FC2ブログ

happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
ノールビンドニングのWS in 関東4days情報、まとめて!

大阪3日目の情報、を飛ばして東京でのWS情報です^^
というのも、ありがたいことに10/27(日)のうめだ阪急セッセさんでの
WSの募集直後に満席となりまして。てへっ、嬉しい!
ありがとうございます!

ということで、次は関東の情報です。
東京でのWSは4days。

1日目は11/1(金)、松屋銀座の7階「ナラテイバン」のコーナーにて
ノールビンドニングのWSをさせて頂きます!

え?

なんで奈良?


と思われた方! (ワタシ兵庫出身ですし)


実はノールビンドニングの針を竹で作っておられる「近畿編針」という
会社が奈良にあるんですね〜〜^^d
近畿編針さんのご紹介で松屋銀座などというハイソなデパートで
WSがさせて頂けるわけでございます。。。

ということで、11/1の松屋銀座さんでのWSの詳細はこちら!

https://www.instagram.com/p/B3fhnT9JySB/

電話でのお申し込みになりますので、どうぞよろしくお願い致します。

P9260002.jpg

毛糸はこの4色からお選び頂きます^^(ノルウェイの糸です〜)
①10:30-13 リストウォーマー
②14:30-17 ミテーヌ(ハーフミトン・指なしミトンのこと)を作ります^^



続いて、11/2のワークショップは神奈川県!
関東4daysで唯一の神奈川県会場は、今年で5年目の北欧織のアトリエ、
アンカーペグさん💕  毎年お願いしている大好きなアトリエです♪

ズラリと織り機が並ぶお教室の2階で、楽しくご一緒に学びませんか?

11/2(土)
①10:30-13 リストウォーマー
②14-16:30 ミテーヌ(ハーフミトン・指なしミトンのこと)

詳細およびお申込みはアンカーペグさんまで♪
申込スタートしています🚀

http://anchor-peg.com


さらに続いて東京へ戻り、関東WS3日目は渋谷西武のサンイデーさん!
去年に引き続いて2年目です☆
大都市渋谷は、ダーラナの田舎者には人が多過ぎてクラクラしますが
街のパワーってすごいですね!

サンイデーさんの詳細はこちら!
https://www.sogo-seibu.jp/file/shibuya/190930workshop100IDEES11gatsu.pdf

「あれ?載ってないよ?」と思われた方、少し下の方へスクロールして
見ていってください。2ページ目の左上にございます〜〜

11/3(日) 渋谷西武百貨店 サンイデー
①10:30-13 リストウォーマー
②14:30-17 ミテーヌ(ハーフミトン、指なしミトンのこと)

東京の4daysは会場ごとに使用する糸が全部違うんですよ!
サンイデーさんでは、ソフトドネガルというカラーネップ入りの糸。
他の会場ではすべてグラデーションの糸(だんだん色が変わる)を
使用する予定ですので、カラーネップの糸はベースの色に
時々カラフルなネップが飛び出す楽しい糸。グラデーションみたいに
色の順番を気にして作らなくてよいので安心です!!オススメ♪


さて、関東4daysの、そして本年度のノールビンドニングの大トリは
浅草橋のKeitoさん!
こちらはおとといから告知が始まり、今日が申込受付初日です!
いっぱいになるかな〜
午後の部は関東で唯一の「ミトン」をやります!

11/4(月)
①10:30-13 ミテーヌ(ハーフミトン、指なしミトンのこと)
②14:30-17  ミトン

Keitoさんの詳細およびお申し込みはこちら!
https://www.keito-shop.com/workshop/2019/11/04


っと、情報だけをずらずらっとご紹介致しました。
まとめてですみません。(写真もほとんどないやん。。。)



スポンサーサイト



大阪WS2日目は・・・
続いて大阪3連チャンのうち真ん中の日、10/26(土)のWSですが、
大阪・平野町の北欧カフェ、Keitto Ruokalaさん!
こちらも今年初めて開催させて頂く場所になります♪

本来の土曜日の営業は11〜15時なのですが、それをご厚意で午後も開けていただくことで、午前・午後の2回の講習が出来ることになりました!感謝!

Keitto Ruokalaさんは北欧カフェですので午前の部の方は終了後にランチ、
そして午後の部の方は終了後にデザートとお飲物のセットをつけて頂く
という「セット企画」になっております。私も楽しみです☆

WSの詳細は以下のとおりです。

*Keitto Ruokala(ケイット・ルオカラ)さん

PA010006.jpg

<午前の部>
日時:10/26(土) 10:30ー13時

作るアイテム:リストウォーマー(時間内には完成しませんので仕上げはご自宅になります)

費用:講習費2750円(以下すべて価格は税込価格です)
レシピ代:418円
毛糸代: 30g 660円
ランチ「週末北欧セット」1280円

PA010004.jpg

<午後の部>

日時:10/26(土)14:30ー17時

作るアイテム:ミテーヌ(時間内には完成しませんので仕上げはご自宅になります)

費用:講習費2750円(以下すべて価格は税込価格です)
レシピ代:495円
毛糸代: 40g 880円
ティータイム : 自家製デザートセット 750円


ノールビンドニングの針が必要です。既にお持ちの方は持参してください。
購入希望の方は、日本製の針(税込1320円)お買い求め頂くことも出来ます。

書籍「はじめてのノールビンドニング」をお持ちの方は持参ください。
上記のレシピ代を引かせて頂きます。

P9260002.jpg

毛糸はノルウェイの糸をお持ちいたします。
当日に「ブルーグリーン系/ワイン系/秋色系/グレーパープル系」の4色の
中から選んで頂きます。

P9260003.jpg

ブルーグリーン系。

P9260004.jpg

ワイン系。

P9260005.jpg

秋色系。(マロン系と言おうか迷ったんですけど、、笑)

P9260006.jpg

グレーパープル系。

P9270002.jpg

使用量30gで、グラデーションがちょうど3回巡ってくる感じです。

編物経験は関係ありません、初心者大歓迎の手法です。
皆さんでほっこりお茶タイムも交えて楽しく出来ればいいなと思っています。

お申込みはKeitto Ruokalaさん 大阪市中央区平野町3丁目3-5-1F
TEL : 06-6121-6871 まで!
詳細はKeitto Ruokalaさんのサイトもご参照下さいね→https://northobject.com/keitto-ruokala/
今年もやります!ワークショップぅ
お久しぶりです!
皆さんにも、そして思わずブログちゃんにもこう言ってしまいます。
10月に入り、ダーラナは秋真っ只中です。
日中の最高気温が11度とか13度とか。黄葉がますます進んでいます。
白樺の葉は半分以上が落葉し、紅葉樹のカエデは朱色を放ち出しました。

さて、今年もこの季節がやってまいりました。
ノールビンドニングのワークショップ(以下WSと略)、今年も
大阪と東京で開催して頂く運びとなりました。パチパチー

10/25(金)〜10/27(日)は大阪3days!!
11/1(金)〜11/4(月・祝)は関東4daysです!

まずは大阪から募集が始まります。
初日の10/25は、大阪の北欧ショップの雄・dieciさんでの初WSです!

P9280001.jpg


日時:10/25(金) 14時〜16:30

場所: dieciさん(天神橋1丁目1-11 天一ビル1F)

作るアイテム:リストウォーマー
(時間内には完成しませんので仕上げはご自宅になります)

費用: 講習費&カフェ4400円(税金・レシピ代含む)

毛糸代: 30g税抜600円(税込660円) ノルウェイの糸をお持ちいたします。

ノールビンドニングの針が必要です。お持ちの方は持参してください。
針を購入希望の方は、日本製(税込1320円)もしくは
スウェーデン製(税込2090円)をお買い求め頂くことも出来ます。

P9260002.jpg

毛糸は当日に「ブルーグリーン系/ワイン系/秋色系/グレーパープル系」の
4色の中から選んで頂きます。

P9260003.jpg

ブルーグリーン系。

P9260004.jpg

ワイン系。

P9260005.jpg

秋色系。(マロン系と言おうか迷ったんですけど、、笑)

P9260006.jpg

グレーパープル系。

P9270002.jpg

使用量30gで、グラデーションがちょうど3回巡ってくる感じです。

編物経験は関係ありません、初心者大歓迎の手法です。
皆さんでほっこりお茶タイムも交えて楽しく出来ればいいなと思っています。

お申込みはdieciカフェ
tel:06-6882-7828
mail: info@dieci-cafe.com
まで!
詳細はdieciさんのサイトもご参照下さいね→www.dieci-cafe.com/cafe/


悲しい出来事(長文失礼します)
久しぶりにこっちに書きたいことがあるので、書いています。
久しぶりの記事がこんな悲しい内容になってしまって辛いかぎりですが、
私のサイトで「ダーラナの毛糸」として扱っていた毛糸を紡いでいた
ダーラナの家族経営の紡績所が、閉じてしまいました。
ダーラフローダにある、宝石のような場所。
ヴォールステッズ羊毛紡績所。

1月の下旬に「破産申告」らしきニュースは見ていたんですが、
まあ民事再生法というかどこかの資金が入ったり、
または有志の人たちによる運営(ゴットランド紡績所方式)だとか、
何かの形で生産は続くだろうと見られていたので、そこまで深くは
心配していなかったのですが。

管理会社が全て持って行って売り払ってしまったのが2/25だった、と
いうのを昨日知りました。
もう、ショックで、、、、、、
ショックすぎて、、、、

工場に残っていた毛糸を定価で全部買い上げても何もならない
(第一ワタシ独りにそんな財力ないし)というのはわかっているのですが
それにしても、、、という感じで管理会社には怒りを覚えます。
ヴォールステッズの最後の毛糸と知ったら倍の値段でも買う人はいくらでも
いたでしょうに、叩き売りみたいな値段だったことを後から知りました。

ダーラナのみならず、スウェーデンを代表するほどの紡績所で、
今や英国や南半球から廉価な羊毛が入ってくるのに対して、最後まで
スウェーデンの固有種の羊毛にこだわって物作りをされていたのに、
残念どころか悔しくて仕方がありません。
糸の艶、風合い、膨らみ、という表情は他の糸とは一線を画していて
毛糸の質を見極める本当の芸術家たちにものすごく支持されていたのに。
スウェーデンのウール業界にとっても車輪の中央のボルトが抜けたように
大変なことだと思います。これからどうなるんだろう。
どうにかして続く方法は無かったのか。。。
クラウドファンディングとかの、資金面での援助の可能性は、、、
考えてももう後の祭りでしか無いのですけど。

不思議なのは、破産申告、、と書きましたが、そういう雰囲気が全く
なかったのです。注文はどんどん入っていたし、アウトドアメーカーの
Fjällrävenから大量発注があったはず。「これで数年安泰だよ」とおどけて
教えてくれたのはほんの半年前だったのです。その日はヴォールステッズの
まさに100周年を迎えた記念の夏の日で、何もかもがキラキラとしていて、
一族だけの前夜祭には遠い親戚まで辿ってなんと100名以上が庭に集まって
大BBQ大会だったの、と嬉しそうで、、、、

でも本人たちは家族総出で休日もなく働き通しだったのです。
夏に1週間ほど休んだほかは、本当に働きどおしでした。
そこへ、去る12月に今の4代目のお母様(つまり3代目夫人)が亡くなり、
おそらくそれが引き金になって、もう、何のために仕事してるんだか、、と
ポカンとなってしまったんじゃないかと私は想像してしまいます。
そういう意味だと破産と訳するよりも「廃業」ってニュアンスのほうが近い
ように思われてなりません。

近年はお母様がご存命のときでも病気や骨折などが多くなったため
現場の作業はすべて4代目の夫婦で行えるようになっておられたので、
お母様にお伺いをたてなくても糸が作れるようになったんだなあーと、
代替わりの頃から見ていた私は頼もしく思っていました。

それなのに。

実は紡績所は、3代目主人の死後に一度売りに出され、他人の経営だった
時期がありました。最後の4代目となった娘のソニヤさんは、当時
タスマニアに住んでおり、現地で知り合ったロジャーさんと結婚して
5人の子供の母親だったのです。お母様から何度スウェーデンに戻って
紡績所を継いで欲しいと連絡があっても断ってきた(ロジャーさんが
乗り気じゃ無かったらしい)のですが、一族以外の人の手に渡ったと知るや
ロジャーさんを説得して5人の子供も引き連れてスウェーデンに戻り、
4代目になろうと日々毛糸と向き合って二人でなんとか技術を覚えました。
当初はロットごとの色差がひどく、これじゃダメだと突き返したことも
ありましたが、徐々にレシピにそって毛糸を仕上げて行けるように。。。

大地のようにおおらかなソニヤと、優しくて包容力のあるロジャー。
成長した息子さんたちも徐々に運営に加わって来ていたのに。
一度、重たい荷物を下ろしたくなったのかもしれません。
スウェーデンの伝統と人々からの期待の重さ。
機械の微調整を知っていた昔からのスタッフが、引退してからも
「ワシしか見れんから」と日参していたくらい、難しい機械調整。
そして、プライベートの時間の全然取れない、連続勤労の重さ。
注文の多さも、嬉しさよりも注文を捌けない重荷に感じられていた
のかも、と思うとー。

競売では糸や原毛はおろか紡績所に併設していたブティックの棚や秤まで
が全部、破産管財人により破格で売り飛ばされていました。
色見本も、糸で編んだサンプルも全て。お店のレジスターまで。
いつか再出発してくれるのでは、、、というこちらの淡い期待も
見事に消し去るほどの徹底的な幕引きでした。

手紡ぎでないと実現しないような劇的な色合い。
最初からノールビンドニングにぴったりな糸だとすぐに感じて、
サイト<happy sweden>で紹介させてもらって。
手触りも色合いも、いかにも海外の糸!という感じで気分の昂揚する
カラフルな糸を山ほど抱えて、毎年秋にノールビンドニングのWSに
繰り出したこと。またそのため納期をやきもきして待ったこと。
ガイドの仕事で立ち寄らせてもらうと、いつも気軽に工場の中を案内して
見せてくれたこと。いろんな思い出が取り留めなく浮かびます。
心の中で大事な拠り所が消えたような感じで、寂しい。ただ寂しいのです。

しかしショックを受けている私なんかよりも、ここの糸だけを使って来た
芸術家たちのほうがもっと深刻な打撃を受けているでしょうし、
それよりもヴォールステッズのファミリーが一番ショックなはず。
工場は閉めても、彼らの人生はまだまだ先があるのですから。
スウェーデンに残るのか、はたまたタスマニアに戻るのか。
ウールに関わる仕事をするのか、全く別世界に行くのか。
彼らのこの先に光があることを願ってやみません。

PS. 競売は終わっても、工場の機械は売りに出てないことから、
私はまだ1%の可能性を信じてるんですけどね。










お久しぶりです
皆様、とってもとってもお久しぶりです。
お元気でいらっしゃいましたか?
私もダーラナできっちりとまるまると成長しております。

10年で2、3回ほどしか私のブログを覗いたことのないうちのス人が
「おまえ、お腹の写真なんかブログに載せてんの?」と聞くので
載せるわけないじゃん!と思って見てみると、『こんなお腹がスッキリ!』
みたいなダイエットの広告のお腹がどどーんと出ていて、納得。
1ヶ月更新がないと広告が出てしまうんですよねー
こんなことになるまで放置していてごめんよ、、、私のブログ。

インスタグラムもほぼ更新していない私には
「最近もっぱらインスタで、、」なんて言い訳も全く出来ません。はい汗

ところでスウェーデンの今年の夏はなんだか変な天気です。
例年、夏でも20℃行かない日もあって涼しいのが当たり前だと思って
いるのに、今年は5月のGW開けくらいからぐんぐん気温があがり、
とんでもない暑さに。といっても28度とかですが。
だってほんとに、朝起きて10℃、日中の最高気温18℃なんて日が
当然なスウェーデンだったので、朝起きて17℃もあって、さらに
日中は28℃〜29℃なんて、、、

スクリーンショット ヨーロッパ天気

ヨーロッパで一番暑かったのがスウェーデン、という日もありました。
(皆さん、スウェーデンどこにあるかご存知でしょうか、、、、
地図のど真ん中にある「ポーランド」の「ポ」の字の真上をずーっと
見て行ってくださいねえー、、、)

しかも暑さだけではなくて、超がつくほどの晴天。どピーカンなのです。
一度っきり降った雨もほんの30分ほどで止んでしまって、
どピーカンのまま40日ほどぶっ通しで晴れでした。
暑さはともかく、こんなに来る日も来る日も晴れってこと、今までじゃありえない。
どピーカンなんて3日も続けばゲリラ豪雨でスッと涼しくなり、の繰り返しなら
まだわかるのですが、ほんと、異常だわ。記録的暑さじゃない?

なーんて私の想像だけで言っていたのですが、当たってました。

スクリーンショット record

本当に記録的な暑さだったそうで。

どれくらい記録的かと思えば、なんと1900年からの観測でも一番暑いってさ!

棒グラフを見ても、ぶっちぎりの暑さだったことがわかります。
いや〜、そうだよな〜、暑いと思ったんだよな〜、と納得。。。
いつもはどこまでも緑だった芝生が初めて枯れ草色になり、そういえば日本で
芝生といえばこんな色だったな、、と思い出すほどでした。
こんな枯れ草色の芝生は見たことがないと50ウン歳のウチのス人も驚き。
水不足が深刻になって、庭の水遣り禁止令が出たくらいです。

でも、あんまり暑い暑いとブログやインスタで(さぼってた、っちゅうのに)
報告しても、今年の夏に来られる人が「暑いんだな」と思い込んで来られたら
いけないとおもって自戒しておりましたら。

来ちゃいましたよ。来週は夏至祭だというのに。

スクリーンショット midsommar


今日、本当に久しぶりに雨が降り、庭の花たちが大喜びなのは良いけれど、
それにしてもこんなに気温下がるかな、、てくらい下がってくれました。
週末は娘の学校の終業式だったのですが、娘の学校の終業式ってなんと夕方
18時からなんですよ。お勤めの両親が仕事が終わってからでも来れるように。
おまけに外のシアターみたいなところでの開催だったので、久しぶりに
ヒートテック着ました。。。寒かった。。

しかし夏至祭(22日)の前日、10℃ってどうよ?



おっと、今日はこんな天気の愚痴を言うためにブログを久々に更新している
のではないのでした。重うううううう大っなお知らせがあります。

特に関東圏の方!


なんと、、、、、

ヒロコ、、、、、



独演会やります!



え・・コホン。もとい。


トークイベントをさせて頂きます!!

それも、東京のスウェーデン大使館にて!!


7/6(金) 18:30より (受付18時より) 定員:100名

テーマ 「スウェーデンとダーラナの魅力を語る」

スウェーデンの中でも伝統文化の色濃く残るダーラナ地方。
カラフルな民族衣装やあたたかな手触りの感じられる手工芸に
四季折々の風景を織り混ぜながら、
スウェーデンとダーラナの魅力について語ります。

当日はスライドショー(うまく動くことを祈ります汗)形式でご紹介させて頂きます。

そしてなんとキリンビバレッジさんに協賛をいただきまして、イベント終了後に
みなさまに「真っ赤なベリーのビタミーナ」というドリンクをお1人に1本ずつ!
持って帰って頂けます〜〜〜♪

イベントは1時間ほどの予定です。
ご都合のつく皆様、どうぞ遊びにいらして下さいね!

で、上で申し上げたように、このイベントは申込制となっております。
お申し込みをされる方は、お手数ですが私のサイトのほうのメールアドレス

mail@happysweden.net

へご連絡を頂けますようお願い申し上げます。
お友達を誘ってお越しの方は、その人数も是非ご連絡くださいね。

では、当日お待ちしております!
私は来週の夏至祭に来られるお客様のガイドのあと、荷造りです!!


マツバラヒロコ


Designed by aykm.