happy swedens dagbok

北欧スウェーデン・ダーラナ南部に住むhirokoの 自然とアンティークに囲まれたほっこりした毎日をつづります。
ノールビンドニングの本が、出ます!!
今日、夏が終わりました。
ええ、今日です。それはもう見事な変わりようで、、、
だんだんとじゃなくて、パシィーっと境目を引くように、気候が変わりました。
数日前から「あの白樺の葉っぱが黄色いのは、黄葉じゃなくて、水が足りない
だけだよね、、きっとそのはず、、」と見て見ないふりをしていたのですが、
夜じゅう雨が降って、今朝の気温は10度。お昼になっても11度。
最高気温は13度の予定。これが秋じゃなくて何なの。
ほとんどのスウェーデンの学校は8/20頃で夏休みが終わるのですが、ほんと
夏が終わるのがこの時期と知ってて決められてるというのがよくわかる。

そして、短くて美しいスウェーデンの夏をどこにも行かずに家の工事に捧げ、
夜は勤労学生のように眠気と戦いながらPCに向かった作業の結晶が・・・

本になります!

昨年末からさんざんプンプン匂わせておりましたが、ノールビンドニングの
ハウツー本が、グラフィック社さんから9月初に発売されます。
ノールビンドニングを初めてご紹介した2013年に、神戸で開かれたWSに
わざわざ札幌からご参加くださった編み物ヲタクマニアの北村系子さんと
2人で温めてきたノールビンドニング熱をぶつけた共著になっています。

表紙はこれ!!
じゃじゃーん。

0602_cover01.jpg

クリスマスの頃から東京〜札幌〜スウェーデンとメールで会議をし、年明けからは
黙々とサンプル作業に入り、そして夏の間はテキストの仕上げに頑張りました。
日本ならではのコマ送り写真で見せる作り方のステップやその都度の説明を、
私たち2人と一緒にすごい熱意でまとめて仕上げてくださった編集者さん、
そして膨大なステップ写真で糸を構えて見せてくださった北村さん、企画から
素敵なスタイリングまで、あらゆる面でサポートしてくださった札幌のpresseさん
雰囲気バッチリな写真を撮ってくださったカメラの方など、多くの方の手と
作業を経て、ようやくあと少しで1冊の本が生まれます。

初めての方にも作り目のところからじっくりと、さらにいつもWSなどでは
お教えできていないようなステッチ、どうやって出来てるのかと思うような
複雑な構造のミトンなどまで、経験者の方にも楽しんで頂けるような作りに
なっています。セーターなどの大物までありますので、ぜひお楽しみに!!

今年の秋も、おかげさまで帰国してワークショップ(以下WS)を行う予定に
なっています。10月末に大阪、そして関東では11月初の連休前後で日程を
調整中ですので、連休の旅の予定はまだ入れないで待っててくださいね♪
スポンサーサイト
夏のお仕事
お盆休みになりましたね。
なんだか日本は毎年どんどん暑くなっているようなのは気のせいかしら。
子供の頃って、30度を超える日なんて8月に数日だけだったような
記憶があるのだけれど、、、
スウェーデンは8月になるとひゅるるる〜と気温が下がり、日中はなんとか
20度を超えるけれども、朝晩は13度〜17度という涼しさになりました。

さて、長い間(例によって汗)ブログを放置していた夏となりましたが、
今年の夏は去年に続いて、家の改修作業が大変でした。
切妻屋根の下の妻壁(スウェ語ではHusgavelと言いますが)の
片側を昨年やったので、今年は反対側をやってしまうのが課題でした。

P6220010.jpg

質の良いペンキならこんなことは起きないんですが、おそらく私たちの
前の住人が塗ったペンキ、20年ほどでこんなにハゲてきてしまっています。
手でペリペリと剥けるレベル(T_T)。これのせいで、パネル総取り替え、、、
は理想だけど大変なので、壁の上から板を貼り、新しく壁を作るのです。

去年は工事のせいで夏至祭も家から5分の小さな会場で済ませてしまったので、
今年も同じだったら寂しすぎるナア、、それとも夏至祭ナシかもと思われた
ところ、日本から可愛い母娘ペアがお客様で来られることになり、
夏至の日にダーラナをご案内出来ることになりました♪

と思ったら。

お客様を駅からお迎えして帰宅したら、、、、まさか。。。。

P6220008.jpg

足場が組んである。
何も今日スタートしなくても良いじゃないの(号泣)。
あらあら、板ももう剥がしかけちゃって、、

ということで、夏の辛〜いプロジェクトがスタートしました。

でも、去年やった反対側の妻壁は2階建の高さまで。
こんなのでした(写真は2階部分のみ完成した時点のもの)。
P6260031.jpg


それが今年は同じ高さまででも、下が地下の駐車場へのスロープになっているので
トータルすると3階分の高さでの作業になるのです。ひえええ
P7010008.jpg

この足場だってね、自分たちでえっちらおっちらと鉄骨を運び、
板を乗せるんですよ、お客さん。

P7060055.jpg

いやしかし、これは改修して当然だわ、という状態。仕方ありませんね。

P7060080.jpg

私はそんなところまで登らずに、専らペンキ塗り(これは干してるところ)。

P7060062.jpg

・・・だったはずなのですが! 怖いよ〜〜〜〜〜、おかあさーーん!

P7060071.jpg

まあ、可愛いキノコ、、じゃなくてスズメバチの巣!

P7060067.jpg

巣! 現役の巣! 怖いよ〜〜〜〜

P7060059.jpg

そして、アチい、、、。8月は涼しくとも、今年の7月は暑かったのです。
もし私が蚊だったら1秒で干上がって死んでたはず。
(まーしかしこの破風、ボロボロだわね、、、)

そして、トンテンカンの派手な作業は全部うちのス人がやるので、私はと
いえば地味なペンキ塗りか、「今から釘打つから、板の端を持ってて」と
言われて、大人しくじいいいーっと持っている作業とか。
大門未知子だったら「致しません」と速攻言えるような「誰でもエエ」作業が
ふんだんに割り振られていて、超つまんない。でも時間はどんどん過ぎていく。
このとき、私はだーーいじなお仕事の締め切りを抱えていたんですがねえ。涙

おまけにフルタイムで大工仕事(のお手伝い)をした後に、晩御飯を作るのは
誰?誰?  お願い、魔法使いさん。シンデレラをお城に送ってあげる前に、
私たちに晩御飯をください。あ、明日のぶんも作って欲しい。。。。

P7230375.jpg

なんで片方ずつ違う靴を履いているのかって?
作業が佳境を迎えた頃、オフの時間に子供らとサッカーをして自分で足を
踏んづけて足の指を折った、不運なスウェーデン人がいましてね、、、
仕事に関係ないところで怪我をする、典型的な例ですな。
足の指の両側にアイスの棒を添えてテーピングしていて普段の靴が履けないの笑

P7230373.jpg

でもゴールが見えてくると、嬉しい。
トンテンカンのあと、ペンキをさらに上からもう1度全部塗って、終了。

P7250397.jpg

ついでに、家の前にあった枝ぶりの悪い松の木を2本取っ払う。

P7300002.jpg

完成!ここまできっかり1ヶ月かかりました。
でもこんな工事を家族2人でするなんて、普通じゃ考えられないですよね?
日本ならありえないくらい「自分たちでやる作業の領域の広さ」が違いすぎる。
木を伐り倒すのもコミで。。。おかしい、、、この国の人たち。

昼間は大工仕事(もちろんここに昼ごはんとかfikaとかも入っている)、
そして晩御飯、片付け、お風呂、、のあとに、締め切りの迫ったお仕事を
PCに向かって黙々と。受験勉強以来じゃないかと思うくらい、夜遅くに
うつらうつらするまで机に向かう日々でした。しかし体はもう18歳ではないので
1時間くらいしか保たなくて、「ダメだ!」と諦めて寝る毎日。笑

なんとかして仕上げたお仕事の結果は、、、明日発表です!





さようなら、アキコ
PC290049.jpg

突然のタイトル、済みません。

先日、雪の日の最後の思い出として我が家の犬の写真をアップしたのが
悪かったのでしょうか。
今日の未明に、我が家の愛犬は虹の橋を渡って行ってしまいました。

PC140029.jpg


今までここでは「アキコ」と書いていましたが、実は本名は別にあります。
アキコ、という通称は、「アメリカンアキタという種類の犬を飼うことに
なった」と日本の友に告げた時に「それってアキコ?アキオ?」と聞かれて
「アキコ。」と返事をしたときに生まれたもので、それ以来、犬のことを
ここで書くときは分かりやすいのでアキコという名前を使ってきました。
でも今日はここでは彼女を本名で呼ぶことにします。
本名は「Rassla(ラッスラ)」といって(鎖などが)じゃらじゃら鳴ること、
という意味なのだそうです。せっかく日本由来の犬種なので日本語の名前を
つけようかと楽しみにしていたのですが、うちに来た時はすでに5歳だったので
今さら他の名前には反応しないでしょ、ということでそのままになりました。

P2210113.jpg

ラッスラは10歳半。人間でいえば75〜80歳のおばあちゃんでしたが、
表情も若々しく、散歩も大喜びでルンルンととても元気な犬でした。
そう、昨日まで。
私と娘は先に寝ていて、数時間後にさあ寝ようとした夫がラッスラの異変に
気づきました。苦しそうに、ウンウン言っているのです。我慢強くて
今までキャンとかクーンとか一度も言ったことのない子が、キューという
声を出していたので、余程のことだったと思うのですが、外に出たがるので
夜じゅう側について何度も夜中に散歩に連れて行っては家に戻り、を繰り返し
ただ夜中だったので病院にも行けず(この辺は救急もないので)、さすがに
寝ずの看病に疲れた夫は朝になったら病院に連れて行こうと思って、ほんの
2時間ほど眠ったのだそうです。
私の方が先に目覚めて、いつも寝ているベッドに寝ているラッスラを見て、
寝ている体勢が少しおかしい(頭が少しダランとした感じ)に驚いて、、、
それからは家族3人で大号泣です。
ラッスラを溺愛していた夫は、直前まで一緒についていたのに、なぜ最後まで
起きて一緒にいてあげなかったのかと悔いて泣き続けていました。ラッスラの
苦しみ具合から、これは尋常じゃない、死ぬかもしれない、と思ったそうです。

私と来たら、夜中に夫が「ラッスラ病気みたいだから今日は彼女のとこで寝る
から」と言いに来たのですが、そんなに差し迫ったトーンでもなかったので
ふーん病気かあ、と思ったくらいでまた寝てしまっていた呑気な私。
夫が寝る時にバトンタッチして看てあげればよかった。
(てか、「ラッスラ病気で死にそう」って言ってよ>夫。。。)

まさか、まさかの死でした。
これから年をとって行って、寝たきりになったら大きい犬だからどうしようとか
ゆっくり衰弱していくのを数年かけて見るものだと思っていたので、
昨日まで一緒に散歩に行ってたのにもう動かないなんて、なんだかポカーンと
してしまいました。

P3160205.jpg

後から調べて見て、おそらく「胃捻転」と言われる状態で、救急病院に即刻
行かないとほぼ数時間で死に至るという症状だったらしい、とわかりました。
お休みの日の、夜中で、救急病院もない田舎で、どうしたって死ぬしかない
事態だったとは解っていても、死ぬかもしれないと気づいていたのに、一人で
逝かせてしまった、、、と悔やんでも悔やみきれない様子の夫。

P1310020.jpg

庭の隅に、大きな大きな深い穴を掘って、ラッスラをいつもの毛布でくるんで
寝かせてあげました。夫は未開封だったとっておきの山崎ウイスキーを開け、
ラッスラに1杯と自分も1杯だけ飲みました。最後に上に大きな石をたくさん置いて
キャンドルを一晩中灯しました。夫はデッキチェアを持って行って、暮れていく
中を何時間もそこで座っていました。夜になると、空っぽになったラッスラの
ベッドの前の肘掛け椅子に座り、瓶に詰めた最後のブラッシングのラッスラの毛を
傍に置いて、じっとしていました。

P8120250.jpg

どんなに私が毎日散歩に行こうがご飯係であろうが、ラッスラの最愛の人は
出会ったその日から夫でした。
日本種の犬が欲しいなあー、柴とか。と言いながら犬を探していた私たち家族は
仔犬の高価さに驚きながらいまいち どの犬を飼うか決められずにいたのですが、
ある日なんと「売ります・買います」のサイトで、成犬のアメリカンアキタが
売られている広告を見つけました。仔犬の3分の1の値段で、おまけに地元で。
犬を買うために遠くの県まで行ったりする人がいるくらいなので、地元で
犬が買えるなんてラッキー!とすぐに下見に行きました。

元の飼い主さんは若い夫婦で、もうすぐ1歳になる男の子がいました。
(この方達もヨーテボリまで仔犬のラッスラを買いに行かれたそうです)
ご夫婦ともに犬をとても愛しておられたのですが、ちょうどつかまり立ちを
始めた男の子が、ぐっとラッスラの鼻先を手でつかんで立ち上がった時に
うう〜っ、と低く唸ったのを見て、今だけは息子を優先しなければいけないと
判断して、苦渋の決断で愛犬を手放されるとのことでした。
近くに住んでいたこともあって、この次どんな家に住むことになるのかを
見に行かせてほしいと言って来てくださるくらい、良い飼い主さんでした。

DSC08883_201705110122325e6.jpg
初日のラッスラ。当時5歳だったウチの娘の腰あたりまであります。
同い年生まれで誕生日が1ヶ月違いの2人なので「うちには日本とのハーフの
5歳の女の子が2人いるんです」と良く言ってました


ラッスラは瞬時にうちの夫を好きになり、我が家に到着したご一家とお茶をして
いるときにはすでに、前の飼い主さんではなく夫の足元に自分の場所を決めて
寄り添うほどの懐きぶりでした。犬と人の一目惚れってあるんだ、って感じで。
犬が本当に慣れるまで、お試しで1週間、、、という話でスタートした
我が家でのラッスラの生活。1週間どころか、1日目で「もう大丈夫だな」と
誰もが思うほどに我が家に馴染んでくれました。

DSC02126.jpg
ぎゅー。と、ちゅう〜。

1歳児に多くの時間を割いていたご夫婦よりも、私たちの方がひょっとすると
一緒に遊んであげる時間が多かったのかもしれません。
「大人しくて、ボールや棒を投げても遊ばないんですよ」と聞いていたのに、
ラッスラは砂浜でボールや棒を一生懸命追いかけて遊びました。
雪が大好きで、大雪原を猛スピードで駆け回って私達をハラハラさせました。
田舎で救急医もないような不便な場所だったけれど、そのぶん広々とした
場所でたくさん遊ばせてあげられたかな、と今は自分たちを慰めています。

DSC02232.jpg
身長、体重ともにラッスラの勝ち

嬉しい時や甘える時も「クウ〜ン」などと声を出さずに、じっと見つめるだけの
とても静かな子でしたが、他の犬への対抗心がすごく大変だったことも。
近所の犬は軒並みラッスラに一撃をくらって制圧されてました。。。
それぞれのお宅をやんちゃ息子の親みたいにお詫びに回ったものです。

P3295022.jpg
10歳半になった2人。娘だけ、大きくなりました

超・溺愛で相思相愛だった夫や甘えん坊の娘に比べると、私のラッスラへの
愛情はわりにドライでした。
はいはい、ご飯ね。あ、また散歩の時間。
もう帰らなくっちゃ、犬の散歩があるから。
そういうことを、どこか淡々とこなしていたような部分もありました。
私の泣き顔を見た夫や娘は少し驚いたような目をしていた気がします。
「ママが泣くと思わなかった」という感じだったのかもしれません。

PA010020.jpg


やや義務的にではあったけどラッスラと春夏秋冬と一番長い時間を一緒にいたのは
私だったのかなと気づかされました。夫と娘が学校に行き、家に1人になってみて
から押し寄せる寂しさに今、戸惑っています。困ったな。寂しいや。
気がつくといつも寝ていたラッスラのベッドに目を配っている自分がいます。
今日、午後から暑くなるってさ、サンルームの窓を開けなきゃ、、、ああそうか、
もう「暑くなるから開けてあげよう」とかしなくていいんだ。涙。

PC180014.jpg
外のベランダが大好きで、氷点下でもここがお気に入りスポットでした

P3190044.jpg
もう糸巻きのときの相棒が居なくなっちゃった

ちょうど抜け毛のシーズンが始まり、やれやれまた抜け毛だわ、なんて
思ったりしてごめんね。毎朝雲海が漂うような床を掃除していたのに、
もうあのふわふわの毛は落ちてないんだね。
雨の日も風の日も大雪の日も「あーあ」と思いながら散歩をしてたけど、
あれがなかったらどんな激メタボになってたか。私が連れて行ってたんじゃ
なくて、ラッスラが私を散歩させてくれてのかもだなあ。

P2210121.jpg

ラッスラが死んで、翌日はダイヤモンドダストのような細かい雪が降り、まるで
「千の風になって」の歌詞のダイヤの雪みたいだと思いました。そしてそれが
いつしかあられになり、そして気がつくと大きな雪片が音もなく風に舞っていて、
ラッスラの胸のところの白いホワホワの毛が天から落ちてくるようでした。
その雪を見ているだけで、涙がこぼれました。その次の日も、雪は降りました。

PA040020.jpg


私にとって初めての犬でした。
人生のちょうど残りの半分を我が家で過ごしたラッスラ。
愛する人(ウチの夫)にも出会えて、幸せな後半だったかな。


P4210051.jpg

もうすぐVitsippaの咲き乱れるいつもの場所へピクニックに行こうと
思っていたんだよ。今はお空で大好きな弾丸ランニングをしているかな。





最後の雪の日の思い出
P4250023.jpg

facebookではオンタイムで写真も載せていたのですが、
4月25日の朝、起きてみるとなんと20cm近く雪が積もっていました。
ようやく咲こうとしていたVitsippa(ヤブイチゲ)が可哀想に、雪焼けして
花びらをところどころ茶色くしながらも耐えて、今では雪の後から蕾をつけた
真っ白な可憐な花を一面に咲かせてくれています。

すっかり雪が溶けていたこともあり当然タイヤ交換済みで(4/15以降は、余程の
冬気候でない限り冬のタイヤを装着していることは違法になる)、娘の学校は
長い坂道を下りたところにあるため、夏タイヤで雪道を下るのは無理、、、
ウチのス人に相談すると「そりゃ休むでしょ」。 えっ!いいの!うそ〜、と
思いつつ学校へ電話を入れると「あの坂道はやめておいたほうがいいわよ、
先生に伝えておくから無理しないでね」とスンナリ休ませてもらえました。
すごい。なんてユルいんだ、スウェーデンって。前々からハメハメハ大王の歌詞
みたい(風が吹いたら遅刻して、雨が降ったらお休みだ)とは思っていたけれど、
「夏タイヤなんで今日学校行けませ〜ん」が通るのね。。。

この人もびっくり。

P4250005.jpg

ええー?また雪なん?

とはいえ、この方は雪をかき氷のようにパクパク食べるのが大好きなので、
玄関を出るとぺろぺろと嬉しそうに食べて下りました。

そうしている間も雪は降りしきっており、、、

お散歩から帰ってくると、雪まみれ。


P3200057.jpg

ママ〜。雪取ってんかー?

P3200058.jpg

早よしてー。顔拭いてーーー


ん?

この顔を見ていて、何か思い出した、、、思い出したぞ。。。


ということでお昼ご飯はちょっとジャンクですがこちらになりました。




P3210089.jpg


これシロクマやん! 私はアキタよ!! (by アキコ)


お久しぶりです
なんと3ヶ月もブログをさぼってしまいました。
桜満開中の日本の皆様、いかがお過ごしですか?

年始〜春先まではこの秋のためのプロジェクトに制作時間を費やしていて
モンブランカレンダーもまだ途中のまま(書き上げる気はあるんです!><)、
ブログも脳内更新ばかりで(更新する気で写真を撮っては「こういう文を書こう」
と考えているのですが、行動に移せてない、という、、)反省しています。
すみません〜〜。

日本は春爛漫だというのに、スウェーデンの春の足踏みったら。
春分の日を過ぎ、半年ぶりにストックホルムへプチお出かけしていた折には
16℃のポカポカで「春だわ〜♪」って上着も要らないほどの陽気だったのに
ここ数日の寒さと来たら。ぶり返しもいいとこです。

P4090004.jpg


クロッカスがスノードロップに続いて順調に咲いてきて、、、


P4090003.jpg

チューリップはまだこんな状態。

P4130027.jpg

ようやくVitsippor(ヤブイチゲ)の蕾が「もうすぐ咲くからねー」って
けなげに枯れ草色の間から顔をのぞかせているというのに、ここへ来て、、




スクリーンショット vader1

こんな天気予報だと、、テンション下がるわん。

で、こういう時の天気予報ってなぜかよく当たってしまって、こんなことに。

P4140045.jpg

散歩にドアから一歩出てアキコびっくり「え〜また雪なん?」。

P4140049.jpg

ウサギちゃんも「草を食べられるのはまだ先かあ、、、」

という寒い中、復活祭(ポスク)を迎えています。
学校がお休みになり、今年は10日間ほどまとまった休みになるのですが
我が家は復活祭ムードはなく、休暇を利用して2階部分の改修をすることに。泣
壁を1面とっぱらって踊り場のエリアが1部屋ぶんくらいになるように
(なるのか、、?)祈りながら広げる予定です。休暇中に終わるんかしらん。






Designed by aykm.