバージョンが
できるかな」という危険きわまりないアイディアが浮かんでしまって、、、

ということで、「2014 秋場所 モンブラン」に引き続き「2015 初場所 セムラ」
を開催いたします(例によって、一人開催です)!

といっても、em-pmさんのお勧めのセムラを買って帰っただけなのですが笑

まずはエントリーNo.1、Tössebagerietのミニセムラ(32kr・約510円)。
P1160182.jpg

注文を済ませて、レジで待っている間にセムラのケースの上に一回り小さな
ミニサイズのセムラがあることに気付いて、大慌てで交換してもらったものです。
なんたって4個買うつもりでしたからね、一つ一つの味がわかるなら出来るだけ
カロリー爆弾は小さいほうが良いのです^^;

P1160186.jpg

同じ理由でレギュラーサイズがあったにも関わらずミニサイズを選んだのが
こちら、エントリーNo.2 gateauのミニセムラ。


P1160180.jpg
隣にあったレギュラーサイズ 39kr(約640円)
P1160181.jpg
ミニサイズ 27kr(約440円)
写真で見ると大きさの違いがさっぱりわかりませんが(笑)いずれもアーモンドペーストが生クリームの下からはみ出ている(こんなの初めて見ました)という、たっぷり具合が高得点です☆

ミニセムラと言っても2つのミニでもサイズの差はかなりあるんですよ。
P1160189.jpg
左: Tösse(オレンジ大) 右: gateau(みかん大)


P1160191.jpg

そして2015年度の品評会で見事1位を獲得したSTOCKHOLMS STADSMISSIONのセムラちゃん。エントリーNo.3(40kr、約640円)は生クリームもたっぷり。
大きいです。グレープフルーツかビッグマックか、というサイズ感。

P1160194.jpg

ガムラスタンのChokladkoppenで買った、エントリーNo.4のセムラは変わり種で
ベースのパンがまず他のセムラと全く違います。パンじゃなくてbulleベースです。
STADSMISSIONのお姉さんが「あら美味しそう」と驚いた一品。33kr(530円)。

4つ全部を並べてみてサイズ比較をするとこんな感じ。
P1160193.jpg
手前2つがミニセムラ。
気分的には小さいものから温州みかん、オレンジ、グレープフルーツという感じ。

P1160201.jpg

No.1〜3は構造的にはほぼ同じなので、代表してこんな感じ。
パンの中央部分にアーモンドペースト、上に生クリーム、パンの蓋、です。
去年自作したときは、パンの蓋部分を切ったあと、内部を結構深くまで掘って
ペーストやクリームを詰めたのですが、お店ではそんなに深くまでクリームが
入ってないことが初めて判りました。パンの部分の黒いプチプチはカルダモン粒。

モンブランのときは「モンブラン」という概念だけが共通で、構造は各店によって
かなりバリエーションがあって、外観から判らないアクセントや風味が楽しみだったのですが、こう様式化されてしまうともはや差別化が難しいと思うんだけど。
ある意味個性が少ないというか、日本人はこういうところのアレンジは素晴らしい
ので、誰もアイディアを練らない伝統伝承ぶりに呆れたりびっくりしたりです。
こうなるとパンの生地のふんわり感や風味、生クリームの質やなめらかさ、
アーモンドペーストの量なんかが判断材料ということでしょうか。

そう言うことを感じながら味わってみますと、、、
No.1(Tösse) カルダモンが薫ります。パンの部分がミルクのようなふわっと甘い香
   がしていてパン部分は一番美味しかった。無糖の生クリームはあっさり目。
No.2(gateau) パンに少し塩気が感じられました。生クリームはコクのある風味で
   ひょっとしたら微糖かも?という味わい。
No.3(STOCKHOLMS STADSMISSION) パンも大きいけど中の無糖生クリームも
   アーモンドペーストもたっぷり。甘みのないパンが甘さを中和しています。
   ここのが1位になったのは、分かりやすい味だったからなんじゃないかな。
   ヴォリューム満点、パンもふわふわ、クリームもペーストも大サービス。

P1160203.jpg

Chokladkoppenの変わり種セムラ。ベースは完全にBulleですね。Bulleブッレと
言うと、Kanelシナモン味が一番有名ですが、こちらのはシナモン+カルダモンの
ミックスのブッレ。カルダモン好きの私にはポイント高いです♪
実はシナモンはそれほど好きではないのですが、今回の食べ比べでは4つのうち
3つまでがほぼ似た味わいだったので、変わり種があって正直嬉しかったです。
生クリームが他の3つよりも黄みがかっていたので、乳脂肪分が高かったのかも。

ちなみに、スウェーデンにもやっぱりいました!セムラの食べ比べをしてる人!

セムラガイド この人は重さまで測っててサイズ感もわかるのがスゴい。笑

あと、今年の評判はまだ出揃っていませんが、去年のセムラの評判のまとめ。
去年のテスト(allt om Stockholm紙)

でもこれらを見ていると、美味しいと思うところが私と全然違うので、どちらが
当てになるというものではなく、まあ好みの違いかな、と思います^^
食べたものがどれくらいフレッシュだったかとかでも味わいが違うと思いますし!

私がこの日食べたのはこのくらいの量です。
P1160204.jpg
ミニセムラちゃんは半分ずつ。大きなレギュラーサイズのセムラは4分の1ずつ。
トータルで1個食べた計算のつもりなのですが、、、(自分に言い訳です)。
4つのなかでは、味ではTösseのパン部分の美味しさが気に入りました。
本日のコスパ最優秀賞はNo.4のブッレベースのセムラ(33kr)かな。

普段は食が細いくせにお茶菓子となるとをガゼン威力を発揮する姫も、8歳にして
同量をペロリと食べておりました。「セムラって美味しいね〜♪」「ママ、今年も
セムラ作ってねー♪とご機嫌でしたが、さすがに最後ちょっとくどくなってきた
ようで、生クリームを脇へ除けてました笑
食べ終わって一言。

「ママのが一番美味しい」

ぎゃーーーー。なんて可愛いコなんでしょう〜〜〜〜(ウリウリ)
教育が行き届いています。

なんというかねえ、セムラっていまいち垢抜けないお菓子なんですよ。
繊細な洋菓子に慣れた日本の方が味わうと、夢が覚めるほどだと思います。
(本体が「パン」っていうのが元凶だとは思いますが)
それで、私はここに繊細なカスタードクリームを入れたりしてるワケですが
今年計画しているのはもちろん!「モンブラン・セムラ」です!
マロンクリームとカスタードとアーモンドペーストやらをいろんな配分で試してみたいと思っています(きゃっ☆楽しい〜♪)
大いなる野望は3月のセムラの日まで煮詰めることにします。



おまけ。







モンブラン備忘録
秋の日本帰国からずっと頭の中がモンブランで一杯の日々を送っておりましたが
2年前の秋にも帰国後「モンブラン食べたい〜、スウェーデンに無いのが辛いー」
と嘆くワタシにsatokoさんが「ヒロコさん作れるんじゃない?」と言って下さった
のをハタと思い出しまして。そうか。作るという手がありました。
無いなら作る、これはスウェーデンに来てからいつもやってるじゃありませんか!

ということで、あちこちレシピを調べては自力でモンブランを作ろうという
熱意がどんどん盛上がって来ました。時おりしもクリスマス。そしてクリスマスの
ゲストは小麦粉アレルギーの義母。これはもう、「メレンゲ底のモンブラン」を
作らずしてどうしましょう!

モンブランを作るにに有名なのがSABATON社のマロンクリームやペースト。
これがスウェーデンでは売っていないんです。日本で自作することを見越して
これらは購入していたのですが、船便の荷物に入れちゃっててまだ届かない。
SABATONはフランスのメーカーだからEU内で買えるでしょ、と思って
探してみると、なんと日本から取り寄せるほうが安いほど送料が高い。ひえ〜

調べているうちに、なんとあのアンジェリーナのモンブラン用のマロンペーストが
チューブで買えるということまで知り、これまた入手したくなり検索。すると
これも日本で買って転送してもらうほうが安いほどだと判明。EU圏内、いったい
どうなってるのでしょう。EU関税が高いんでしょうけど、納得いきません。

実家に頼んで和栗のペーストや栗納豆などを送ってもらいましたが、
せっかく取り寄せた材料を義母に食べさせるのがもったいないので
もしこの和栗材料が無くても困らないように、なんとかスウェーデンの材料で
モンブランが作れるようにならないのかな、というのも頑張って調べました。

Googleで見ていると、スウェーデン国内にSABATONのペーストじゃなくて
クリームじゃなくて、「ピューレ」というものならあると検索でヒットしました。
調べてみると、スーパーのICAの、ストックホルム地区にあるというのです。
へえー。地元にもあったりして。


PC310007.jpg


あったっ☆ しかも、リーズナブル♪


SABATONの商品を調べてみると、このクリームだかペーストだかの違いは
固い順にピューレ>ペースト>クリームなのだそうです。
ピューレは無糖・無添加。ペーストはバニラ風味や砂糖が入っている。
クリームは風味や砂糖の他にもシロップなどでソフトに仕上げられていて、
そのままモンブランに使えるくらい、とのこと。ほほう。
ピューレか、、、。レシピを検索してもほとんどペーストかクリームでしか
出て来ないので、ピューレはどう使っていいのか判らなかったのですが、
甘さの調節が自分で出来ることよね!と理解して、まずはトライあるのみ☆

まず、前もって作れるボトムのメレンゲから作ります。
メレンゲにアーモンドプードルの入った「ムラングダマンド」を作ってみたく
なったので、こちらのレシピを参考にメレンゲ底制作。

PC220007.jpg

薄いメレンゲ底も試してみたいので、いろんな厚さで焼いてみました。
レシピで90分とありましたが、薄く作ったせいか焦げそうな感じがしたので
60分ほどでオーブンから出しました。

さあ、マロンクリームです。
マロンピューレを使ったレシピはほとんど見つからなかったので、こちら
のレシピの中の「マロントッピング」と書かれている部分を参考に作りました。

PC220001.jpg

缶から出す時はちょっとドッグフードを出してるような気分に、、笑


PC220004.jpg

「よく裏ごしするように」とレシピにはよく書かれているのですが、裏ごし、、、
手っ取り早く、バーミックスでウイーンン♪

PC220005.jpg

なめらかでスムーズになりました♪
練乳が手元に無かったので砂糖を加える時に30g→50gに増量して投入。

PC220006.jpg

ここで50gの生クリームを8分立てにしたものを投入。
ラム酒の「少々」という量がイマイチ分からなかったので、少しずつ入れながら
加減を見ました。大さじ1くらいでほんのり香るくらいになりました。
しっかり薫らせたいときは大さじ2でもいいと思います。

PC220009.jpg

いわゆるソバ状に細く絞れるモンブラン用の口金は持っていないので、それならと
平たい口金でタテ型に絞るのに挑戦することに。

PC220011.jpg

まずミニサイズで試食。ひとくちサイズです。

うーん♪ 悪くないけれど、やっぱりタテ型は外のマロンクリームが分量的に
少なくて、栗感が低いかも。もっと栗の味が欲しいなあ。
もったいないけど、和栗のピューレをマロンクリームに75g投入。
すると。

うわっ! 栗の風味、速攻アップです!断然違います。
香る香る薫るう〜〜〜〜〜


PC250100.jpg

さらに本番では、栗度を上げるためにモンブラン中心にも栗クリームを絞り、
その上から生クリーム、そして外側の栗クリームタテ方向絞りにしました。
かなり、納得の味になりましたよ♪

PC250102.jpg

クリスマスのデザートに出してみたところです。
意外にも、義母がというより義母の夫(再婚しているので、こう言います)という
のが普段はどこの森から出て来た?と思うほどのむさ苦しいオッチャンなのですが
一言、「んまいなこれ」。
おおっ!あなたにこのおフランス生まれのデザートの味がわかりますかっっっ
「もう1個もらってもエエかな?」
普段は食べ物に「美味しい」とかあまり言わないオッチャン男性なので、
周りが逆に「え?そう?」と急いでもう一口食べるという有様。
概ね好評でした!
みなさ〜ん。スウェーデンの人の口にもモンブランは合うようですよ〜〜〜〜
美味しいんだもん、当然ですよねーー



作秋、日本へ帰国するにあたって、短い滞在期間で出来るだけ美味しいモンブラン
を食べたいと色んな方々のサイト/ブログを参考にさせて頂きました。
その中でも特に参考にさせて頂いたのが以下の方々のサイトです。
いずれもモンブラン累計は300にも400にもなり、私の28個なんてフッ☆って
笑っちゃうほどの小さな数字です。先人達の偉大さを感じるばかりです。
いずれのサイトも近年のアップがないので寂しい限りですが。

全モンブラン一覧
写真がとても綺麗で、食後の感想も簡潔にまとめられていて素晴らしいです。
エンドレスで見てしまいます。

モンブランの大解剖
こちらは各モンブランについての感想はありませんが、すべてのモンブランに
イラストで図解説明が付いています。私のようにチョコが入ると嫌だの
ムースはイヤだのという人間にはとても有り難いのでありました。

などなど、長い間引きずって来たモンブランネタですが、一旦ここで終了と
致します。私的には「モンブラン横綱番付表」まで考えていたのですが(笑)
私ごときが、という自責の念と、まだまだ食べていないモンブランが沢山
あることから、この作業はライフワークにすることに^^; 笑
ここまでお付き合いありがとうございましたm(_ _)m
また来秋もサンプル収集に勤しみたいと思います!








セムラ
facebookのほうにも写真を少し載せましたが、今年のセムラの日は3月4日だ
というので、先日材料をシュークリームに流用してしまった罪ほろぼし(?)に
がんばって作ってみました、Semlaセムラ。

P3060006.jpg


















レシピはこちらのサイトのものを参考に、半量で作りました。だって、
いくらシュークリームを50個作った私でも、セムラ20個もいらないし(笑)
10個分っていってもハンバーガーくらい大きなのにしてやっと10個なので、
あんまんくらいのが14個できました。
大きく見えるかもしれませんが、上の写真のお皿は小さなコーヒーカップ用。


P3040210.jpg























レシピは20個分なのでご注意を。半量で作っても上手く出来ました☆
・ドライイースト 菓子パン用 50g
・バター  175g
・牛乳 500cc
・グラニュー糖 160g
・挽いたカルダモン 大さじ2
・塩  小さじ1
・強力粉   900g

1)バターを鍋で溶かして、ミルクを加える。37度にあたためる
2)イーストをボウルに入れて、挽いたカルダモンも混ぜる

カルダモン。こちらでは緑の種(?)を開けた粒で売っています。
P3040212.jpg







これを
すり鉢で
潰します







P3040215.jpg






粗挽き胡椒
くらいに
なったらOK










P3040217.jpg







ボウルの中の
ドライイーストに加えて混ぜる






P3040219.jpg






















1)の温まった牛乳&バターをボウルに入れてイーストが溶けるように混ぜる。


P3040222.jpg





















粉類(強力粉、塩、砂糖)を全部入れて混ぜる。
私は泡立て器にドゥー用(生地こね用)の部品が付いているのでそれで。
マシーンのある人はもちろんそれで。しっかり混ぜる必要があるので
機械のほうが望ましい。15分は混ぜること。




P3040223.jpg







ボウルに
キッチンクロスを
かけて生地が倍の
大きさになるまで

発酵させる。
少し温かい所に
置くといい。

















発酵が終わったらゲンコツくらいの大きさに丸めて天板に並べて2次発酵。
これも倍の大きさになるのが目安だけど、大体1時間くらい。

P3040226.jpg




パンに
カルダモンの
ぷちぷちが
見えてます♪















P3040225.jpg





















発酵が終わると225度のオーブンの下段で10分焼く。

P3040227.jpg



















ちょっと焼き色付きすぎたかな、、、(汗)
焼き上がったパンは網にとって冷まします。

さて、ここからパンに詰めるフィリングを作ります。

P3040224.jpg




















これが日本では簡単には手に入らないかな。
Mandelmassaマンデルマッサといって、まあマジパンみたいな食感のもの
なんだけど、セムラの心臓部なので絶対入れたい。

これはアーモンドプードルで作れます。

150g アーモンドプードル
100g 粉糖
をハンドミキサーで混ぜて、固さを見ながら水大さじ1を少しずつ加えます。
すぐ使う場合はそのままで、保存する場合はサラミのように細長くして
ラップでぴっちり巻いておくと数日は保ちます。

使う時には、これに泡立てる前のトロリとした生クリームを加えて練ります。
Mandelmassaマンデルマッサが手に入る人は使用量200gで。

P3060004.jpg


















固さを見ながら少しずつクリームを加えては混ぜていく。
こしあんや、味噌みたいな程度の柔らかさになったらOK。

P3040228.jpg



















先ほど焼き上がったパンの上を丸く切り取って、、、、、
(この切り取った部分はあとで蓋に使うので置いておくこと)

P3040230.jpg



















フォークなどで丸くくり抜きます。

P3060001.jpg




















底に大さじ1くらいずつアーモンドのフィリングを入れて行く。

次に生クリームを泡立てる。砂糖は無くてもいいがお好みで少量入れても。
ボソボソにはならないように、且つしっかり泡立った状態にする。

大きめの☆型の口金を付けた絞り袋で中と縁まで生クリームを絞る。
プレーンタイプのセムラのフィリングはマンデルマッサと生クリームのみ。
いくらなんでも生クリーム多過ぎでしょっ!と思う私はここでカスタードを投入。

P3060004_2014030803190572f.jpg



















市場にもプレーン版のほかにヴァニラ版というのもある(スではカスタード
クリームのことはヴァニラクリームと言う)のですが、そうなると
カスタードと生クリームだけ。マンデルマッサは入ってないのです(T_T)
これは絶対入ってるほうが美味しいので、ホームメイドでは好きな組み合わせで♪

P3040232.jpg


















マンデルマッサ→カスタードクリーム→生クリームの3層にしています。

P3040233.jpg



















先ほど切り取っておいた蓋を載せる。お店ではこれを三角に切ったりするのが
最近は多いけど、我が家では姫ご希望のハートバージョンで♪

P3040210 1




















これに粉糖を振って、出来上がり☆

食べた瞬間、、、、、今までで一番美味しい!!びっくり、大成功。
小さめセムラ1個で結構お腹がふくれるのに、2個ペロリの姫。
スウェーデン滞在11年間で一番美味しかった。と思っていたら、人生で一番
美味しかったとオット。何十年も食べてる人が一番って言ってくれるなら、
ちょっと自慢してもいいかな?*^^*

それなら、、と気を良くしてお向かいのファミリーにもお届け♪

P3040002.jpg



















ここでもまた賞賛のお言葉を頂戴しました。
これね、やっぱりパンが焼きたて&ホームメイドってのが一番美味しかったと
思います。しっとりして、お店の物よりずっとパンの味と香りがしました。
これから、毎年焼くこと決定アイテムの1つになったかな。。。。
一日お菓子工場
先週のヴァレンタインデー。
運良く月曜日だったので、ちょうど遊びに来てくれていたSちゃんと
一念発起して作り始めました。

恒例の中身トロリン・チョコレートケーキを作っていると、
「あ、これ、薄く焼いてもまた食感が違っておいしいんだよなー」
「マフィン型に入れてもまたおいしい。持っていけるし^^」
あれもこれも食べたくなってきて、止まりません。

ついでにチョコバナナパイも作っちゃえ~
パイの生地さえ焼けばあとはチョコ、バナナ、生クリームと段々に入れる
だけなので、あっという間なの♪

hiroko choklad fabliken

















と、作っていると、オットが職場から電話。
「明日さぁ~、職場のフィーカ(お茶時間)のお菓子の係だったのを思い出したん
だけど、今から何か焼いたりとか出来るかなー、なんちゃって」
ハイハイ、出来ますよ~
材料も道具もまだ机に出てるし、今日は作る気モード全開だったし!
もしこれが娘が家にいる金曜~日曜だったら無理だったな。笑

ということでここで急遽バナナケーキとりんごケーキを追加。
「注文入りましたぁ~っ!」って感じ。
おおー。一日でこんなにいっぱい作ったのは初めてじゃ。

バナナケーキとりんごケーキも全部並べて、の写真を撮り忘れた。
全部揃ってたらけっこう壮観だったのになぁ~。惜し。
でもりんごケーキの余ったぶんはマフィン型に入れてウチで食べちゃいましょう^^
muffin form















この、縦に少し長いマフィン型の紙、IKEAで一目ぼれ。
(左奥に見えるキツネ色のりんごマフィンが普通のマフィンのサイズ)
白、赤、黒っていう配色がめずらしいのと、縦長ってのが妙に可愛いバランス。
クリスマス時期だったからか、型紙はあるのに専用のマフィン型が売り切れで、
ものすごく欲しくてネットで在庫をチェックすると、全スウェーデン中から消えていた。
ついでに日本のIKEAも、(なんでか)中国とフィンランドのIKEAの在庫まで見ると
フィンランドからもマフィン型は姿を消していた。やはり同じ北欧、
クリスマスの頃の焼き菓子作りが盛んなんだなあーと思ったり。
こんなに欲しいのに神戸のIKEAで『在庫127個』とかあるのを見て、バランス悪いなあ~、
需要が読めてないんだよな~、なんて突っ込んだり。(誰に?笑)
今ではもうスウェーデンでも在庫復活してるみたいだけど、でもこの規定外の型だと
普通のマフィン紙は使えないし~って、あんなに待ってたのに未だ購入してません^^;
プリン型で代用、しばらく続きそうです。

Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。