happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
お久しぶりです
皆様、とってもとってもお久しぶりです。
お元気でいらっしゃいましたか?
私もダーラナできっちりとまるまると成長しております。

10年で2、3回ほどしか私のブログを覗いたことのないうちのス人が
「おまえ、お腹の写真なんかブログに載せてんの?」と聞くので
載せるわけないじゃん!と思って見てみると、『こんなお腹がスッキリ!』
みたいなダイエットの広告のお腹がどどーんと出ていて、納得。
1ヶ月更新がないと広告が出てしまうんですよねー
こんなことになるまで放置していてごめんよ、、、私のブログ。

インスタグラムもほぼ更新していない私には
「最近もっぱらインスタで、、」なんて言い訳も全く出来ません。はい汗

ところでスウェーデンの今年の夏はなんだか変な天気です。
例年、夏でも20℃行かない日もあって涼しいのが当たり前だと思って
いるのに、今年は5月のGW開けくらいからぐんぐん気温があがり、
とんでもない暑さに。といっても28度とかですが。
だってほんとに、朝起きて10℃、日中の最高気温18℃なんて日が
当然なスウェーデンだったので、朝起きて17℃もあって、さらに
日中は28℃〜29℃なんて、、、

スクリーンショット ヨーロッパ天気

ヨーロッパで一番暑かったのがスウェーデン、という日もありました。
(皆さん、スウェーデンどこにあるかご存知でしょうか、、、、
地図のど真ん中にある「ポーランド」の「ポ」の字の真上をずーっと
見て行ってくださいねえー、、、)

しかも暑さだけではなくて、超がつくほどの晴天。どピーカンなのです。
一度っきり降った雨もほんの30分ほどで止んでしまって、
どピーカンのまま40日ほどぶっ通しで晴れでした。
暑さはともかく、こんなに来る日も来る日も晴れってこと、今までじゃありえない。
どピーカンなんて3日も続けばゲリラ豪雨でスッと涼しくなり、の繰り返しなら
まだわかるのですが、ほんと、異常だわ。記録的暑さじゃない?

なーんて私の想像だけで言っていたのですが、当たってました。

スクリーンショット record

本当に記録的な暑さだったそうで。

どれくらい記録的かと思えば、なんと1900年からの観測でも一番暑いってさ!

棒グラフを見ても、ぶっちぎりの暑さだったことがわかります。
いや〜、そうだよな〜、暑いと思ったんだよな〜、と納得。。。
いつもはどこまでも緑だった芝生が初めて枯れ草色になり、そういえば日本で
芝生といえばこんな色だったな、、と思い出すほどでした。
こんな枯れ草色の芝生は見たことがないと50ウン歳のウチのス人も驚き。
水不足が深刻になって、庭の水遣り禁止令が出たくらいです。

でも、あんまり暑い暑いとブログやインスタで(さぼってた、っちゅうのに)
報告しても、今年の夏に来られる人が「暑いんだな」と思い込んで来られたら
いけないとおもって自戒しておりましたら。

来ちゃいましたよ。来週は夏至祭だというのに。

スクリーンショット midsommar


今日、本当に久しぶりに雨が降り、庭の花たちが大喜びなのは良いけれど、
それにしてもこんなに気温下がるかな、、てくらい下がってくれました。
週末は娘の学校の終業式だったのですが、娘の学校の終業式ってなんと夕方
18時からなんですよ。お勤めの両親が仕事が終わってからでも来れるように。
おまけに外のシアターみたいなところでの開催だったので、久しぶりに
ヒートテック着ました。。。寒かった。。

しかし夏至祭(22日)の前日、10℃ってどうよ?



おっと、今日はこんな天気の愚痴を言うためにブログを久々に更新している
のではないのでした。重うううううう大っなお知らせがあります。

特に関東圏の方!


なんと、、、、、

ヒロコ、、、、、



独演会やります!



え・・コホン。もとい。


トークイベントをさせて頂きます!!

それも、東京のスウェーデン大使館にて!!


7/6(金) 18:30より (受付18時より) 定員:100名

テーマ 「スウェーデンとダーラナの魅力を語る」

スウェーデンの中でも伝統文化の色濃く残るダーラナ地方。
カラフルな民族衣装やあたたかな手触りの感じられる手工芸に
四季折々の風景を織り混ぜながら、
スウェーデンとダーラナの魅力について語ります。

当日はスライドショー(うまく動くことを祈ります汗)形式でご紹介させて頂きます。

そしてなんとキリンビバレッジさんに協賛をいただきまして、イベント終了後に
みなさまに「真っ赤なベリーのビタミーナ」というドリンクをお1人に1本ずつ!
持って帰って頂けます〜〜〜♪

イベントは1時間ほどの予定です。
ご都合のつく皆様、どうぞ遊びにいらして下さいね!

で、上で申し上げたように、このイベントは申込制となっております。
お申し込みをされる方は、お手数ですが私のサイトのほうのメールアドレス

mail@happysweden.net

へご連絡を頂けますようお願い申し上げます。
お友達を誘ってお越しの方は、その人数も是非ご連絡くださいね。

では、当日お待ちしております!
私は来週の夏至祭に来られるお客様のガイドのあと、荷造りです!!


マツバラヒロコ


スポンサーサイト
今更ですが、、、夏至祭2017
9/1になり、多くの学校では夏休みが終わって新学期スタートですね。
ここダーラナでは秋晴れのとても良いお天気が続いています。

P9010019.jpg

アサガオががんばってここまで伸びて、いっぱい花を咲かせています。
寒くなるまえに全部咲き終わってくれれば良いのだけど。

そしてこんな秋になってしまってからで申し訳有りませんが、ことしの
夏至祭の時のご報告を。^^; 冷や汗〜

夏至祭の日といえば、お客様が来るというのに工事の足場を組み始めた
我が家ですが(先月のブログより→)、
お客さまがいらしてくださらなかったら、ただの工事中の手抜きご飯に
なるところでした。あぶないあぶない。

P6230018.jpg

夏至祭のどメインは金曜なのですが、ちょうどその日のご到着だったので
ざっと、ではありますがスウェーデンの伝統的なご飯としてミートボールや
ニシン漬け、新じゃが、ヤンソン氏の誘惑(アンチョビ入りポテトグラタン)
などで夏至を祝うディナーになりました。お客様に感謝☆

そして他の地方では金曜しか祝わない夏至祭も、ダーラナではまだまだ週末
いっぱいどこかで夏至のイベントが見られるので、お出かけしてきましたよー

毎年、夏至祭の直後の土日には遠くのアイスアリーナで大きなアンティーク
ロッピスが開かれるのですが、今年はなんと近くのレクサンドで行われると
いうので、大喜びで行ってみました。
レクサンドは地元アイスホッケーチームが有名で、立派なアリーナがあるのです。

P6240023.jpg

アリーナっていうから、どんだけ広いところでやるのかと心配しておりましたら、
建物入口からアリーナまでの間のホールを使ってのアンティーク市でございました。
手頃な大きさで回りやすくてよかったです。可愛いものもポツポツと。

P6240028.jpg

Pyro特集。

P6240031.jpg


リーサ・ラーション特集。

P6240024.jpg


この手前一番右の大きいの、買っちゃいました、、、(写真クリックで端まで)

P6240025.jpg


これも同じ人のブース。あんまり可愛いのがいっぱいなのでここでばかり
まとめてお買い物をしてたら、超・素敵なオマケをつけてくれました。

気分良く会場を出てヘムスロイドを見に移動します。
ヘムスロイド前でお友達のTちゃんと遭遇。Tちゃんは日本からのお客様も
ご一緒だったのですが、そのお客様に「ブログ見てます♪」とお声をかけて
頂けて、嬉しいやら。調子に乗っていると「モンブランの人ですよね?」
えっ、あっ、、、
「もうすぐ次のシーズンくるから早く続き書かなくちゃですよね」
う"っっ、、
平身低頭、恐縮しながらその場を去った私です。笑 
(でもそこで反省してから現在すでに2ヶ月も過ぎているという。続き、書こう)

さてランチはいつものSiljans Konditoriで食べてから、まずは夏至祭の
メインイベント、メイポールを囲んでダンス、、が出来るところを探したところ、
テルベリーにあるグリーンホテルのものが見つかったので、今年の夏至ダンスは
テルベリーに決定。景勝地のテルベリー(Tällberg)には湖を見下ろす高台に
立派なホテルが数軒建っているのです。芦ノ湖を見下ろす箱根みたいな感じかな?

P6240057.jpg

グリーンホテルの芝生の庭に集合したころには、残念ながら雨が、、、。
楽器隊の人たちは楽器が濡れては困るけれど、お祭りは進行していくので
演奏するも、心配そうな表情。

P6240043.jpg

マイクを持ったホテルのスタッフさんが「2017年の夏至祭へようこそ!」と
こちらで見ている私たち観客にお話されていたのですが、人手を募る際に
「このポールを立てるのに、お手伝いをしてくださる力強い男性は、、、
いえ失礼いたしました。「男性」だけに言うのは平等じゃなくて良くないですね、
『力強いお方は』いらっしゃいませんか?」と発言を訂正したのが
いかにも男女差を無くそうとするスウェーデンらしいなと思って感心しました。

P6240051.jpg

「では、五大陸から男女お一人ずつにお願いしましょう。この中で
アメリカ出身の方は?」「スウェーデン以外のヨーロッパの方は?」と
声をかけていき、「はい」と挙手して志願した人たちを集めていっています。
「では、次アジアのひと!」と言われた時、思わず「キター♪(≧∇≦)」と
思ったのですが、私、お客様の旅のガイド中でした、、、笑
それではと、お客様にお薦めしたのですが、いえ、、、と遠慮されてる間に
遠くから「私ロシアだけどいい?」という女性が挙手して歩み出ていかれたので
え、、ロシア、、、アジアって感じじゃないけど、大陸で見たらそれもアリなの
かあ、、と諦め。

P6240073.jpg


さあ、ポールを少しずつ起こして立てていきますよ。

P6240067.jpg
この男性用の上着の肩の刺繍、私好きなんですよね〜

P6240063.jpg

さすがに景色自慢のホテルだけあって、湖を見下ろす景色が素晴らしいです。

P6240083.jpg


少しずつポールが起きてゆくごとにこの最前列の女性がこの緑の板を
つっかえ棒のように滑り込ませて前進してゆきます。もうすぐ立つよ〜

P6240096.jpg


あっ。雨が小止みになって、音楽隊が傘を畳みました。
ポールも立ち上がりました。

タイミングばっちり。 さあ、ダンスです。

P6240122.jpg


こーわっかっか。

P6240132.jpg


この帽子が似合うってすごいことだと思うのよね。少女たち可愛いなあ。

P6240099.jpg

音楽隊も若い人のグループで、とても愛らしいです。
テルベリーはレクサンドとレットヴィークのちょうど中間にあるので
両方の民族衣装が混じっていますね。横縞のエプロンがレットヴィーク。

P6240149.jpg

踊りが終わるころには雲が分厚いながらも青空が見えて。
向こうで雨が降ってるのがわかる、ドラマチックな空。

今年のマイ・お気に入りかわい子ちゃんたち。

P6240177.jpg

可愛すぎる。

ということで今年も無事に夏至祭を見ることができました。ダンス激写中の
ヒロコはお客様ほったらかしだったことをここにお詫びして懺悔いたします。

P6240227.jpg

テレビ番組の取材のときに白石美帆ちゃんとノールビンドニングをした
ホテルKlockargårdenの庭でアイス休憩をし。

P6240228.jpg

ちょこっとロッピスなんかも見たりして。

楽しい夏至祭は続きます。今回はレットヴィークで1泊なのです♪

P6240273.jpg

お客様はレットヴィークの教会近くのホテルでご宿泊。
日曜の朝も、夏至祭にまつわるイベントがあるのですよー。

P6250296.jpg

チャーチボートを漕いで、水路から教会へと向かう民族衣装の人たち。

P6250302.jpg

音楽隊も乗っています。

P6250307.jpg

ゆっくりと、水面を滑って、、、

P6250312.jpg

女性も数名いらっしゃいましたよ。行ってらっしゃーい

さてボートを見送ったら、今度はレットヴィークのヘムスロイドへ。

P6250339.jpg

P6250325.jpg

やっぱり可愛いなあーいつ見ても。

P6250328.jpg

民族衣装の色に合わせたビーズの柄編み込みのアクセサリー。ナイス。

P6250342.jpg

通り雨に見舞われましたが、桟橋につくころには雨があがって。

P6250345.jpg

遠くに教会が見えています。

P6250358.jpg

桟橋のたもとのお気に入りのレストランで、ランチにしましょう。

P6250354.jpg

私たちはブッフェ、そしてキッズはパンカーカ(クレープ)。
今回のお客様はお嬢さんを連れてお見えだったので、私も姫をバイトに雇い
一緒に遊んで頂いたのでした。2人でキャッキャ言ってて可愛かったです♪

P6250365.jpg

帰り道は通り雨が嘘だったかのようなピーカン(もう死語?)でしたよー
ちょうど、これから夏が始まる!という雰囲気の空でした。


さて、この旅のアンティーク市などでゲットしたお宝は、こちら↓






夏のお仕事
お盆休みになりましたね。
なんだか日本は毎年どんどん暑くなっているようなのは気のせいかしら。
子供の頃って、30度を超える日なんて8月に数日だけだったような
記憶があるのだけれど、、、
スウェーデンは8月になるとひゅるるる〜と気温が下がり、日中はなんとか
20度を超えるけれども、朝晩は13度〜17度という涼しさになりました。

さて、長い間(例によって汗)ブログを放置していた夏となりましたが、
今年の夏は去年に続いて、家の改修作業が大変でした。
切妻屋根の下の妻壁(スウェ語ではHusgavelと言いますが)の
片側を昨年やったので、今年は反対側をやってしまうのが課題でした。

P6220010.jpg

質の良いペンキならこんなことは起きないんですが、おそらく私たちの
前の住人が塗ったペンキ、20年ほどでこんなにハゲてきてしまっています。
手でペリペリと剥けるレベル(T_T)。これのせいで、パネル総取り替え、、、
は理想だけど大変なので、壁の上から板を貼り、新しく壁を作るのです。

去年は工事のせいで夏至祭も家から5分の小さな会場で済ませてしまったので、
今年も同じだったら寂しすぎるナア、、それとも夏至祭ナシかもと思われた
ところ、日本から可愛い母娘ペアがお客様で来られることになり、
夏至の日にダーラナをご案内出来ることになりました♪

と思ったら。

お客様を駅からお迎えして帰宅したら、、、、まさか。。。。

P6220008.jpg

足場が組んである。
何も今日スタートしなくても良いじゃないの(号泣)。
あらあら、板ももう剥がしかけちゃって、、

ということで、夏の辛〜いプロジェクトがスタートしました。

でも、去年やった反対側の妻壁は2階建の高さまで。
こんなのでした(写真は2階部分のみ完成した時点のもの)。
P6260031.jpg


それが今年は同じ高さまででも、下が地下の駐車場へのスロープになっているので
トータルすると3階分の高さでの作業になるのです。ひえええ
P7010008.jpg

この足場だってね、自分たちでえっちらおっちらと鉄骨を運び、
板を乗せるんですよ、お客さん。

P7060055.jpg

いやしかし、これは改修して当然だわ、という状態。仕方ありませんね。

P7060080.jpg

私はそんなところまで登らずに、専らペンキ塗り(これは干してるところ)。

P7060062.jpg

・・・だったはずなのですが! 怖いよ〜〜〜〜〜、おかあさーーん!

P7060071.jpg

まあ、可愛いキノコ、、じゃなくてスズメバチの巣!

P7060067.jpg

巣! 現役の巣! 怖いよ〜〜〜〜

P7060059.jpg

そして、アチい、、、。8月は涼しくとも、今年の7月は暑かったのです。
もし私が蚊だったら1秒で干上がって死んでたはず。
(まーしかしこの破風、ボロボロだわね、、、)

そして、トンテンカンの派手な作業は全部うちのス人がやるので、私はと
いえば地味なペンキ塗りか、「今から釘打つから、板の端を持ってて」と
言われて、大人しくじいいいーっと持っている作業とか。
大門未知子だったら「致しません」と速攻言えるような「誰でもエエ」作業が
ふんだんに割り振られていて、超つまんない。でも時間はどんどん過ぎていく。
このとき、私はだーーいじなお仕事の締め切りを抱えていたんですがねえ。涙

おまけにフルタイムで大工仕事(のお手伝い)をした後に、晩御飯を作るのは
誰?誰?  お願い、魔法使いさん。シンデレラをお城に送ってあげる前に、
私たちに晩御飯をください。あ、明日のぶんも作って欲しい。。。。

P7230375.jpg

なんで片方ずつ違う靴を履いているのかって?
作業が佳境を迎えた頃、オフの時間に子供らとサッカーをして自分で足を
踏んづけて足の指を折った、不運なスウェーデン人がいましてね、、、
仕事に関係ないところで怪我をする、典型的な例ですな。
足の指の両側にアイスの棒を添えてテーピングしていて普段の靴が履けないの笑

P7230373.jpg

でもゴールが見えてくると、嬉しい。
トンテンカンのあと、ペンキをさらに上からもう1度全部塗って、終了。

P7250397.jpg

ついでに、家の前にあった枝ぶりの悪い松の木を2本取っ払う。

P7300002.jpg

完成!ここまできっかり1ヶ月かかりました。
でもこんな工事を家族2人でするなんて、普通じゃ考えられないですよね?
日本ならありえないくらい「自分たちでやる作業の領域の広さ」が違いすぎる。
木を伐り倒すのもコミで。。。おかしい、、、この国の人たち。

昼間は大工仕事(もちろんここに昼ごはんとかfikaとかも入っている)、
そして晩御飯、片付け、お風呂、、のあとに、締め切りの迫ったお仕事を
PCに向かって黙々と。受験勉強以来じゃないかと思うくらい、夜遅くに
うつらうつらするまで机に向かう日々でした。しかし体はもう18歳ではないので
1時間くらいしか保たなくて、「ダメだ!」と諦めて寝る毎日。笑

なんとかして仕上げたお仕事の結果は、、、明日発表です!





ダーラナご案内(4)
P8230277.jpg
すっかり秋晴れのスウェーデンです。
写真はナナカマドの実。この実が真っ赤だと、とか、沢山成るとその年の
冬は寒いものになると言われていますが、かなりたわわに生ってます。
どっちにしても9月中旬ですでに18度とかまでしか上がらないのですから
冬は寒いに決まってるのですよね。。。

私のほうはインフルエンザの余韻も薄らいできて、あとは声が戻るのを待つのみ。
ようやく椿鬼奴並みの美声にはなりました^^
これなら秋のワークショップはまた爆トーク☆可能だわっ♪

IMG_3839_2016091418371813d.jpg

さて、お客様とさよ〜うなら〜〜と分かれたテルベリーですが、実は
追加がありました。なんと、初日に滞在してくださった2人組さんが
「一緒にダーラナまわりましょう♪」とお声をかけてくださって、
ダーラナでの最終日を再びご一緒出来ることになったのです。

朝にホテルまでお迎えに上がると、、、

IMG_3813_20160914183717e01.jpg

おっ。

IMG_3815_201609141837170e9.jpg

あらまあー。

オシャレじゃないですか。

IMG_3820_2016091418371952c.jpg

高台にあるので、景色もばつぐん。
ホテルの外観は昔ながらの赤い木造の家のように建てられているのですが、
内部はとてもモダンで素敵でした〜 
ちなみにこのホテルはVilla Långbersというところ♪


2日ぶりに会ったお二人のご希望のエリアは、、、レットヴィーク笑
みなさんご希望のエリアが似ているので、こういうこともありますよね^^
ということで私は2日連続のレットヴィークに。。。あはは。

IMG_3844_20160914183755de5.jpg

小さな道を辿ります。かわいい看板には針ネズミちゃんが。


シリヤン湖の水際を車を走らせていると、さあっと湖が目の前に開けた場所
があり、思わず車を停めて水辺まで降りてみます。

IMG_3860_20160914183756f1f.jpg

目の前のコテージにお住まいの方が、のんびりまったりしながら
水浴びをしているところでした。「気持ちいいわよ、あなたたちも泳がないの?」
とゆうゆうと湖に泳ぎ出す彼女はいかにも自由でおおらかで、思わずこちらも
泳ぎたくなりましたよ。泳ぎませんでしたけど^^ だって水温は20度。


レットヴィークに入ると、、、おや?
昨日終わりかけのアンティーク市を見つけた全く同じ場所で、今日は
「ガレージセール」と名前を変えて、またなにかやってます。行くべし!
こうしてちょこちょこ止まれるのは車の旅ならでは、ですね♪

IMG_3870_20160914183828940.jpg

あらまあ。昨日と同じ場所に同じ人たちが出してます。
昨日のはアンティーク市、今日のはガレージセール。何が違うんだろ。
確かに商品が少し変わってましたが、補充されたりしてる感じかな〜??

IMG_3866_2016091418375858d.jpg

あああああ、そそそそのカゴはどこで買われたんですか?素敵じゃないですか!
思わずスイッチが入ります。

IMG_3869_20160914183800771.jpg

可愛い布をがんばってかきわけます。

IMG_3868_20160914183759bf4.jpg

あるあるあるあるーーー! ヨブスの布だってありますよ♪

「ちょっとだけ見ようね」だったのが爆買いになり、苦笑い。
少し落ち着いたら駅前のパン屋さんでフィーカのパンを買いましょう。
袋がカワユス。

IMG_3880.jpg

このままレットヴィークの駅の反対側、湖側へ出ます。

IMG_3904_20160914183834f45.jpg

駅の反対側にあるのはレットヴィーク名物の桟橋です。

IMG_3895_201609141838311a2.jpg

前日に引き続き、桟橋をマッタリ歩きます。歩きながら、フィーカ♪

IMG_3902_201609141838326a0.jpg

わっ☆
これは前日は気がつかなかった!「歩道」の標識のところに注目です!
普通は青地に白くパパと子供が歩いているモチーフなのですが、その
パパがレットヴィーク模様のセーター、子供が帽子をかぶってます。ナイス!

ここから少し南へ戻って、電車の時間ギリギリまでロッピスを攻めます。

・・・と思ったら、トラブル発生!
電車の乗車駅を一つずらしてロッピスを見に行ったのですが、なんと
乗るはずの電車が夏休み期間中だけこの最寄り駅に停まらないことが発覚!
ピンチ(死語)です!! もう1本前の電車に乗らねば!
いっきに余裕がなくなってダッシュ!そして車掌さんと交渉!涙の別れ!
、、の時間はもちろん無く、大慌てで去り行く電車に手を振るワタシ。
いやあ、予約していた電車の乗車駅は変更するものじゃないですね汗

はふ〜〜〜。
お見送りが終わって気持ちが落ち着くと、自由時間のスタートです(ニヤ)。

IMG_3939_20160914183944e3c.jpg

旅行で来てる方はなかなか買いにくい、ヨブスのパネル♪
地の利を生かして買わせて頂きました^^

IMG_3947_20160914183945a1c.jpg

「LOPPIS」の看板でフラリと寄った小屋には宝物がいっぱい!

IMG_3942_20160914183943b86.jpg

きゃー。

IMG_3945_20160914183944714.jpg

このクッション、我慢出来ずにゲットです。

IMG_3976_2016091418401185a.jpg

ヨブスに寄り。もう1軒も寄り。

IMG_3990_2016091418401404f.jpg

ヘムスロイドにも寄り。


1人ショッピングを済ませたあとは、レクサンドの友人たちとフィーカ。
ワタシ的には打ち上げかな?笑

橋のたもとにあるワッフルの美味しいカフェで☆

IMG_3998_20160914184014017.jpg

もう〜、ワッフルにするって言ってるのにい〜〜〜
レジのところで誘惑をする焼き菓子ちゃんたち。

IMG_4004_201609141841130f4.jpg

ホッ。良かった、初志貫徹して。とっても美味しかったです♪


帰りの車は、、、、エラいことになってました。

P7240255_20160914184114096.jpg


ははは。。。毎年、夏の風物詩ですね^^


ダーラナご案内(3)
「続きます」、と書いたまま、日が経ちました。
先週末にストックホルムへとんぼ返りの旅をしており、戻って来てから続きを
書くつもりだったのですが、なんと帰宅してみたら体調がどうもすぐれない。
早めに就寝したのですが、悪霊に取り憑かれたかと思うほどの高熱と全身痛で
それはそれは見事なインフルエンザにやられておりました。寝たきりで動けず、
咳のあまり木曜からは声も出なくなり、「ワタシ人魚姫みたい、、」(違、、)
でもようやくPCの前に座れるようになりました。はあ。しんどかった。

さて、「続き」です。笑

お客様の2日目は、憧れのダーラフローダの旅からスタート。
シリアン湖の西側に位置するこの小さな真珠のような村までは鉄道が通って
いないため、車で移動するのが一番なのです。

IMG_3651_2016090615540811e.jpg

お天気も最高で、晴れ渡った青い空に赤い橋、白い教会が映えて。

IMG_3608_20160906155410d63.jpg

フローダのヘムスロイド(手工芸店)では、伝統のウール刺繍の素晴らしい
クオリティにクラクラしながらも、皆さん刺繍のキットや木工等をじっくり
眺めたり、見事な刺繍の施されたミトンを見せてもらったり。

P8040139.jpg

あ!
ダーラフローダの民族衣装の本が出ています!!
昨夏にフローダで刺繍の講習があったときに、写真集でも何でもいいから
フローダの民族衣装の本が出ませんか?とお尋ねしていたときには、そのような
話はなかったので諦めていたのですが。嬉しいサプライズです。

IMG_3626.jpg

手工芸店を見た後は、大好きなダーラナの毛糸工場へ。
皆さんでお店の人がびっくりするくらい毛糸を買い込みましたよ^^d

IMG_3674_201609061554132d0.jpg

さて、綺麗なモノを沢山見た後は、昨夏の刺繍の講習を受けてた懐かしい宿へ
ランチを食べに行きましょう。

IMG_3676_2016090615541200a.jpg

今日のランチはラム肉のスパイシーソーセージ。ハーブとスパイスのぴりっと
利いた、大人のソーセージでございました。美味。

IMG_3686_2016090615543523a.jpg

訪問時、ちょうどこの夏の展示会ということで出展されていたのが
「3人の男たちによるニット」
なんと去年ここのコースで出会った2人のニット男子と、さらにその前に
2014年の毛糸だま夏号の「編物男子」でインタビューさせてもらった方と、
3人とも私のお会いしたことのある方々ばかりでした。

IMG_3693.jpg

懐かしい講習の教室が展示会場となっていました。

IMG_3691.jpg


男性ってひょっとして女性よりも編物に向くんじゃないかしらと思えるほど
繊細で丁寧な編み目。いやきっとこれは性別関係なくて人間の性格ですね。

さて綺麗なモノも見てお腹も一杯になったら、レットヴィークへ向かいます。

IMG_3707.jpg

スウェーデン国中で20軒ほどあるというヘムスロイドのブティックのうち
ダーラナには8軒もあるので廻るのが大変です^^ 嬉しい悲鳴。
いずれも独自の品揃えをしているので、たとえ近くの町のブティックでも
品揃えが異なるので、出来れば見て行かれるのがオススメです☆

IMG_3706_201609061555314e5.jpg

レットヴィークの有名な編み柄の2タイプ。ミトンが有名ですが、他にも
帽子やセーターにしたアイテムがあり、ブティックではキット等も置いて
います。あっ、この写真のアイテムは爪楊枝で編んだかと思えるほどの
ミニミニサイズですのでご注意を^^

IMG_3731.jpg

終わりかけのロッピスを見つけて、皆で駆け抜けるようにお買い物。笑

IMG_3770_20160906155715e6a.jpg

レットヴィーク湖畔の長い桟橋。

IMG_3750_20160906155602f3e.jpg

この日はレットヴィークの古民家資料館の敷地内でフィーカです。

IMG_3748_201609061556010ed.jpg

ダーラナでは、家そのものに色を塗り絵を描いて装飾するという伝統があり
古い建物の内装は外からは想像出来ないほどの豊かなものでした。

IMG_3744_20160906155559b74.jpg

天井にも彩色がされています。ヒンメリも飾られて。

IMG_3743_201609061555589aa.jpg

夕方になってからレットヴィークを後にして、テルベリーへ向かいます。

IMG_3778_20160906155718796.jpg

パイン材(spånスポーン)を用いたカゴのアトリエ兼ブティックへ。
ここでは木工もさることながら羊皮なども取り扱っていて、さんざんお買い物
したはずの皆さんの目に再び炎が宿ります。笑

IMG_3772_20160906155717fef.jpg

私の大好きな、リュック型のコント。こういう風に新しいコントでも、こうして
レザーを取り付けると渋くて格好いいですね!

IMG_3790_2016090615572073f.jpg


と、テルベリーまでご案内したところで、お客様とはお別れ。
2日間、寝食を共にした戦友、、とまでは行きませんが、数ある戦場(お店)を
一緒に戦い抜いて(?)数々の戦利品を勝ち取り(?)ずうっとご一緒させて
頂いて心から楽しかったので、本当にお名残惜しかったです。
お送りしたホテルの駐車場で皆でさよならのハグ、ハグ、ハグ、でした。
また次のダーラナの旅でも会いましょうと言って、お別れをしました。
その前に、秋に日本で会えますように☆










Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。